2019年夏(7月~9月)に放送されたアニメOVA一覧 9

あにこれの全ユーザーが2019年夏(7月~9月)に放送されたアニメOVAを評価したーデータを元にランキングにしました!
ランキングはあにこれのすごいAIが自動で毎日更新!はたして2019年08月20日の時点で一番の2019年夏(7月~9月)に放送されたアニメOVAは何なのでしょうか?
早速見ていきましょう!

×

絞り込み

年代別アニメ一覧

69.9 1 ケンガンアシュラ(Webアニメ)

2019年7月31日
★★★★☆ 3.8 (10)
68人が棚に入れました
企業同士が巨額の利益を賭け、雇った闘技者に格闘させる拳願仕合。乃木グループ会長に擁された十鬼蛇王馬(ときたおうま)が命がけのタイマン勝負を繰り広げる!

声優・キャラクター
鈴木達央、チョー、中田譲治、内山夕実、金子隼人、稲田徹、榎木淳弥、浪川大輔、阿座上洋平、天田益男、石井康嗣、石田彰、一条和矢、浦山迅、大塚明夫、緒方恵美、斧アツシ、小野大輔、加瀬康之、加藤将之、金尾哲夫、金澤まい、亀岡孝洋、川本宗幸、楠大典、楠見尚己、黒沢ともよ、桑谷夏子、玄田哲章、小市眞琴、小西克幸、小林操、小林ゆう、五味洸一、小山力也、櫻井孝宏、佐々木省三、沢城千春、柴田秀勝、下妻由幸、塾一久、白熊寛嗣、鈴木美園、高橋伸也、高橋良輔、竹内栄治、竹内良太、立木文彦、千葉繁、津田健次郎、徳本英一郎、豊崎愛生、蓮岳大、蓮池龍三、日高里菜、檜山修之、平川大輔、平田真菜、広瀬裕也、藤原啓治、渕上舞、保志総一朗、星野貴紀、星野佑典、堀井茶渡、前川涼子、マシューまさるバロン、増谷康紀、松岡禎丞、松風雅也、松田健一郎、松本大、真殿光昭、水島大宙、水中雅章、三宅健太、村瀬克輝、柳沢栄治、山本兼平、ゆかな、遊佐浩二、吉田真澄

59.6 2 7SEEDS(Webアニメ)

2019年6月28日
★★★☆☆ 2.9 (34)
238人が棚に入れました
少女ナツが目を覚ますと、辺りは海。突然荒れ狂う海に放り出された彼女は、嵐と蟬丸、牡丹と共に島へと辿り着く。その島には未開のジャングルが広がり、巨大化した植物や、凶暴化した動物や昆虫に次々と襲われ、死と隣り合わせのサバイバル生活へと放り込まれる。そんな中、ガイドだと名乗る人物より信じられない計画の話を聞かされる。それは、人類絶滅を回避するため、若く健康な人間を冷凍保存し、災厄が過ぎ去った後の世界に人類の種を残そうという壮大な計画「7SEEDS計画」の話だった。彼女らはその計画に選ばれた人間なのだと初めて知り愕然とするのであった。「7SEEDS計画」に選ばれた若者たちは変わり果てた世界で、過酷な環境にさらされながらも懸命に生きてゆく。

声優・キャラクター
東山奈央、福山潤、小西克幸、沢海陽子、阿澄佳奈、石田彰、悠木碧、井上和彦、浅野まゆみ、三宅健太、加隈亜衣、石川界人、小松未可子、阪口大助、星野貴紀、津田健次郎、佐々木望、野島健児、桑島法子、小野賢章、櫻井孝宏、千菅春香、嶋村侑、寺島拓篤、佐藤拓也、皆川純子、菅原正志、速水奨、興津和幸、寿美菜子

ヒロウミ

★★★☆☆ 2.3

GONZOの落ち目、哀れなり

作品の全てをオタク女子のために捧げた二次創作レベルの物語。


物語のあらすじは置いといて、リアルサバイバル系作品と頭のなかお花畑物語の少女マンガとの親和性は皆無である。設定全てがいびつで違和感しか感じれないものである。
医薬品の不足、予め目覚める場所にあれば良いはずの物資がほぼ全くない、冬眠させた人間が明らかに少ない、化け物だらけの世界で都合のいいときだけしか襲ってこない化け物、気持ち悪いほど臭いセリフのオンパレード、良い歳した男女が居ながらなぜかセッ◯スレス。

「アニメだからそういうもの」というパワーワードを用いたとしてもキャラクターデザインがザ・少女マンガ。化け物のデザインも「プブプッ!なんじゃこりゃwww」なレベルで描写も血生臭さを究極に抜いてる。いや、この作品サバイバルなのにワーストレベルのダサさ。
背景だけはまともなんですけどね。GONZOらしからぬキャラクター描写がカクカクだったりリアリティ抜きのアクションだったりで見所皆無。話数を進めていくほどどんどん手抜きされていく作画。


女の子なんて少女マンガ原作でイケボ主人公にしてモブも豪華声優にしとけばどーせたかってくるやろ、といった制作陣の思惑が素人目にも明らかでマジでサムい。Netflixからの横槍もありそうだがここ何年かの作品の出来の悪さ、商業実績を考えてもGONZO再起はもう無いのだろう。その辺の三流制作会社と変わらんです。


物語、設定、デザインのすんごいショボい原作であれども落ち目のGONZOだからこそ政治的思惑でアニメ化できたのだろう。ただ世の中へこのようなものを出してしまえばそれは会社の劣悪な評価となり一時的に金は入れども新しい仕事が入るとは思えないのだが・・・。

いや、化け物だらけなのに徒歩で由布院から阿蘇越えするとかー、音の出ないパイプオルガン弾いて「良い演奏だったよ!」とかー、電車の中で腹話術芸人がインカム付けっぱとかー、コードギアスの「撃っていい奴は」パロとか動物の死骸を入れて更には殺されて風化するほどの人間の死体が入ってる肥溜めに入って感染症にならないとかマジウケるんですけど~!チ◯コもケツの穴も無いのかよw

イセスマ並みのネタアニメ、その程度で構えて見れば豪華声優陣にキャッハウフフできるでしょう。んでも最終話が続編ありきな終わりかたですんごいすっきりしないのだがイセスマ並みの作品を2期見る人どんだけおるんやろうかね。一体ダレトクだよ、この駄作。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 13
ネタバレ

うり

★★★☆☆ 2.3

不安的中。

一度書いたレビューが感情的に書き過ぎていたように思い、整理して再投稿します。(評価自体は変わりませんので酷評です。)

まずあらすじ。

隕石落下という大災害に見舞われた地球。
各国で若者を冷凍保存して未来の地球に残すプロジェクトが「7SEEDSプロジェクト」。
{netabare} 日本では7人ずつ「春」「夏A」「夏B」「秋」「冬」という5つのチームが残された。
何も知らされず変容した未来に放出された{/netabare}若者たちのサヴァイバルが始まる。

原作は全35巻の超大作。
変容した地球でのサヴァイバル、放出された若者たちの絶望と成長、過酷な土地で暮らす人間の苦悩と闘争、和解。それらが全て盛り込まれている作品。

そして出来上がった本作。

まずは絵について。
昨今のアニメレベルから見て「崩壊」と称されるレベル一歩手前かと。立ち絵、アップなどで同一人物に見えないことも。後半、少し改善してくるけれど、ばらつきが酷い。

物語としては、シリアスな展開が続き、声を荒げたり、疑心暗鬼なエピソードが多く、明るい要素がない(もともともそういう話だが、原作からかなり削られてしまってもいる)。その手が好きな人は気にならないかもしれないが、苦手な人は苦痛かも。

また、全体的に「間」がなく、とにかく忙しくいっぱいいっぱい。
エピソードごとの緩急、移り変わりもはっきりせず、知らないうちに知らない人物たちの話になっている、と置いてきぼりをくらいかねないスピード重視の構成。
豪華声優陣の起用も、演技する時間的余裕がなく、言い切るだけで精一杯という印象。BGMも平坦さが悪目立ちし、場面の盛り上がりを打ち消している。

ただただ

「若者達(群衆)が崩壊した未来の日本で何やらサヴァイバルする話」

と割り切ってみても、正直おススメできるレベルではない。
そして、最終話(12話)、いくら続きがある前提でも「これはないだろう」という形で終了。原作を知らないなら、なおさら「ふぁ!?ここで終わり?」となるだろう。

原作未読で見るにはあまりにも不親切で、原作知っている人にとっては、改悪ばかりが目立ち、もはや誰に見せたいのかわからないアニメとなってしまっています。

最後だけ。
原作好きからすると、エピソードのブツ切り、順番/内容改悪、キャラの性格描写すら変わっている本作で、原作の良し悪しを判断しないでほしいと思ってしまう悲しい内容でした。原作自体を評価するなら、物語★5、作画★4(好き嫌いはありそう)、キャラ★4.5です。

2期も多分見ます。
アニメとして、よりよい形で決着することを切に祈ります。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 2

とろろ418

★★★☆☆ 2.5

これはアニメではございません

これは『7SEEDS』のアニメではなく、ただの質の悪いダイジェスト映像です。
原作未読でこれから見るという人がいるのであれば、知っておいて欲しいポイントが2点。

・原作15巻までの内容
  アニメを漫画巻数で換算したことがある人は分かると思いますが、1クールに詰めるには明らかに異様な量です。
  異様さを表すために例を出しますと、『ちはやふる』は2クールで9巻分でした。
  『7SEEDS』は心理描写が主なので、3~4巻くらいでも詰め込んだ印象が出そうなところをまさかの15巻分。驚愕です。

・最大の売りの欠如
  前述の通り、キャラクターの心理描写が最大の売りになるはずの作品です。
  そこが全くと言っていいほどに描かれていません。
  最早詰め込んだというより、根こそぎ削り落としたと言っていいレベル。
  過程が大事な作品で、過程を切り離して結果だけを示しています。開いた口が塞がりません。

これだけを見て『7SEEDS』という作品に対する評価を下すのは絶対に止めた方がいいです。
原作は深く心に刺さる作品で、名作と言っても過言ではありません。
興味があるなら原作を読んで下さい。
好き嫌いを語るのはそれからでも遅くないはず。

投稿 : 2019/08/17
♥ : 5

計測不能 3 OAD付き 転生したらスライムだった件(12)限定版 「外伝:Mの悲劇?」(OAD)

2019年7月9日
★★★★☆ 3.6 (3)
20人が棚に入れました
 いつものようにシュナ&シオンに、スライムボディを奪い合われていたリムル。
 分身体を分け与えれば争いがおさまるかもしれないと考えるも、他の仲間たちから求められた場合の大変さを想像して断念。
 ふと、癒しのスライムボディを再現したクッションを作って配ることを思いつく。
 いい材料はないかとテンペストの仲間たちに聞いて回ると、森の湖畔にある砂「サラサ」が最適と判明。
 早速、湖畔に採取に向かうとそこにはモンスターがいて…!?
 さらにピクニックを聞きつけたミリムも空から駆けつけた!
 リムルたちジュラ・テンペスト連邦国のオールスターメンバーが湖畔でゆったりまったり、束の間の休息を満喫する楽しい外伝的エピソード。

計測不能 3 タナバタノオト(Webアニメ)

2019年6月25日
★★★★☆ 3.5 (2)
13人が棚に入れました
「カルピス」ブランド100周年を記念した、新感覚ミュージックビデオ×アニメーション企画。
全5話の音楽は、それぞれ「私立恵比寿中学」「まるりとりゅうが」「おいしくるメロンパン」「コバソロ&春茶」、そして「『タナバタノオト』高校生バンド募集」で選ばれた「Toy cleanse」(トイクレンズ)の5組が担当し、そのミュージックビデオによって物語が紡がれる “プレイリストアニメ”です。

計測不能 3 機動戦士ガンダムコラボムービー(Webアニメ)

2019年7月1日
★★★☆☆ 3.0 (2)
12人が棚に入れました
JXTGエネルギーは、全国のENEOSセルフサービスステーション(SS)で使える新スピード決済ツール「EneKey」のデビューを記念し、WEBCM「機動戦士ガンダムコラボムービー」を制作し、7月1日より公開しました。
コラボムービーは各15秒、全4篇を制作。「払ったな!シャア!(謀ったな!シャア)」など、ガンダム本編で登場する名言をオマージュしたセリフとともに、アムロとシャアがEneKeyを使ってスマートな給油を繰り広げます。

計測不能 3 はたらく細胞 第11.5話 熱中症~もしもポカリスエットがあったら~(Webアニメ)

2019年7月8日
★★★★☆ 3.4 (5)
10人が棚に入れました
長年、熱中症対策に取り組んできた大塚製薬株式会社は、熱中症へのさらなる理解と対策を啓発するため、健康飲料「ポカリスエット」とTVアニメ「はたらく細胞」とのスペシャルタッグを実現。
アニメ「第11話 熱中症」のアナザーストーリーとして、「第11.5話 熱中症〜もしもポカリスエットがあったら〜」を公開しました。

計測不能 3 Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア‐ Episode 0 Initium Iter(Webアニメ)

2019年8月3日
★★★★☆ 3.8 (3)
10人が棚に入れました
西暦2010年。
カルデアに赴任する事になったロマニ・アーキマン。彼はある少女の主治医となる。
「先輩」という言葉に興味を持つ召喚例第二号マシュ・キリエライト。ふたりのふれあいは、マシュにひとつの望みを抱かせた。
その望みは、波紋となって拡がっていく。

それは君の物語であり、誰かの物語。
未来を紡ぐ旅、その始まりの物語。

本編のテレビ放映に先立って、Web上で公開された「第0話」。

計測不能 3 サザエさんの愉快なタビ 〜宮城県 県北エリア編〜 (Webアニメ)

2019年7月14日
★★★☆☆ 3.0 (2)
4人が棚に入れました
宮城県では、令和元年5月から9月まで、観光キャンペーン「サザエさんの愉快なタビin宮城」を展開します。
キャンペーンは、長谷川町子美術館の全面協力のもと、放送開始から50年を迎える国民的番組、「サザエさん」をキャラクターに起用し、サザエさん一家のようにユーモラスで、心に残る宮城の旅を楽しんでいただきたいという思いから実現したものです。
最後となる県北エリア編は7月14日から公開されています。

計測不能 3 キャノン・バスターズ(Webアニメ)

2019年8月15日
☆☆☆☆☆ 0.0 (0)
0人が棚に入れました
「マクロス」シリーズなどで知られるアニメスタジオ・サテライトが、海外の監督や脚本家とともに作り上げる日米合作アニメ。
友情を重んじる女アンドロイド・サムが、王子でありながら国を追われ、逃亡中の親友を捜すため、保守ロボットのケイシーと荒くれ者のフィリーと共に旅に出る!。
<< 前へ 次へ >>
ページの先頭へ