中2異能バトル&ラブコメ双星の陰陽師(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「双星の陰陽師」

よみがな:そうせいのおんみょうじ

放送中:2016年春アニメ(2016年4月~放送中)

★★★★☆ 3.1
物語:3.1 作画:3.0 声優:3.2 音楽:3.2 キャラ:3.1
総合得点 56.3
感想・評価 152
棚に入れた人 1288
ランキング 4118
ケガレを祓い清める最強の陰陽師をかつて目指していたがある事件を機に陰陽師になることを拒んでいた中学生の少年・焔魔堂ろくろが、代々有名な陰陽師を輩出してきた家系の娘で禍野に直接入ってケガレ祓いをすることができる少女・化野紅緒と出会ったことで、一緒に力を合わせてケガレとの戦いに挑んでいく物語が描かれている。(TVアニメ動画『双星の陰陽師』のwikipedia・公式サイト等参照)

にゃん^^さんの感想・評価

2017.02.16 14:05 にゃん^^の評価 | 今観てる| 633が閲覧 ★★★☆☆ 3.0 評価対象: 双星の陰陽師(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.0

中2異能バトル&ラブコメ

公式のINTRODUCTION
{netabare}
現代の裏側に存在する禍野(まがの)には異形の化け物「ケガレ」が巣食う。
それを祓い清め、人々を守るのが陰陽師である。


才能がありながらも陰陽師になることを拒む焔魔堂(えんまどう)ろくろは
神託により陰陽師の夫婦に与えられる「双星(そうせい)」の称号を得る。
同じく双星となった化野紅緒(あだしのべにお)は
全てのケガレを祓うことを理想に掲げる少女であった。


双星として戦いに巻き込まれていく中で、
強くなりたいと真に願い戦い続ける紅緒を目の当たりにしたろくろは、
「雛月の悲劇(ひいなつきのひげき)」以降戦うことから逃げ続けていた
自分の弱さと向き合う様になる。

紅緒に刺激され目を逸らし続けていた過去と向き合ったろくろは
再び陰陽師として戦うことを決意し、
二人は共に「双星の陰陽師」として強大なケガレへと立ち向かう!
{/netabare}


☆天才陰陽師の少年と少女が「ケガレ(魔物)」と戦うおはなしみたい

1話目
{netabare}
すごい力を持ってるけど
2年前友だちを助けることが出来なくって
陰陽師になるのさけてた焔魔堂ろくろクンが
ツンだけどホントはやさしい天才陰陽師の少女・紅緒に会って
また戦い始めるところまで。。

~*~♡~*~♥~*~♡~*~♥~*~♡~*~♥~*~♡~*~

モテないろくろクンがナンパしてたりって
ちょっとラブコメっぽいところもあるのかな?

終わりの方でろくろクンがホントの力を見せるところが
バトルアニメとかでよくありそうだけどかっこよかった♪

おはなしは分かりやすいし
コメディっぽいところが多そうだから
バトルだけど何話か見てみるネ☆
{/netabare}

2話目
{netabare}
紅緒はすごい能力を持ってるのに戦おうってしないろくろクンに
対抗心をもってるみたい


ある日陰陽のえらい人が陰陽師の人を集めて予言を発表したの
「み子」が現れるって。。

それで紅緒とろくろクンが呼び出されて戦わされて
どっちもすごい陰陽師だってみんなに見せてから
「2人は双星だ」って
「2人で協力してみ子を産め」ってw

*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚・*:..。♡*゚¨゚゚・*:..。♡*゚¨゚゚

ツンデレヒロインと闘うとかラッキースケベとか
学園ハーレムバトルアニメみたいだけど
女子はあんまり出てこないみたいだから
学園ラブコメバトルになるのかも^^


コメディ多めだし
ツンの紅緒がどうやってデレてくとか面白そうw

バトルメインにならなかったらいいけど☆
{/netabare}

3話目
{netabare}
3話目の公式のあらすじ
{netabare}
ろくろやろくろの幼なじみ・音海繭良(おとみ まゆら)と同じ学校に通うことになった紅緒は、すぐにクラスの注目の的になる。
そんな中、授業の合間に異界のバケモノ・ケガレの気配を感じ取る紅緒。まだ中学生のろくろたちは、陰陽師としての仕事よりも学業を優先するように言われていたが、紅緒はかまわず学校を早退するとケガレ祓いに向かう。一方ろくろはそのまま学校に残るが、紅緒との出会いから、その心には迷いが生まれていた――。
{/netabare}

まゆらと遊園地に行ったろくろクンは
異界の戦いに巻き込まれそうになったジェットコースターから
子どもたちを助けたけど
誰かを助けたいってゆう思いは紅緒とおんなじだと思う。。

ツンの紅緒だってろくろクンが自分から戦うようになったら
きっと見直してくれるよね☆
{/netabare}

4話目
{netabare}
4話目の公式のあらすじ
{netabare}
星火寮で一緒に暮らし、ろくろのことを本当の弟のようにかわいがってくれる椥辻亮悟(なぎつじ りょうご)が、ケガレ祓いの最中、ケガレの棲処・禍野(まがの)に取り残されてしまった。依頼を受けた亮悟が出かける直前、つまらないことで言い争いをしていたろくろは、亮悟とともにケガレ祓いに向かった額塚篤(すくもづか あつし)や国崎慎之助(くざき しんのすけ)から話を聞くと、いてもたってもいられなくなる。
一方、禍野に取り残された亮悟は、襲いかかるケガレを相手にひとり奮闘するが、徐々に追い詰められてゆく。
{/netabare}

兄弟みたいな亮悟を守るために熱くなったろくろ
だんだん変わってきてるみたい

さいごに紅緒とほめ合っててはずかしくなったのかな?
またツンに戻った2人がおかしかったw
{/netabare}

5話目
{netabare}
5話目の公式のあらすじ
{netabare}
小学校で、練習中のサッカー部の子供たちが、突然姿を消した。
子供たちはケガレによって禍野へと連れ去られていたのだ。
子供たちを助けるため、紅緒や篤、慎之助とともに禍野を訪れたろくろは、
自分自身の意思で陰陽師として戦うことになる。
だがその最中、ふとしたことでかつてのつらい記憶がよみがえり、戦うことができなくなってしまうのだった。
そのとき一同の前に現れたのは、陰陽師の中でもトップクラスの実力を持つ十二天将(じゅうにてんしょう)朱雀の名を持つ斑鳩士門(いかるが しもん)だった。
{/netabare}

こんどはライバル十二天将の斑鳩士門が出てきたね

2年前にろくろとおんなじ14歳だったって。。
ろくろもすごい!って思ってたけど
いい刺激になったみたい☆
{/netabare}

6話目
{netabare}
6話目の公式のあらすじ
{netabare}
ろくろや繭良と同じ学校に通い始めたものの、紅緒はクラスメイトたちとなじもうとせず、毎日のように早退する日々を送っていた。紅緒はケガレ祓いのために早退を繰り返していたのだが、事情を知らない繭良はそんな紅緒を心配し、何とかして友達になれないものかと考える。早速いろいろな方法を使って紅緒と仲良くなろうとする繭良。だが紅緒はそんな繭良に困惑し、距離を取ろうとするのだが……。
{/netabare}

よくある
ぼっちのクラスメートと友だちになろうってするおはなしだったけど
繭良が紅緒のこと
不良と付き合ってるってカン違いしてるところがおかしかったかなw


冷たくされてもあきらめない繭良のまっすぐな思いに
紅緒が心を開いてくところは恋愛アニメみたいでよかった☆

紅緒が異界から戻ってきたとき
心配して待っててくれた繭良といいお友だちになれそうって思ったら
紅緒が陰陽師だって分かってどこに住んでるの?って聞いて
「まさか?」って顔が変わってたねw

そのあとろくろと修羅場><

さいごの紅緒の
「友だち考えなおそうかな。。」で笑っちゃった
とちゅうまでいいおはなしだったのにw
{/netabare}

7話目
{netabare}
7話目の公式のあらすじ
{netabare}
有馬が星火寮を訪れ、ろくろと紅緒を「双星の陰陽師」の真価が問われる試練の場へと連れて行くと言う。「試練」と聞いて気合いの入るろくろと紅緒だが、ふたりが連れて行かれたのは豪華な屋敷。そこは夫婦に与えられる「双星」の称号を得たろくろと紅緒が暮らすための新居だった。突然ふたりきりで暮らすように言われ焦るろくろたち。有馬はそんなふたりに、お互いに協力しあわなくては解決できないある難題を課す。
{/netabare}

今週はラブコメたっぷりのおはなし。。ってゆうか
カップルが協力して障害物競争みたいな?
バラエティ番組とかでありそうかもw


紅緒がお兄さんからもらった大事な髪かざりをろくろが見つけて
さいごは2人っきりで仲良くなれそうだったけど
どっちもツンデレだからねぇw
{/netabare}

8話目
{netabare}
8話目の公式のあらすじ
{netabare}
呪力の高い人間が、突然ケガレとなる現象「ケガレ堕(お)ち」が発生した。
そんなある日、繭良が禍野へと連れ去される事件が起こる。繭良を助けるため禍野にやってきたろくろと紅緒だったが、強すぎる敵に苦戦する。そこに現れたのは、士門と同じく十二天将のひとりで繭良の父親である天若清弦(あまわか せいげん)だった。ろくろたちが苦戦したケガレを難なく倒した清弦は、ろくろの覚悟を試すため戦いを仕掛け、さらに追い討ちをかけるようにろくろの心のキズとなっている「雛月(ひいなつき)の悲劇」について話し始める 。
{/netabare}

2年前ろくろが陰陽師をやめることになった事件の時
殺されたのが紅緒の双子のお兄さんだった。。って

清弦のゆうことを聞いてたら
ろくろがケガレ堕ちして仲間を殺した。。みたいだったけど
今までのおはなし見てたら
ろくろは仲間を助けられなくってトラウマになったみたいだったけど。。


もしそうだったらろくろは紅緒のカタキになるのかな?
ほんとはどうなの?
{/netabare}

9話目
{netabare}
9話目の公式のあらすじ
{netabare}
「雛月の悲劇」―― かつて、陰陽師候補生養成所・雛月寮に突如として現れた数匹のケガレによって、候補生の子供たちのほとんどが殺されたとされる事件。この事件にまつわる話を清弦から聞いた紅緒は絶句する。「雛月の悲劇」の被害者でもある石鏡悠斗(いじか ゆうと)は、実は紅緒の兄であり、唯一、生き残ったのがろくろだった。清弦の話を聞きろくろに詰め寄る紅緒。そのときろくろたちの前に、死んだはずの悠斗が現れる。
{/netabare}

紅緒のお兄さんの悠斗が「雛月の悲劇」おこした真犯人で
実験に候補生の子供たちをケガレに変身させて
ろくろクンがそのケガレを退治した。。ってゆうおはなし

悲しいおはなしだったし
ろくろクンがみんなを助けられなくって
陰陽師になるのやめた気もちがよく分かった。。

きっとろくろクンじゃなくって
どんなすごい陰陽師でも助けられなかったんじゃないのかな?


さっきまでろくろクンを責めてた紅緒が
そのこと知ってろくろクンにあやまったところがよかった☆
だってずっとカタキだって思ってたら悲しすぎるよね


さいごは2人で強くなろうって約束。。

すごいひどいおはなしだったけど
もしかして来週はまたラブコメ回になるのかな?
{/netabare}

10話目
{netabare}
10話目の公式のあらすじ
{netabare}
ろくろたちの屋敷に、突然、紅緒のかつての師匠で、十二天将・天后(てんこう)の名を冠する御幣島すばる(みてじま すばる)と騰蛇(とうだ)の名を冠するタタラが現れた。悠斗と再会した禍野での戦いで自分たちの力のなさを思い知ったろくろと紅緒は、もっと強くなるため、すばるに頼み修行をつけてもらうことにする。快くそれを引き受けてくれたものの、どこか浮世ばなれしているすばるの修行(?)はふたりにとって理解できないものばかりで……。
{/netabare}

すばるの修行(?)はふたりにとって理解できないものばかりで……。
ってデートするのははじめてだったから分からないことばっかりだよねw


ふつうだったらすぐ気がつきそうだけど気がつかないのってフシギw

ろくろクンは紅緒に合う前
いろんな女子にコクってたんだから
紅緒にだって「かわいい」とか言ってあげたらいいのに☆

ただ
紅緒は男子のことなんか考えたこともなさそうだから
ちょっと大変かも^^
{/netabare}

11話目
{netabare}
11話目の公式のあらすじ
{netabare}
すばるに修行をつけてもらうことになったろくろと紅緒だが、いまだに本格的な修行をさせてもらえず不満顔。そんなふたりの気持ちを察したすばるは、かくれんぼで自分を見つけ出せたらたっぷりと修行をつけてくれると約束し、街に出かけてしまう。早速、すばるを追って街に出かけるろくろと紅緒。ふたりは協力してすばるの行きそうな場所を探すが、毎回ひとあし違いになってしまい……。
{/netabare}

今日の修業はすばるを見つけるためには
すばるのしたいこと行きたい場所を考えて先回りすることかな?
それってケガレ退治のときにも役に立つみたい^^


それで今日のおはなしはラブコメw
2人で力を合わせてスバルをさがしたり
式神のケガレを退治してるうちに
ちょっと仲よくなれたかも☆
{/netabare}

12話目
{netabare}
12話目の公式のあらすじ
{netabare}
ふたりで暮らし始めてから、ちゃんとした食事をとっていないことに気づいた紅緒が、特製ドリンク「紅緒スペシャル」を製作(?)。あまりのまずさにのたうちまわることになったろくろは、自分が夕食を作ると言い出す。
ろくろが夕食を作っている間、日課のジョギングに出かけた紅緒は、その途中で両親の仇「神威(かむい)」と出会う。神威は一介のケガレの強さをはるかに上回る力を持つ「婆娑羅(バサラ)」と呼ばれるものだった。
{/netabare}

婆娑羅に負けそうになった紅緒を
夕食を持ってきてくれたろくろクンが助けるおはなし


紅緒のお父さんたちは陰陽師でいそがしかったみたい
紅緒は1人でご飯を食べてたから
ご飯の味なんか覚えてなかったのかも。。


ろくろクンが夕食を持ってきてくれたところはちょっとヘンかなぁってw
迎えに行って戻ってからいっしょに食べるのがふつうじゃない?

でも
早く紅緒に食べさせたいってゆう思いが伝わってくるおはなしだったみたい☆
ろくろクンが恋愛ポイントかせいだかも^^


婆娑羅は強くってまだ元気みたい。。
また2人で戦ってやっつけられるといいけど☆
{/netabare}

13話目
{netabare}
13話目の公式のあらすじ
{netabare}
十二天将クラスの陰陽師でなければ、到底かなわないと言われる究極のケガレ・婆娑羅――その一体である神威は、より強い陰陽師と戦って倒すことをつねに望み、それゆえ「双星の陰陽師」を探していた。
ろくろと紅緒が「双星の陰陽師」であることを知らない神威は、最初の一撃で、わずかながらも自分にダメージを与えたろくろに興味を持つと、その強さを極限まで引き出そうとする。
{/netabare}

ぼろ負けした紅緒にろくろクンは持ってきた親子丼をあげるの。。

ろくろクンのまずい親子丼を食べて
勇気をもらった紅緒がろくろといっしょに戦うおはなし。。


1人で戦おうってしてた紅緒がろくろクンと2人で1つの剣を持って。。って
これって結婚式のケーキ入刀!?w

って笑い話じゃなかったけど
はじめて1体になって戦ってすごい力を出せた!

それでも勝てなかったのは相手が強すぎただけだけど
2人で気もちと体を合わせたらそのうちきっと☆ってゆういいおはなしで
見ててうるうるしてきちゃった

でも、早く双星の御子を生んでって。。ってなるまで
まだまだ時間がかかりそうw
{/netabare}

14話目
{netabare}
14話目の公式のあらすじ
{netabare}
年に一度の七夕をみんなで過ごすため、亮悟たちのいる星火寮を訪れたろくろと紅緒。さらに繭良も加わり久々に楽しい時間が過ぎてゆく。そんな中ろくろと紅緒が短冊に書いた願いごととは? 一方その頃、陰陽頭・有馬や十二天将は、京都の陰陽連本部にいた。 温泉につかり、疲れを癒す士門と清弦は、婆娑羅としてはまだ若い神威の出現、故意に引き起こされたケガレ堕ちの発生を思い返し、今後の戦いに向け気を引き締める。そして有馬は、神託の「神子(みこ)」の誕生を願う。 永きにわたり続いてきた陰陽師とケガレの戦いは、新たな局面を向かえようとしていた――。
{/netabare}

今日は総集編。。
みんなが短冊を書きながら今までのこと思い出す。。みたいな感じだけど
おはなしはあんまりないw
あんまり内容がないからw


それから紅緒の創作おはなし「おはぎマン」w
ろくろクンのツッコミがあるから笑えるw


繭良のやきもちもおかしいんだけど
紅緒と顔がほとんどおんなじだから
見ててどっちがかわいいとか言えないみたいw

もうちょっと繭良も出してあげて
ラブコメがふえた方が面白そうだけど☆
{/netabare}

15話目「ひとりぼっちに さようなら THE AWAKENING OF LOVE」

{netabare}
15話目の公式のあらすじ
{netabare}
亮悟が、知り合いの陰陽師・罧原徹(ふしはら とおる)から紹介された女性、柏原遥(かいばら はるか)とデートすることになった。お互いにまんざらでもなさそうなふたりだったが、何度か会ううちに、亮悟の中で拭い去れない不安が大きくなってゆく。亮悟はそのことを罧原に相談するが、そんな亮悟に罧原は?
一方、陰陽頭・有馬からの指示で、鳴神町(なるかみちょう)にとどまる清弦は、最近、この町の周辺で起きている異変について調べていたが……。
{/netabare}

亮悟クンは罧原さんから紹介された遥さんと付き合ってたけど
陰陽師の亮悟クンはいつ死んじゃうか分からないから積極的になれなかって
罧原さんに相談したら2人とも陰陽師どおしだし
だから支え合って守りたい人が必要なんじゃないかって。。


それとは別のおはなしで

ろくろクンと紅緒は強いケガレオチと戦ったんだけど
元は人だったケガレを祓うのに
2人とも心に迷いがあって力を出し切れなかったみたい
清弦に助けられてダメ出しされて禍野から追い返されちゃった。。


そのあと清弦は誰にも知られないうちにケガレオチを祓ったけど
そのケガレオチはケガレ祓いで消えた罧原さんだった。。
清弦さんは冷たそうに見えるけど1人で悲しい役目を引き受けてるみたい


しばらくラブコメのちょっと軽いおはなしが多かったけど
今週は重いおはなしだった。。


でも、そんな重い世界に生きてるからこそ
愛する人がいたらその人のためにって思えるのかも?

今週はろくろクンと紅緒の恋愛のおは。。
{/netabare}

ごめんなさい。。
更新のとき15話目から21話目の感想が消えちゃったみたい (σ´д`。)
公式のあらすじだけはっておくね。。

16話目
「陰陽師として SALVATION THEN WAILING」の公式のあらすじ

{netabare}
もともと高い呪力を持つ繭良が、突然ケガレ堕ちになり、自我を失ってろくろや紅緒に襲いかかる! さっきまで「繭良だった」ケガレを祓うことにためらいがあり、本気で戦うことができないろくろと紅緒。なすすべもなく追い詰められて行くふたりだが、そこに清弦が現れた。 変わり果てた愛娘・繭良を呪縛から解き放とうと、苦しい選択をせざるを得ない清弦だったが、そのとき紅緒があることに気づく。
{/netabare}

17話目
「師がくれた赤い証 NEW TALISMAN FROM MASTER」の公式のあらすじ
{netabare}
ろくろや紅緒、清弦の前に再び悠斗が現れた。繭良を救うために呪力と体力を使い果たし、動くこともままならないろくろや紅緒を見た清弦は、ふたりに繭良を連れて禍野から出るように伝えると、ひとり、目の前の敵に立ち向かう。
陰陽頭である有馬から与えられた使命を果たすため、かつての弟子が犯した不始末に、師としてのケリをつけるため、十二天将・白虎の名を持つ清弦が、本気の戦いを挑む!
{/netabare}

18話目
「決戦前夜 TRIUMPH OVER FEAR」の公式のあらすじ
{netabare}
ろくろと紅緒は、自分たちの力で悠斗と決着をつける決心をする。
決戦に備え作戦を練るふたり。だが一人前の陰陽師としての修行ができなかったろくろには使える呪装(じゅそう)の数も少なく、今のままではとても太刀打ちできないことがわかる。
そこでふたりは勝つための唯一の方法として、「双星」にしかできない技「共振(レゾナンス)」を完璧に使いこなすことを考える。
ところがいざ修行となると……。
{/netabare}

19話目
「罪もけがれも THE 10 SECONDS DECISION」の公式のあらすじ
{netabare}
いよいよ悠斗と決着をつけるときがやってきた。
驚異的な力を持つ悠斗に立ち向かうべく、力を合わせて戦いを挑むろくろと紅緒は、レゾナンスを使った技を次々と繰り出して果敢に攻撃を仕掛ける。
だがどんなに攻撃を仕掛けても、悠斗には致命的なダメージを与えることができない。
そこでろくろは、悠斗を一気に追い詰め、この戦いを終わらせるために、清弦から渡された、赤い「星装顕符(せいそうげんぷ)」を取り出す。……。
{/netabare}

20話目
「ふたりの道 TO THE FUTURE WITH US TWO」の公式のあらすじ
{netabare}
神威からもらった力を使い悠斗に戦いを挑む紅緒。
これまで以上のスピードと高密度の呪力、重さを増した紅緒の攻撃は、徐々に悠斗を追い詰めてゆくが、そのとき、突如異変が!?
再び窮地に立たされた紅緒を救うべく、ろくろが傷だらけのからだで立ち上がる!

――「雛月の悲劇」が起こったあの日、つけることができなかった決着をつけるため、家族として、兄の罪と穢れを祓うため、それぞれ強い思いを抱いて戦うろくろと紅緒は、悠斗の野望を打ち砕けるか!?
{/netabare}

21話目
「双星新生 SWEETIE FAIRY」の公式のあらすじ
{netabare}
高校生になったろくろと紅緒は、亮悟たち星火寮のみんなや遥、新たに陰陽師となった繭良とチームを組んでケガレ祓いをする日々を送っていた。
そんなある日、ろくろたちは禍野で小さな女の子と出会う。
自分の名前もわからない女の子のことを放っておけないろくろは、その子を「さえ」と呼ぶことにし、自宅に連れ帰ると、紅緒と協力して世話をすることにする。
一方その頃、陰陽頭・有馬や十二天将らは、婆娑羅がかかわっていると思われる異変を確認。
一同に緊張が走る――!!
{/netabare}

22話目「ケガれてんじゃ~ん PHILOSOPHICAL FILTHY SERAPHIM」
{netabare}
22話目の公式のあらすじ
{netabare}
突如、鳴神町に巨大な気があふれ、ケガレが闊歩する禍野のようになってしまった。
原因は禍野と現世とを隔てる結界に開いた穴「龍黒点(りゅうこくてん)」の出現。
清弦を中心に、ろくろや紅緒、亮悟たち、なぜか一緒についてきたさえが龍黒点をふさぐために駆けつけるが、襲い掛かる無数のケガレたちに苦戦する。
さらにはその穴を通って、婆娑羅の珠洲(すず)が、「真蛇(しんじゃ)」と呼ばれる強い力を持つケガレを引き連れて現れ……。
{/netabare}

今週は新キャラ婆娑羅の珠洲があらわれたおはなし。。
頭がよさそうなのにおばかな感じにしてるみたい?


珠洲はさえのこと見て「特別だ」みたいなこと言って
それからろくろと紅緒のことも「特別」って。。

神子ってろくろと紅緒の子どもがなるはずだけど
もしかしたらさえが大きくなって神子になったりするかな?
{/netabare}

23話目「双星 西へ HARD TO BE MOTHER」

{netabare}
23話目の公式のあらすじ
{netabare}
龍黒点が現れた地域からの応援要請で、ろくろと紅緒、さえが現地に向かうことになった。
亮悟たちも忙しく、三人を送り届けることもできない中、紅緒の式神・きなこが思いがけない活躍(?)をする。
現地に着いたろくろたちは、ほかの陰陽師たちと協力して事態の収拾にあたることになるが、そんな中、紅緒は、悠斗の一件から「化野家」をよく思わない一部の陰陽師から冷たくされる。
{/netabare}

婆娑羅の師(モロ)と戦うおはなしでバトルはあったけど
それより紅緒が悠斗のことで冷たくされたりするのがイヤだった
でも冷たくされた人でもちゃんと助けてあげるからヒーローなのかも?


陰陽師の隊長のおねえさん(おばさん?)が2人の手相を見て
もう子どもがいるって言ってたけどやっぱりさえが神子?

紅緒が置いてった呪符を届けてくれたさえがかわいかった☆
「あっちから来た」って来たのと反対の方指さしてたけど
ホントはどこから来たのかな?

紅緒はツンデレだから子どもから見たらちょっとコワく感じるのかも。。
さいごはさえに怒ったことあやまってたけど
さえってとってもいい子だよね☆
{/netabare}

24話目「ケガレの見た夢 WHAT IS BEAUIFUL?」
{netabare}
24話目の公式のあらすじ
{netabare}
さえを連れ、新たな龍黒点が現れた遊園地にやってきたろくろたち。
道すがらろくろから、
「遊園地というのはキラキラしていて楽しい場所だ」と聞いていたさえは、
龍黒点から噴き出す気のせいで、
本来の姿とはほどとおく変化した遊園地にがっかりする。

そんなさえの前に、禍野から来た真蛇・麗穏(レオン)が現れる。
暗く荒れ果てた禍野しか知らないレオンは、現世にはあるという「キレイ」を探していた。
{/netabare}

今週のおはなしは「美女と野獣」みたいだった


ライオンみたいな顔をしたケガレとさえちゃんが仲良くなるおはなしで
ケガレでもきれいなものが見たいって思ったおはなし


けっきょく十二天将の蹉跎桜(サダサクラ)と膳所美玖(ゼゼミク)に祓われたけど
2人がつけた遊園地のライトでキラキラな美れいな遊園地が見れたから
ちょっとかわいそうだったけど祓われてよかったんだよね?

レオンにあげた折り紙が落ちてるのを見つけてかくしてたけど
いっしょに遊んでたさえはどう思ったのかな?
{/netabare}

25話目「天・元・空・我 COME BACK! SOUTHPAW」

{netabare}
25話目の公式のあらすじ
{netabare}
突如、野球場に龍黒点が現れ、そこから噴き出す気と、
その気から力を得た婆娑羅・山門(やまと)によって街が崩壊。
何とかして被害を食い止めようとするろくろと紅緒だったが、
そんなふたりの前に十二天将の勾陳(こうちん)・五百蔵鳴海(いおろい なるみ)と
天空(てんくう)・勝神コーデリア(かすかみ こーでりあ)が現れる。
これ以上被害を拡大させないため、一刻も早く穴を塞がなければならないと考える一同。
だが、問題の野球場は離れた場所にある。
そんなとき、とある人物が近道の案内を申し出る。
{/netabare}

2軍に落ちた元名ピッチャーがろくろたちのがんばるの見て
自分ももう1度がんばろうって思ったおはなし。。


どうしてとつぜん野球選手?って思った
もしかしてシナリオ書いた人が好きなのかな?

ほかにも新キャラの十二天将が2人出てきてバトルがあったから
元名ピッチャーの人のおはなしがほとんどなくって
いいおはなしにしたかったみたいだけど
気もちが伝わってこなかったみたい。。
{/netabare}

26話目「双星VS双生」
{netabare}
26話目の公式のあらすじ
{netabare}
十二天将たちは、今回の異変の元凶として婆娑羅の闇無(くらなし)を追っていた。
その闇無から話を聞き、「双星の陰陽師」に興味を持った婆娑羅、
千々石(ちぢわ)と百道(ももち)がろくろたちの前に現れる。
もともと一体だったケガレから二体に分かれ、長い間一緒に行動してきた彼らは、
互いに合図なしでも息の合った攻撃を仕掛け、ろくろと紅緒を苦しめる。
レゾナンスも通用せず、いよいよ万事休すかと思われたそのとき……!
{/netabare}

ろくろと紅緒をかばって助けてくれたのはさえちゃんで。。


さえってすごいね!婆娑羅の2人の攻撃をはね返しちゃった^^

そのあとは3人の十二天将が来てくれてまた2人で戦って勝ったんだけど
やっぱりさえには何か秘密がありそう。。

にゃんは
未来のろくろたちの子どもがタイムスリップしてきたのかも?って思うけど
京都の方にヒントがあるのかな?
さえが行きたいって。。


あと、さえちゃん相手に本気であっちむいてホイする紅緒ってどうなのかな?w

今日のおはなしは良かった☆
{/netabare}

27話目「ひみつの繭良ちゃん MAYURA'S SECRET LESSON」
{netabare}
27話目の公式のあらすじ
{netabare}
陰陽師となった繭良は、留守中のろくろと紅緒に代わり、
亮悟たちとともにケガレ祓いに奮闘する日々を送っていた。
だが戦いの最中にどうしてもツメが甘くなり、
毎回のようにみんなの足を引っ張ってしまう自分が情けなくなる。
そんな中、星火寮を訪れた士門と出会った繭良は、士門に頼んで修行をつけてもらおうとするのだが、
気弱で自信のない心を見透かされ「覚悟が足りない!」と一喝される。
{/netabare}

繭良が十二天将の士門に修行につきあってもらうおはなし


士門は繭良のお父さんの弟子で厳しいけどちゃんと見ててくれる人

2人の仲がだんだん良くなってくとこはろくろと紅緒みたいだった^^

主役の2人はほとんど出なかったけど
OP,EDも変わったし新しい双星の陰陽師になったりしてw
{/netabare}

28話目「鸕宮天馬(うのみや てんま)TRANSCENDENCE」
{netabare}
28話目の公式のあらすじ
{netabare}
陰陽連の指示で、さえを連れて京都に向かう途中のろくろたちは、
清弦からの連絡で、古くから霊地と言われている場所に龍黒点が現れたことを知る。
龍黒点をふさぐため急いで現地に駆けつけたろくろたちは、
彼らを待ち構えていた婆娑羅の鬼無里(きなさ)との戦いに突入するが、
ろくろたちの攻撃は鬼無里に少しのダメージも与えることができない。

そこに十二天将のひとり、貴人(きじん)・鸕宮天馬(うのみや てんま)が現れた。
{/netabare}

鸕宮天馬ってすごいよね!

十二天将最強って言われてるみたいだけど
双星の2人のレゾナンスでも倒せない鬼無里をかんたんにやっつけて
龍黒点も霊符なしでふさげる。。

こんなに強い陰陽師より強い双星の子どもってどれくらいなのかな?


さえはまた紅緒をかばってくれたけど
練習とかも無しであれだけの力があるんだったら
やっぱりふつうの子じゃないよね?
{/netabare}


第29話「さえとの約束 MISSING EXORCIST MASTER」
{netabare}
29話目の公式のあらすじ
{netabare}
久々に故郷・京都へと帰ってきた紅緒は、自分がよく知る場所に
ろくろやさえを案内することが楽しみな様子。
そんな中、有馬から、龍黒点の発生を完全に止める方法が見つかったとの連絡が入り、
ひとまず、さえを連れて陰陽連本部へと向かうことにする。
一方、龍黒点がすべてふさがれることで計画に支障が出ると考えた闇無は、
これを阻止するため陰陽連本部の結界をすり抜け侵入。
計画に邪魔な有馬を葬り去ろうとするが、逆に禍野へと追い詰められることになる。
{/netabare}

さえの秘密が分かる回

さえを連れて陰陽連の本部に着いて分かったのは
龍黒点を2度と開かないようにするには
現(ウツツ)と禍野をへだてる結界を支えてる天之御柱の枝を元にもどせばいいって

それでその小枝がさえだって!?
どうなっちゃうんだろう。。

あと、有馬さまが闇無にやられちゃったけど
あんなにかんたんにやられるはずないからきっと生きてるって
にゃんは思うな☆
{/netabare}

30話目「いつまでも笑顔で LOVELY SMILE FOREVER」
{netabare}
30話目の公式のあらすじ
{netabare}
現世と禍野を隔てる結界を支える大樹「天の御柱」。
最強の陰陽師・安倍晴明が作り出したとされるこの大樹の枝が折られ、
結界が不安定になったことが異変の原因だった。
龍黒点の出現を止めるには折られた枝を元の位置に戻し、
結界を安定させる必要があるのだが……。
そうしている間にも上空に巨大な龍黒点が出現。大量のケガレがなだれ込み、
現世が禍野の気に侵食されてゆく――。

各地に散らばっていた十二天将も続々集結する中、
ろくろたちも大切なものを守る覚悟を決める。
{/netabare}

ほとんどバトルだったけどあんまり動いてなかったみたい

龍黒点がふさがったって思ったら実は。。
ってゆうの大体わかってたけど
ホントにさえちゃんがいなくなったら悲しかった。。

絵手紙の中でさえが紅緒のことお母さんんって呼んでて泣いちゃった。。
{/netabare}

31話目「そばにいるから WAI WA KINAKO YA!」
{netabare}
31話目の公式のあらすじ
{netabare}
現プロ式神・きなこは、紅緒がまだ幼い頃からそばに仕え、ずっと主を見守ってきた。
龍黒点出現の一件でも、紅緒やろくろたちとともに行動し一部始終を見てきたきなこは、
今回起きたさまざまなことを思いながら、初めて紅緒と出会ったときのことを思い出す――。

その頃の紅緒は、目の前でケガレに両親を殺されたショックで心を閉ざしていた。
プロ式神として主を理解し、信頼関係を築きたいきなこはあれこれ手を尽くすが、
紅緒は一向に心を開こうとせず……。
{/netabare}

今日はきなこがはじめて紅緒に会った時の思い出のおはなし

小さいころの紅緒がかわいかった^^

それから
さえがいなくなってもずっとそばにいるってゆうおはなし


ひと休みの回かな?
ちょっといいおはなしだった^^
{/netabare}

32話目「混沌の中に SEEKING THE PAST, SEEKING THE FUTURE」
{netabare}
32話目の公式のあらすじ
{netabare}
これまでの戦いで婆娑羅たちに苦戦し、身近で十二天将の強さを思い知らされたろくろは、
今よりももっと強くならなければならないと考える。
ずっと心の中にあった疑問と向き合い、
さらに前に進むため、紅緒とともに星火寮にいる清弦のもとを訪れたろくろは、
自分自身の記憶にある以前の話を聞き出そうとする。
そんなろくろに清弦が話す過去とは?

そして、一度は禍野へと去って行った婆娑羅の珠洲が、
再びろくろと紅緒の前に現れ……。
{/netabare}

総集編で今まであったことをろくろと紅緒の2人で話しながら
清弦に会いに行ってろくろがはじめて星火寮に来た時のこと聞き出すの

ろくろは清弦が禍野から拾ってきた子だったって。。
それってさえちゃんの時とおんなじパターンだけど
もしかしてろくろも天御柱と何か関係あったりするのかな?


あと有馬様がいなくなっちゃったけどきっと何かあって隠れてるだけだよね?どうしてるのかな?


さいごは婆娑羅の珠洲が現れてみんなでいっしょに踊って帰ってった

婆娑羅も人間とおんなじでいろんな人がいて
自分が何をしたいのかって悩んだりしてるみたい。。

仲間になってくれる婆娑羅もいたらいいのに☆彡
{/netabare}

33話目「師(もろ)の恩返しI WANT YOU TO EAT ME」
{netabare}
33話目の公式のあらすじ
{netabare}
姿を消した有馬を捜す十二天将たちに、有馬と同じ土御門家のひとり・御影(ミカゲ)から、
陰陽連本部に集まるようにとの連絡が入る。
御影は有馬が姿を消してから陰陽頭代行としてその仕事を引き継いでいた。
御影は、神託によって判明した有馬の消息について伝えるため、十二天将を召集したのだった。

一方その頃、闇無は、密かに進めてきた計画が思惑通りに運んでいることに満足し、
次の段階へと進める準備に取りかかっていた――。
{/netabare}

さえの正体は不思議だったけどやっと分かったって思ったら
実はろくろも10年前に禍野でひろわれた。。って
ろくろもホントは人間じゃないのかな?

この時って紅緒もつれていっしょに行ったんだけど
2人はもう恋人どうしってゆう感じだったね^^


今日のおはなしは十二天将の膳所美玖がメインかな?

美玖は蹉跎桜のお父さんが好きだったけど師に殺されて
今回、美玖と桜がその師に出会ったんだけど。。

それと闇無と師が龍黒点を開いたわけ。。


ほかにも繭良と士門がおたがい好きみたいだし
亮悟と遥はもうすぐ結婚しそう^^


今日はちょっとずついろんなおはなしがあった。。

あと、作画がときどきいつもより目がほそかったみたい
{/netabare}

34話目「名コンビじゃねぇ! WACHI vs WASHI & WATASHI」
{netabare}
34話目の公式のあらすじ
{netabare}
 
十二天将・大陰(だいおん)の名を持つ膳所美玖(ぜぜ みく)と
六合(りくごう)・蹉蛇桜(さだ さくら)の父親は、かつてともに戦った仲間だった。
だが彼は、桜がまだ幼い頃に婆娑羅の師(もろ)に殺されてしまう。
以来、美玖と桜にとって共通の仇となった師が、今ふたりの前に現れた。
このチャンスに仇を討とうとする美玖と桜。一方の師はさらなる力を手に入れるため、
十二天将であるふたりを倒してその呪力を喰らおうとする。

今まさに因縁の戦いが始まる。
{/netabare}

前半は美玖と桜がかたきの師(モロ)とたたかうおはなし

2人の仲が伝わってくるちょっといいおはなしだったけど
ふつうにバトルで協力して勝つってゆうよくあるおはなしになっちゃった。。


後半は
陰陽師の支部長クラスの人たちが消えてみんながさわぎ出すおはなしと
士門が双星を守るためって2人の学校に入ってくるのw

これからどうなるんだろう?
{/netabare}

35話目「復讐の傀儡師 IAM NOT ALONE」
{netabare}
35話目の公式のあらすじ
{netabare}
ろくろたちの学校の裏庭で、木に打ちつけられた二体の人形が見つかったとのウワサが流れ、
転入生として学校に潜入していた士門やろくろたちが調査に乗り出す。
問題の裏庭にやってきた一同は、そこに残っていた呪力の痕跡に気づくが、
そんな中ろくろと紅緒だけが、突然、別の場所に移動させられる。
そこにいたのは、前の戦いで苦戦を強いられた婆娑羅の千々石。

千々石は「双星の陰陽師」を相棒・百道の仇として狙っていた。
{/netabare}

今日は作画もきれいだったし
紅緒の「おいしくなーれ☆彡」ときなこの男の娘もかわいかったw

繭良の胸が当たってデレる士門^^とか
「朱雀情報にくわしい。。その上とくいげ」って言われて
「前に1度だけ本に書いてあったの見ただけ」って言いながら
ページ数まで言えちゃうってごまかそうとしてもよく知ってるってバレバレw

士門が転入してきて繭良とラブコメもよく入るし
やっぱり「双星の陰陽師」ってラブコメがあるからおもしろいんだ♪


バトルは「双星の陰陽師」のおはなしなのに
士門の方がかっこよすぎて誰が主役か分からないくらい^^

でも、千々石が士門だけじゃなくほかの生徒たちも糸で人質にして
こうなったらろくろと紅緒が2人だけで何とかするしかないよね。。
{/netabare}

36話目「守るべきもの WHAT IS REALLY IMPORTANT?」
{netabare}
36話目の公式のあらすじ
{netabare}
いつの間にか学校中に呪力の糸を張り巡らせ、
学校にいるすべての人間を思い通りに動く人形へと変えていた千々石。
この作戦のせいで、うかつに攻撃ができなくなったろくろたちは、一旦その場から退却せざるを得なくなる。 繭良の機転によって、千々石の糸にとらわれた人々を解放する手がかりはつかめたものの、全員を無事に解放するのは簡単なことではない。
そこで十二天将・朱雀の士門が起死回生の一手を投じるが……。
{/netabare}

バトルのことはよく分からなかったけど

士門がろくろといっしょに戦ってなんとか勝って
さいごに千々石が百道の人形を爆発させてみんなを道連れにしようってしたの

それをろくろが新技を考えて止めたんだけど
士門がその技ほめて
ろくろが士門の技を見て考えたって。。

そう言われて士門は照れて赤くなってた^^

。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。:+* ゚ ゜゚ *+:。.。.。:+*゚ ゜゚ *+:。.。:+*゚ ゜゚ *+:

もうろくろと士門は恋人だったらラブラブだねw

今までろくろが「教えて」って言っても相手にしてくれなかったツンの士門が
あっちのほうから集中力を上げる曲をコピーしてやろうってデレてるw

2人の薄い本とか出そうw


でも、よろこんでられないみたい
十二天将の士門が本部から呼び出された。。

これが死亡フラグとかにならないといいけど☆彡
{/netabare}

37話「恋の町 舞い上がる TELL ME HONEST FEELINGS」
{netabare}
37話目の公式のあらすじ
{netabare}
ある日ろくろが一通の手紙をもらう。
それは何とラブレターで、ろくろは繭良からのアドバイスもあり、送り主の女子生徒と会うことにする。
ろくろがどんな返事をするのか気になる繭良、そして紅緒だが……。
一方、龍黒点の一件は片付いたものの、今度は全国で相次いで陰陽師が失踪するなど、いまだ緊迫した状況が続く陰陽連では、さらなる大きな異変を察知。
これを止めるため、御影から十二天将に伝えられた方法とは?
{/netabare}

今日は作画もよくってキャラのまつげも長めの少女マンガっぽい絵で
ラブコメ回によく合ってたみたい^^

ラブレターを出したのは前にろくろがフラれた子で
この頃かっこよくなったてきたろくろに「付き合ってほしい」って^^

それでろくろは断って「オレは。。」って何か言いかけたところで
かくれてた繭良と紅緒が見つかっちゃってそのまま。。


「別に(わたしは気にならない)」って言いながら
のぞき見する紅緒がおかしかったw
それで、ろくろの「オレは。。」って言いかけたあとが気になってて。。


それから仲間といっしょに亮悟と遥さんの幼稚園デートをのぞき見に。。

何だか今日はのぞき見ばっかりみたいw
亮悟がプロポーズして遥さんがキスするところ見ちゃってドキドキw


それ見てろくろと紅緒はテレてたけど
帰り道2人は見つめあって。。キスしちゃう?って思ったけどちがかったw

紅緒がろくろのソデつまんで「聞きたい。。☆彡あのつづき。。」って
それで「オレは。。」って言いかけてこんどはシーンが変わっちゃったぁ。。


ラブコメ回だったけど
闇無が双星の2人をねらってさらった陰陽師の力を使って攻めてきてるの

十二天将たちは六壬神課(リクジンシンカ)で対抗しようってしてるけど
闇無はかんたんにはさせてくれないみたい。。大地震を起こしてきた!!

リアルでもあちこちで大地震とか起きてるしほんとにありそうでコワいね。。


今日はラブコメとシリアスのギャップがすごかった。。
{/netabare}

38話目「鳴神町最凶の日 NO WAY TO RUN, NO PLACE TO HIDE」
{netabare}
話目の公式のあらすじ
{netabare}
孤立した鳴神町に、巨大で禍々しいケガレが出現。焦りを隠せないろくろと紅緒だが、そんなふたりの前に闇無が現れる。闇無によると、自らが蓄えた呪力がなくならない限り、このケガレは何度でも再生するという。
鳴神町を救うため、ろくろと紅緒が星火寮の仲間とともに巨大ケガレに挑む!
一方、脅威の再生能力を持つ婆娑羅・山門に手を焼く十二天将の青龍(せいりゅう)・水度坂勘久郎(みとさか かんくろう)は、旧知の仲の玄武(げんぶ)・雲林院憲剛(うじい けんご)に協力を頼むことに。
{/netabare}

鳴神町だけが空に浮かんだのは闇無のせいで
600年前にもおんなじことしたみたい。。

そのときは十二天将が何とか助けたけど
村の人たちはみんな呪力をうばわれて死んでたって。。


今回は遊びでやってるみたいだけど
こんなすごい力を持った婆娑羅って本当にたおせるのかな?
600年もたったらもっと強くなってるって思うけど。。


あと、顔の作画はいつもとちがってたみたい
繭良が闇無につかまって苦しんでるところとか
顔が伸びちゃってた。。


今日はバトルばっかりでにゃんが書くことってあんまりなかったみたい
{/netabare}

39話目「慈愛の霊獣 DAUGHTER'S FIGHT! FATHER'S DELIGHT」
{netabare}
39話目の公式のあらすじ
{netabare}
巨大ケガレと戦う役目をろくろと紅緒に任せ、呪力を蓄えた球根部分を破壊しようと攻撃を続ける清弦と繭良。
そんな親子の前に、繭良の母・紫(ゆかり)を人質にとった闇無が現れた。
闇無から、父・清弦が陰陽連の暗殺集団「律(りつ)」のトップだったことを聞かされ、動揺しながらも、恐れることも嫌悪することもなく「お父さんが大好き!」と言う繭良。
その娘の言葉と姿に、清弦は、初めて最愛の妻・紫と出会ったときのことを思い出す――。
{/netabare}

今日のおはなしって清弦さんと奥さんのラブストーリーがメインで
それから繭良と清弦さんの親子のおはなし

それはよかったんだけど
バトルのとちゅうでサイドストーリ―が入るのって何だかちょっと。。
時間がなかったからかな?あんまり気もちも伝わってこなかったし。。


それで清弦さんの白虎をゆずってもらって繭良が勝って。。って

でも、闇無ははじめから2人を殺そうなんて思ってなかったみたいで
どっか行っちゃったし。。

何となくもったいない感じの回だった。。
{/netabare}

40話目「双星ときめく FINALY THEY KISSED?」
{netabare}
40話目の公式のあらすじ
{netabare}
巨大ケガレにトドメを刺すため、レゾナンスを駆使して戦うろくろと紅緒だが、強いダメージを与えてもすぐに再生するケガレに苦戦する。
一方、十二天将たちは、いまだ危機的状況にある鳴神町を目の前にしながら、
祓っても祓っても、キリなく襲いかかってくるケガレたちに阻まれて身動きがとれずにいた。
タイムリミットが迫る中、さすがに焦りを感じ始める十二天将たちだが……。
{/netabare}

今日はバトルばっかりだったけどいいバトル
ってゆうか双星の2人がデレながらバトルしてるところが良かった♪
作画もとってもよかった


とちゅうちょっとチートっぽいところもあったけど
2人がかばいあいながら仲よく言い合いしてるところも楽しかった☆
紅緒のツンデレももうほとんどツンがなくってデレデレになってたよねw


キスにジャマが入るかもってゆうのは思ってたけど
告白はしてほしかったな☆彡


鳴神町を落ちないように元にもどせたところはよかったけど
それって闇無のワナで
力を使いはたした十二天将たちが捕まっちゃった。。

これって2人だけで戦えってゆうこと!?
{/netabare}

41話目「十二天将、堕つ! HAVE A NICE NIGHTMARE,12GUARDIANS」
{netabare}
41話目の公式のあらすじ
{netabare}
十二天将の活躍もあり、何とか最悪の事態を回避することができた鳴神町。
ほっとするろくろと紅緒だったが、そんなふたりの前に闇無が現れる。
「これが始まりだ」と言う闇無の言葉を聞き驚愕するろくろと紅緒は、
闇無を追って禍野へと向かうが、たどり着いたのは
「天の御柱(あめ の みはしら」の枝が伸びる禍野の下層部。
そこでろくろと紅緒が見たのは?

さらにふたりは、因縁の相手である悠斗の姿を目にし……!?
{/netabare}

十二天将の呪力を吸ってもっと力をつけた闇無の目的は王になること!?

でも、鈩(タタラ)は式神だったから闇無の術がきかなかったみたい
反撃して崩壊の呪いをかけて紙にもどっちゃった。。

それで呪いをとくために悠斗の呪力を体ごと取り入れたんだけど
ぎゃくに悠斗に体を乗っ取られちゃった。。

ってゆうおはなしだったけど
十二天将を取り込んだ闇無を取り込んだ悠斗って最強じゃないの?

どうやったらたおせるのかな?
{/netabare}
故郷は禍野
SAY IT AIN'T SO,ROKURO!
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
雪辱を誓い、これまで厳しい修行と戦いを積み重ねてきたろくろと紅緒が再び悠斗に挑む!
以前にも増して磨きのかかったレゾナンス技と、息の合った連続攻撃を次々と
仕掛けるろくろと紅緒。
だがさらなる力を得た悠斗はその力を使って強力な結界に紅緒を閉じ込めると、それぞれふたりを追い詰めてゆく――。

必死の攻撃も通用せず苦戦を強いられる中、突如ろくろの身に異変が起き――!?
{/netabare}
感想
{netabare}

悠斗とろくろたちのバトル。。
悠斗は地下で眠っていた安倍晴明の呪力と記憶までうばったって。。


闇無の力を手に入れた悠斗に勝てないの分かってたけど
晴明の力まで持ったらもう双星の神子のほかに誰も勝てないんじゃない?

ってゆうか有馬さんが生きてるってにゃんは思ってたけど
ちょっと出てくるのおそかったんじゃないかな?

結界をなくすことはできたけど
悠斗をたおすなんて3人が力を合わせてもたぶんムリだから
もし悠斗が攻撃してきてたらそのままやられたんじゃない?


悠斗をたおすには
もう、双星の2人が早く神子を産むしかないんじゃないのかな?

作者のひとって悠斗のこと強くしすぎたみたい?
{/netabare}
{/netabare}
第43話「千年の夢 MELANCHOLIC MISANTHROPE」
{netabare}
公式のあらすじ
{netabare}
はるか昔――
人々が安らかに暮らせる世を願う安倍晴明は、人々を救う中で、
彼らが抱く怒りや憎しみ、嫉妬などが、この世に災いを為すと考えるようになった。
だがこれら「陰の気」は思いのほか強大なもので、
晴明は呪術によって「異界」を作り出し、「天の御柱」による結界の中に、
あふれ出す「陰の気」を封じ込めることにした。
だが人々が抱くそれらは増大し続けるばかりで……。

――今からおよそ千年前に誕生した「禍野」と、
それに対抗するため安倍晴明が仕掛けた壮大な計画、
そして、明かされたろくろの秘密とは!?
{/netabare}
感想
{netabare}

ろくろは「陰の気」をためこみ過ぎた人間たちを消すために生まれた破星王で
帰ってきた有馬さんは神子を早く生めばその力はなくなるとか言ってたけど
安倍晴明さんがろくろを用意したのって神子を生んで人間を助けるため?
それとも人間を消すため?

神子が生まれればろくろも人間を消せなくなるし
神子がけがれを祓ってくれるんだったらできることは1つだけだよねw


婆娑羅の珠洲がいいこと言ってた
「人間のときはやりたいことができたのに破星王になったらそれができない?」って

ろくろって紅緒が人間以外のものとむすばれるなんてダメ
って思ってるみたいだけど
ケガレだって人間から生まれたんだから人間なんじゃないかな?

はじめは人間の赤ちゃんだっていろいろ困らせるけど
大きくなったらいい人にも悠斗みたく悪い人にもなってく。。

ケガレだって大きくなって婆娑羅になったら
ちゃんと自分で考えて人間みたいに悩んだりするし
珠洲みたく人のこと助けてあげようって思う人もでてきたりする
ただ、やっぱり陰の気から生まれたから悪くなりやすいだけなのかも?


人間の悠斗と婆娑羅の珠洲とか24話の遊園地回のケガレ麗穏とくらべたら
人間かケガレかなんてどうでもいいみたい。。

ろくろってそう思わないのかな?
{/netabare}
{/netabare}

44話目「愛すれど遠く FAREWELL,MY PRECIOUS」
{netabare}
44話目の公式のあらすじ
{netabare}
決着がつかぬまま、悠斗との戦いを終えるしかなかったろくろと紅緒。紅緒は傷を癒すため休養していたが、戦いの最中、突如ろくろの身に起こった異変、悠斗が言った言葉がどうしても頭からはなれず、ひとり思い悩んでいた。

一方ろくろも、生まれたときに与えられた自分自身の役目について考える中、
ある決意をする。 そんなろくろと紅緒が、それぞれ思い悩んだ末に出した結論とは?
{/netabare}

にゃんは「双星の陰陽師」ってバトルがあんまりないほうがいいなぁって。。

テンプレでおもしろくないってゆう人もいるけど
ろくろと紅緒が出会っていっしょに戦いながら
ちょっとずつおたがいの気もちが分かるようになってきて好きになってく
そんなおはなしがいいんだって思う☆


今日のおはなしは
ろくろの正体がケガレだって言われて
ろくろと紅緒がそれぞれ悩んで答えを出すおはなしだったけど
先週はろくろで今週は紅緒の気もちがメインだったみたい。。

ケガしてほとんど動けなくって
なやんでご飯もあんまり食べれなくって
ろくろと話そうって思ったら逃げられちゃうし。。


それで初めてろくろと会った川に来て
いつもろくろがそばにいてくれたこと思い出して
ケガも治ってないのに訓練をはじめるの。。
ろくろとまた戦うために。。ろくろが好きだから。。

繭良ときなこの前でそんなこと言えるようになるなんて
紅緒の思いってホントに強くなってたんだね^^

でも、急にろくろが入ってきたら
「何でもないから! 今すぐ記憶から抹消して!しなさい!」ってw
またツンデレにもどっちゃった^^
はっきり言った方がよかったのに☆彡


繭良は気をきかせてきなこを連れて出てっちゃったけど
ろくろが言い出したのってコンビ解消!?

「離婚」ってゆう言葉がなんで出てきたか分からなかったけど
もしかしてろくろの中で紅緒ってもうお嫁さんだったのかも?

「足手まといだ」まで言われちゃって
なみだを流しながらたおれた紅緒の気もちがすっごい痛かった。。


でも、きっと紅緒も分かってるよね。。ろくろのホントの気もち。。
紅緒を守りたいから1人で悠斗と戦いに行くためだって!


アバンで有馬さんが言ってたけど
ろくろは安倍晴明が用意した「最強の陰の気のかたまり」って

ろくろは有馬さんに
「悠斗との戦いで万が一のことがあったらオレを殺してくれ!」
ってたのんでたけど

最強の陰の気のかたまりだから悠斗に勝てるかもだけど
そのままケガレになり切っちゃうかもしれないの?

紅緒はこのまま泣いてるだけのかな。。?


とっても重たい回だった。。
{/netabare}

 サンキュー(53)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。