1993年冬(1月~3月)に放送されたTVアニメ動画一覧 8

あにこれの全ユーザーが1993年冬(1月~3月)に放送されたTVアニメ動画を評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2023年02月03日の時点で一番の1993年冬(1月~3月)に放送されたTVアニメ動画は何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

70.7 1 1993年冬(1月~3月)アニメランキング1位
無責任艦長タイラー(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.9 (182)
1110人が棚に入れました
時は未来、地球と惑星ラアルゴンとの戦争のさなか、主人公の放浪者ジャスティー・ウエキ・タイラーは楽な仕事がしたい!と、地球軍に入隊してしまい、あれよあれよという間にオンボロ駆逐艦「そよかぜ」の艦長にまで出世してしまう。持ち前の強運で数々の難事件を乗り切り、気づけばラアルゴン帝国の大艦隊を「そよかぜ」1隻で撃退するまでになる。そして、ラアルゴン帝国の皇帝ゴザ16世のアザリンはタイラーに興味を持ち始める……。

声優・キャラクター
辻谷耕史、天野由梨、速水奨、笠原弘子、関俊彦、麦人、西村知道、三石琴乃、成田剣、八奈見乗児

☆彩花 さんの感想・評価

★★★★★ 4.7

リアルタイムでみてた!ちょ~好きだった。最近みてすごく感動した。

リアルタイムに観てた。あの頃は小学生。
なんでみんな観てないんだろう?

すごくおもしろいのに。もったいない。
もっと評価されるべきです。

この時代のアニメは本当にクオリティーが高い。

アニメを観てて、ただおもしろいだけじゃなくて、
すごく考えさせられる内容が多い。

これはその代表作。

子供の頃はタイラーがどうして最後のほうで
あんな感じになったのかわからなかったけど、
今ならちょっとわかる気がする。

OP、EDも作画もすごく良くて今でも十分観れる。

ドムがツンデレでカワイイw

投稿 : 2023/01/28
♥ : 7

coldikaros さんの感想・評価

★★★★★ 4.4

ガチで面白いでしょ、これ

いや本気で面白い。エヴァの監督さんが影響を受けたってのも分かります。そのままナデシコに結果が出ています。
内容の方ですが、SFなのはもちろんですがタイトル通り主人公が無責任だってのが肝です^^;
序盤はたぶん主人公のおちゃらけ具合とご都合主義具合にうんざりしてしまうと思います。
しかし中盤・終盤と見ていくと、ご都合主義なのか策士のなの分からなくなってきます。
最後ら辺になるともう策として見てしまって、次に何をするのか期待してしまった感じでしたが^^;
そこに仲間たちとの連帯感も伴って途中あまりの良作ぶりに感動するぐらいでした。
音楽もいいところにクラシックを採用していたりして凄い愛を感じました。
OVAも良かったので、そちらと一緒に楽しんでもらえたらいいと思います。

投稿 : 2023/01/28
♥ : 13

みかんとラッパ さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

『しっかりしてないと、人生に逆襲されちゃうよ』

ストーリー重視の戦記もの・・・
というよりは

超個性的な主人公たちの織り成す
コメディーもの
といった作品でしょうか(*゚▽゚*)

単なる笑いに留まらず
作中の場面、セリフが
なぜかしら忘れられず

一度しかない人生の楽しい過ごし方を
時に豪快に、時にさり気なく
示してしまう主人公タイラーが
かっこいいったらありゃしない(*´∀`*)

タイトルもそんな主人公の名言のうちの一つ


なんか最近行き詰った・・・
そんな時にオススメの名作です(´・ω・`)

エヴァ同様、
BGMにスッペ、ロッシーニ、ブラームスといった
クラシック音楽の使用も

非常に効果的で
エヴァ以上によかったかと思いますヽ(´▽`)/

OVAも出来が非常にいいw
時代を感じる作品ですので

TVシリーズのみならず
引き続いてのOVAもオススメですよ!!!

音楽は重鎮の川井憲次さま

パトレイバーも含めてこの頃の音楽が
個人的には一番好きです(*゚▽゚*)

投稿 : 2023/01/28
♥ : 3

69.1 2 1993年冬(1月~3月)アニメランキング2位
美少女戦士セーラームーンR[アール](TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.8 (105)
777人が棚に入れました
あたし月野うさぎは14歳、中二!ちょっとおっちょこちょいで泣き虫なところもありますが、実は正義の味方セーラームーンをやってるんです。ホント!クインベリルっていう怖~い敵を倒し、やっと普通の女の子に戻れたっていうのに・・・。ある日、衛さんとのデートの最中に、なんと空から「天災少女」が降ってきたの!あたしと同じ髪型をしたその子の名前も「うさぎ」!頭がどパニックのあたしに「銀水晶をよこせ!」ってピストルを突きつける始末。おまけに家族に暗示をかけ、あたしの従姉妹になりすましちゃうなんて!でも、どうやらこの子、新しい敵に命を狙われているみたいなの。このちびうさ(ってあたし呼ぶんだけど)は一体どこから来たの?どうして銀水晶のことを知っているの?そして敵はどうして東京を襲って来るの!?謎だらけで頭のラッパがプーのあたし。普通の女の子でいたかったけど、まだまだ正義の美少女戦士!としてガンバラなくちゃならないようです。タキシード仮面様、一緒に戦いましょうネ!

hanapoko30 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

乙女のポリシーは今でも良く聴く曲です!

本当は無印だけでアニメは終わるらしかったところ、続編製作が急遽決まり、原作に追いつかないためにと前半はアニメオリジナルの話となっています。

そのため魔界樹編とブラックムーン編とに分かれています。

Rの主軸となる話は後半のブラックムーン編です。
ちびうさちゃん登場の話ですね。
「私は、うさぎよ。」←確かに中の人代役やってたわww

30世紀の未来世界クリスタルトーキョー
そして後期OPのネオクイーンセレニティとその背景のクリスタルパレスが美しすぎる……武内先生の世界感はんぱない!

敵役さんも豪華すぎるww
プリンスデマンドに塩谷兼人さん
↑もうこの美しすぎる声が聞けないことが残念(T_T)

最終決戦時の挿入歌「La Soldier」が頭から離れなくなります。ミュージカルの曲らしいですけどね。

ストーリーの大筋は原作に沿ってますが、最終決戦に関しては原作とは違いオリジナルになってます。
原作だとプルートが犠牲になったりネオクイーンセレニティが目覚めて自分のロッドをちびうさに渡したり……アニメとは違う終わり方をしています。

無印の最終決戦の演出が半端なかったためちょっとRは普通の終わりに感じてしまった。
これについては劇場版製作にあたり主要スタッフがごっそり抜けていたためとかいろいろ聞きます……
それだけあってか、劇場版Rは神作となってますが。

でも無印の最終回出られなかった三石さん、その代役をこなした荒木さんの2人で銀水晶つかってボスキャラ倒すところは見ていて良かったです。この2人のためにオリジナル展開にしたのかなぁ…なんて思ってしまいました(^^)

投稿 : 2023/01/28
♥ : 4

ごはんちゃん さんの感想・評価

★★★★★ 4.5

ちびうさちゃん登場!

ちびうさちゃん登場の回ですね。
最初はあまり受け付けなかったちびうさちゃんですが、
回を増すごとに、どんどん引き込まれていっちゃいます。
しかもちびうさちゃんの設定が凄いので、吃驚することうけあいです。

ちびうさちゃんもさることながら、
大人になったセレニティー、プルートなどなど、見応えたっぷりのRです。
まあ、相変わらず、タキシード仮面は足を引っ張る訳ですが、
それもタキシード仮面が男前すぎるから!!!だ!と
若干イライラする自分に言い聞かせておりました。懐かしい子ども時代。

そしてスティックも、月型から丸型に変化したりコスチュームも
ちょこちょこっと変化していたり。

適も、無印セーラームーン同様イケメン揃いですね。

何はともあえれ、見応えたーっぷりなので、セーラームーン20周年なので
見るべし!です。

投稿 : 2023/01/28
♥ : 2

ヘラチオ さんの感想・評価

★★★★★ 4.2

タイトルなし

最初の13話までは人のエナジーで栄養補給しないと生活できないエイリアンとの闘い。魔界樹としては愛を知ってほしかったとか。
割とギャグ要素が多めだったような。転生直後だから思い出すところも大切な要素。


残りは未来から来たちびうさと侵略するワイズマンから未来を守る戦い。
元敵キャラだけど、コーアンとベルチェは改心して可愛かった。

まもちゃんの絶交宣言は中々酷いなあと。もうちょっと他に言い方あったよなあ。誰も幸せにならんぞ。
海野となるちゃんはしっかりラブラブで幸せそうでなによりだったがね。

時間の番人プルートが登場。
さらに、セーラー戦士たちはしっかり強化されているのであります。

サフィールあっさり殺されるの切なすぎ。


キャッチの等身が小さいセーラー戦士可愛い。


あらすじは以下。
ダーク・キングダムとの壮絶な戦いから二ヶ月が過ぎて、セーラー戦士たちは、ふつうの中学2年生の女の子として平和に生活していた。セーラームーンとしての記憶を失った月野うさぎも、大阪なるや海野たちとの楽しい学園生活を送っていた。しかし、ある日宇宙から飛来した隕石が、うさぎたちの運命を一変させることに…。ふたたび始まる過酷な戦いの日々。新たな敵の出現!そして、謎の少女、ちびうさや新たなセーラー戦士も現われる!魔界樹のエイルとアン、そしてブラックムーンと、今度の敵はダーク・キングダムよりも強い敵ばかり。しかし、ふたたび覚醒したセーラー戦士もさらにパワーアップして地球の平和を守るために戦う。そして、うさぎと地場衛の恋の行方も気になるところ。2人の恋をジャマする星十郞と夏美の銀河兄妹、さらに空から降ってきたうさぎそっくりな少女、ちびうさの正体は!?


OP
ムーンライト伝説 歌 DALI
ED
乙女のポリシー 歌 石田よう子
挿入歌
ほっとけないよ 歌 富沢美智恵、久川綾
あなたのせいじゃない 歌 篠原恵美
永遠のメロディー 歌 富沢美智恵
同じ涙を分け合って 歌 久川綾
愛の戦士 歌 石田よう子
La Soldier 歌 桜っ子クラブさくら組
OPは引き続きムーンライト伝説。映像は良い感じに切り替わっている。
乙女のポリシーのメロディ好きだなあ。作品にもぴったり。
しれっとリサイタルでレイちゃんが歌ってた永遠のメロディーも好き

投稿 : 2023/01/28
♥ : 3

66.2 3 1993年冬(1月~3月)アニメランキング3位
ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.6 (97)
560人が棚に入れました
孫悟空が心臓病で息を引き取った。それから半年後、2人の人造人間が現れ、都市の破壊と殺戮を繰り返し、この世は恐怖に包まれた。2人を倒すべく立ち上がった戦士たちも、ピッコロが死に、ドラゴンボールは消滅。さらに超サイヤ人となったベジータも殺され、地球人戦士のヤムチャ、天津飯、餃子、そしてクリリンと全員が殺された。それからさらに13年。なすすべも無い状況の中、青年となった孫悟飯だけは、懸命に人造人間への反抗を続けていた。その姿を見たトランクスは…。

声優・キャラクター
野沢雅子、田中真弓、鶴ひろみ

nk225 さんの感想・評価

★★★★★ 4.3

クロージング:満足度上昇。注目の作品で期待を裏切らない出来。

1993年2月24日に放送された『ドラゴンボールZ』のテレビスペシャル。

原作漫画の番外編『TRUNKS THE STORY -たった一人の戦士-』をベースに、大幅にオリジナルシーンを加えた形で構成されたもの。ただし、トランクスが超サイヤ人に覚醒する時期、序盤で戦いに参加し殺されたメンバーの一部が原作と異なっている。

オープニングテーマ - 「CHA-LA HEAD-CHA-LA」
エンディングテーマ - 「青い風のHOPE」

投稿 : 2023/01/28
♥ : 3
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0

絶望に抗うZ戦士は格好いい

あらすじ~{netabare}超(スーパー)サイヤ人・孫悟空はウイルス性心臓病であっさりこの世を去った。
後に出現した二体の人造人間のためにZ戦士達は次々と倒され、
残る戦士は悟飯とトランクスだけになっていた……。(なぜか亀仙人も生き残っているw)
もうひとつの絶望の未来を舞台に、二人の戦士の孤独な戦いを描く……。 {/netabare}


元々のゴール {netabare} ・ピッコロ大魔王戦{/netabare}後も、果てしなく続く延長戦。
フリーザや超(スーパー)サイヤ人で能力のハイパーインフレの荒波を乗り切り、
どうにか地球へと帰還した鳥山明氏と『ドラゴンボール』


続いて延長戦に登板させたのは、
今更、再発掘した{netabare} レッドリボン軍の人造人間のテクノロジー。
人間の科学の産物である二体の人造人間が、
宇宙の帝王と渡り合ったZ戦士たちと地球を蹂躙する。{/netabare}

なんとも強引な追加設定ですがw
フリーザより注射針を恐れる孫悟空など、
科学の過大評価は本シリーズの特色でもありw
私は結構すんなり受け入れ楽しんでいました。

けど、アニメスタッフらはそれだけでは不足と考えたのでしょうか?
{netabare} 人造人間との因縁対決を盛り上げるべく、
未来からやって来たイケメン超サイヤ人剣士・トランクスの前日譚である、{/netabare}
パラレルワールドの未来を原作から大幅拡張してこしらえたのが、
このTVスペシャル番組。


本作のメインキャラは孫悟飯とトランクス。
正しい未来では後に{netabare} フュージョンだのマイティマスクだのグレートサイヤマンだの、{/netabare}

ネタキャラ魂を開花させていくわけですがw

本作の絶望に抗う悟飯とトランクスは悲壮な格好良さに溢れています。

Z戦士達がネタに走るのを防ぐためには、半死半生の絶望が必須なのかもしれません。


強すぎる戦士、止めてもすぐに世界の命運を賭けた死闘に旅立ってしまう息子……。
本作は悟飯の母・チチとトランクスの母・ブルマ。
二人の母親が抱く親心描写も印象的。

チチもブルマもとにかく息子を勉学の道に封じ込めようと躍起w
但しチチはただただ息子の帰還を祈るのみ……。
一方のブルマは、どーせ止めてもサイヤ人は戦わずにはいられないだろうと達観。
この辺りは悟空とベジータという亡夫の性格の違いもあるのでしょうかw

さらにブルマは{netabare}タイムマシーンという科学の力で、
絶望的状況をひっくり返す秘策を推し進めていました。{/netabare}


Z戦士は強し!だが科学も負けず劣らず強し!けど母はもっと強し!
世界設定が絶望に落ちても変わらない、シリーズの神髄が堪能できるスペシャルアニメです♪


本作もまた、一昔前まで、再視聴には結構難儀するTVスペシャル番組でしたが、
最近は動画配信で気軽に見直すことができるようになりました。
良い時代になったものです。

投稿 : 2023/01/28
♥ : 14

65.7 4 1993年冬(1月~3月)アニメランキング4位
勇者特急マイトガイン(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (34)
211人が棚に入れました
かつて、東京湾と呼ばれた海上に建設されたヌーベル・トキオ・シティは、自由と平和に満ち溢れた未来都市であった。だが、その陰で巨大な悪が蠢き始め、人々の幸せはもろくも崩れ去ろうとしていた。そんな時、颯爽と正義のヒーローが現れた。その名は旋風寺舞人。彼は『勇者特急マイトガイン』と呼ばれるロボット達と共に、悪人達の野望を次々と打ち砕いていく。ヌーベル・トキオ・シティに勇者旋風が巻き起こるのだった。

声優・キャラクター
檜山修之、中村大樹、巻島直樹、置鮎龍太郎、鈴木勝美、矢島晶子、菊池正美、天野由梨、岸野一彦、緑川光、佐藤正治、叶木翔子、島香裕、梁田清之、菅原正志、水原リン
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.1

「銀の翼に希望(のぞみ)を乗せて……」

「銀の翼に希望(のぞみ)を乗せて、灯せ平和の青信号!
 勇者特急マイトガイン、定刻通りにただいま到着!」


露湖藻(ろこも)雷蔵が熱唱する(中身は坂井紀雄さん)
無敵のロボット「マイトガイン」を称える、ダサ格好いいテーマ曲に乗って、
300系新幹線のぞみやSL等から変形合体を遂げた
“超AI”搭載の主人公機がオーバーな決めポーズと共に敵機に叩き付ける、
この名乗り口上からして、既に発火しそうなほど熱苦しいw

名古屋テレビ&サンライズ制作の巨大ロボットアニメ「勇者シリーズ」
1993年~放送の第四作目。


このシリーズも主要ターゲットはキッズ層ということで、
通常、主人公は平凡な少年だったり、泣き虫な男の子が勇気を振り絞って……。
というパターンも多いのですが、
本作の主人公・旋風寺 舞人(まいと)は異端かつ別格。

ナレーションで「嵐を呼ぶナイスガイ」を自称するこの少年主人公は、
文武共に超人クラスの能力を持ち、若くして大財閥の総帥を務め、
正義の「勇者特急隊」を機体、設備共々“私有”する超大金持ち。

当然、自らの正義には揺るぎない自信を持っており、悪に対しても常に超上から目線。
時に現実的、論理的に破綻していても尚、
正義を掲げ続ける、その言動は、しばしばアブナサを感じる程w
{netabare} もっともこのアブナサはメインストーリーの重要な伏線として回収されますが……。{/netabare}

本作は悪役も“エースのジョー”と称されるライバル少年&ライバル機「飛龍」を筆頭に、
相当アクが強い連中が登場しているはずですが、
「嵐を呼ぶ旋風寺」の絶対正義を前に押され気味w
舞人が叫ぶ断罪の台詞に続いて、縦一文字に次々と一刀両断されるのであります。

さらに偶然出会った運命のヒロインのハートも一撃で射止め、決して逃しはしない。
息を吐くようにキザな言葉を吐いても、ひたすら爽やかにキマっている。
勝ち組が勝つべくして勝利し続けるアニメ。
それが『マイトガイン』というロボットアニメなのです。

後年、色々、最強主人公が無双する作品を視聴しても来ましたが、
メンタルや財力も含めた総合力では、
私は未だに舞人を越える最強主人公には出会っていない気がします。

将来、乗り物はことごとく巨大ロボットに変形、合体するに決まっている。
私にとって本作は、『トランスフォーマー』等と並んで、
終わらない夢を植え付けた、宿命の作品なのです。

投稿 : 2023/01/28
♥ : 12

65.3 5 1993年冬(1月~3月)アニメランキング5位
熱血最強ゴウザウラー(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (18)
105人が棚に入れました
ある日のこと、太陽系の惑星が次々と謎の光によって機械に変えられた。始業式の前日の夜、自室で寝ていた春風小学校に通う6年2組の峯崎拳一は隕石が自宅に落下し、自分の身体が機械になってしまうというおぞましい夢を見る。結局拳一はその事が引っかかって翌朝まで一睡も出来ず、釈然としないまま友人の立花浩美とクラスメートの喧嘩相手でもある朝岡しのぶらと一緒に登校する。しかし登校途中に変な恐竜のロボットを見た拳一たちは驚いて逃げ出した矢先に、宇宙からやってきた機械王「歯車王」と手下「ギーグ」に襲われる。しかし突如出現した恐竜ロボットに6400万年前に飛ばされる。そこでも光の戦士エルドランが螺子のロボットたちを相手にしていた。自分たちの世界を守るよう3体の恐竜ロボを託され再び転移した先は学校だった。自分たちの教室と融合し、身動きが取れない。しかも町では敵が暴れている。こうして拳一とその同級生たちは「ザウラーズ」として恐竜ロボを操りながら、小学校生活最後の一年が戦いと冒険の日々に変わっていく。

声優・キャラクター
高乃麗、林原めぐみ、天野由梨、上村典子、島田敏、篠原あけみ、大谷育江、小林通孝、梁田未夏、菅原正志、青森伸

65.1 6 1993年冬(1月~3月)アニメランキング6位
若草物語ナンとジョー先生(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.7 (31)
138人が棚に入れました
「愛の若草物語」から十数年後のお話しです。マーチ家の次女ジョーはベアとの結婚後、マーサおばさんからプラムフィールドの屋敷を受け継ぎ、"勉強と保護と愛情を必要とする少年たちの楽しく家庭的な学校"にしました。そこへ"おてんばナン"と呼ばれる活発な少女が訪れます。ナンはやって来るなり学校の少年たちとにぎやかな騒動を起こします。どうやらここは普通の学校とは違うようです...。

R子 さんの感想・評価

★★★★★ 5.0

こんな先生と出会いたい

物語は『若草物語』の次女ジョーが夫と経営するプラムフィールドの学校での出来事を描いたものである。

大人を信じることができずに、どこにいても自分の居場所を見出すことができなかったナンが学校に来たところからアニメが始まる。

『若草物語」のその後が気になり見始めた作品だったが、正直拍子抜けしてしまった。四姉妹の少し先の未来がどうなったか・・・が気になっていたので、色々すっ飛ばしてそのずっと先を描いていたからである。

それでも見続けようと思ったのは、ジョーの息子である、ロブとテディのかわいらしさだ。まるっと小さい二人の姿と声だけで構成されていてもいいくらいのかわいさである。なお、見続けていれば、『若草物語』の四姉妹がその後どうなったかについても知ることができる。

物語は、ナットとダンの登場により、日常に様々な事件が起こる。その度にジョー先生とその夫・フリッツ先生は決して子どもたちを見捨てることなく子どもたちを優しく、時には厳しく諭し、真摯に接するのだ。しかも、必ずしも先生が解決するのではない。時には子どもたちがどのように振舞うのかを見守ることもある。子どもが悪いことをしたら叱る、というのではなく、独自の教育方針で子どもたちをのびのびと育てるフリッツ先生とジョー先生の教育方法は現代の教育にも活かすことのできる、大切な考え方なのではないだろうか。

心に残るエピソードはいくつかあるが、どのエピソードを取っても先生たちの愛情と子どもたちの素直さが思い浮かぶ。
自分たちの過ちに気づき、成長していく子供たちの姿は涙なしに観ることができない。素晴らしいアニメだった。

余談であるが、このアニメのオープニングとエンディングの曲を聴いた時にハッとした。なぜか口ずさむことができたからだ(歳がばれる)。そして懐かしさで胸がいっぱいになった。多分、幼いころにテレビで観ていたのだろうと思うが、そんなことはすっかり忘れていた。タイトルも内容も覚えていなかったが、今、このアニメを観てみてみようと思って本当によかった。

投稿 : 2023/01/28
♥ : 4

63.8 7 1993年冬(1月~3月)アニメランキング7位
ミラクルガールズ(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.5 (12)
105人が棚に入れました
『ミラクル☆ガールズ』は秋元奈美による少女漫画作品を原作としたアニメ。ともみとみかげは、すべてが正反対のふたごの姉妹。その2人が力を合わせると、超能力が生まれるんだって。でも、これは2人だけのヒミツなの。ところが!?

声優・キャラクター
藤枝成子、永井紀子、山口勝平、塩沢兼人、山口健、飛田展男、佐久間レイ、若本規夫

計測不能 8 1993年冬(1月~3月)アニメランキング8位
バトルファイターズ 餓狼伝説(TVアニメ動画)

1993年冬アニメ
★★★★☆ 3.2 (4)
51人が棚に入れました
八極正拳を手中に収めんとするギース・ハワードは奥義秘伝書を盗み出し、伝承者のジェフ・ボガードを殺害する。
目の前で養父を殺され復讐を誓う幼きテリーとアンディにタンは10年後に伝承者として相応しく成長した者に八極正拳を継承させるとして修行の旅に出した。
10年後、サウスタウンに戻ってきたテリーはリリィ・マクガイヤー、ジョー・ヒガシと出会い、アンディとも再会する。3人はギースの主催する格闘大会『キングオブファイターズ』に参加して、ギースに近づこうとする。
一方ボガード兄弟の素性を知ったギースは2人を暗殺しようと目論む。
ページの先頭へ