「陽なたのアオシグレ(アニメ映画)」

総合得点
62.0
感想・評価
56
棚に入れた
226
ランキング
3329
★★★★☆ 3.7 (56)
物語
3.5
作画
4.1
声優
3.6
音楽
3.8
キャラ
3.5

offingbook

★★★★★ 4.6
物語 : 4.5 作画 : 5.0 声優 : 4.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

恋のフシギ 生きた証

2013年11月に公開された短編アニメ映画。約18分。スタジオコロリド制作。
監督は『フミコの告白』や『ポレットのイス』の石田祐康監督。

小学四年生の内気な男の子・ヒナタは、同じクラスのシグレちゃんのことが大好き。
ささいなきっかけから少しずつ仲良くなっていくが、ある日シグレちゃんが転校することになってしまい…。
お別れの前にヒナタは、想いを伝えるためにシグレちゃんのもとへ走り出す。

ずーーっと前からとにかく観たくて観たくて、でも観れず、代わりに予告編をもう何十回と観てましたが(笑)
今回、スタジオコロリド最新作『台風のノルダ』と同時上映され、よ~やく観ることができました!

物語はほんとシンプルで、少年が少女に想いを伝えるため走り出す。ただ、それだけ。

だけどその、“ただ、それだけ”の中に、
恋も憧れも楽しさも淋しさも悲しさも全力も切なさも優しさも温かさも涙も笑顔も、
全部があふれるぐらいぎゅっとつまっていて、そのまっすぐでまぶしいピュアな輝きに、
僕はどうしようもなく胸打たれてしまいました!ほんともう、大好きな作品です!

『時をかける少女』や『あの夏で待ってる』なんかもそうですが、心の中にある強い想いを伝えるため、
全力で走り出す人が登場する作品に、どうやら僕は弱いようです。(笑)

石田監督が描く疾走感は今作でも健在。
現実と空想が入り交じる中、ヒナタが翔ける映像は圧巻です。

それを彩るスピッツの主題歌、そして草野さんの歌声も透明感があって、
ストーリーに勢いと純粋さを与えていて素晴らしかったです。

きっとこれから先、心に元気をちょっともらいたい時とか、何度も観ちゃうと思います。
くすんだ気持ちを、虹色の輝きにぬりかえてくれるような、そんなアニメの歓びがつまった作品です。

最後にどうでもいいんだけど、『フミコの告白』といい『ポレットのイス』といい、
そしてこの『陽なたのアオシグレ』といい、石田監督は女の子のパンツが好きなのかな?
いやどれもエッチさは全くないんだけどね。(笑)

投稿 : 2015/06/22
閲覧 : 275
サンキュー:

34

陽なたのアオシグレのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
陽なたのアオシグレのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

offingbookが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ