「STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート](TVアニメ動画)」

総合得点
92.7
感想・評価
16310
棚に入れた
49584
ランキング
10
ネタバレ

らいむぐりーん さんの感想・評価

★★★★★ 4.2
物語 : 5.0 作画 : 2.0 声優 : 5.0 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

ツンデレ才女と中二病全開大学生が紡ぐ、恋愛科学アドベンチャー

高評価に納得の完成度でしたね。うん
序盤のテンポは緩やかに伏線をチラつかせる程度でした。

ここで切ったらかなり勿体ない。損する。いやまじで。
まず11話まで黙って観てみましょう。




とんでもなく面白くなってくるのが
11話を超えた辺りからの加速力、伏線回収、
次回に含みを感じさせる切り方、絶望感、鬱展開。話の集束と拡散。
全てにおいて目が離せないクオリティでした。



主人公は、秋葉原にラボ【雑居ビルの一室】を構える
厨二全開タイムマシン研究大学生という、とにかく痛いヤツ。
厨二に免疫がない方は、乗っけからこの主人公がウザいと思います。
自分も然り。最初ウザかった。。( ゚Д゚)


ですが
観終わったとき、180度見方が変わりましたし、
「こいつソート―かっこいい主人公やん!!」って
久々になりました。いやまじで。



この作品は{netabare}タイムワープ{/netabare}が頻発する作品ですが、
こんなにも綿密にかつ、ドラマチックに描いている作品は初めてでした。



作画がどうもしっくり来ず、そこだけ低評価。
なにせP.A.京アニ厨なものなんで。


{netabare}時間軸{/netabare}=世界線という表現でストーリー進行し、
かつ其れを細い糸に比喩して、何本も交じり合った大きな一本縄と例える。
そんな世界観の中、様々な過去と、そして世界と戦う主人公。
「この世界に抗い続ける!!!」
かっこよかったっす~( 一一)



{netabare}時間軸{/netabare}を操作して起こり得る事由。
その影響で変わってしまう環境。
いつもあるものは本当はないという矛盾。
受け止めざるを得ない現実。
人の願いの裏側にある絶望。
テンポ良くかつ、容赦ない鬱展開。
何重にも張り巡らされた世界線。


そして花澤香菜さいこー。
これ一番大事(/・ω・)/


お勧めの見方はもちろん一気見ですが、
最終話を観終わった後、第1話をもう一度観てみて下さい。
そうすると、{netabare} 始まりと終わり、もしくは終わりが始まりなのか。全てが繋がったと解る瞬間、まじ鳥肌立ちます{/netabare}
ストーリーの本質としては、{netabare}主人公の目的と過程が「魔法少女まどかマギカ」の「ほむら」{/netabare}にとてもよく似ています。


せっかくのアニメ鑑賞時間。失敗はしたくありません。

{netabare}タイムワープ{/netabare}設定が途中、
複雑に感じる方もいるかもしれませんが、
ついてこれたら間違いないド鉄板作品です。

投稿 : 2016/04/28
閲覧 : 586
サンキュー:

113

STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
STEINS;GATE [シュタインズ・ゲート]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

らいむぐりーんが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ