「君の名は。(アニメ映画)」

総合得点
90.2
感想・評価
2240
棚に入れた
9728
ランキング
41
★★★★★ 4.1 (2240)
物語
4.1
作画
4.5
声優
4.0
音楽
4.2
キャラ
4.0

offingbook さんの感想・評価

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

君の名前を呼んでいる

2016年8月公開の長編アニメーション映画。新海誠監督作品。

東京で暮らす男子高校生・立花 瀧。都会に憧れる田舎の女子高校生・宮水 三葉。
出会うはずのない2人が、不思議な夢を通じて繋がっていく、恋と奇跡の物語。

最初に。アニメ作品、特に内容が凝縮されたアニメ映画はやっぱり、
全く何も知らないままに観た方が楽しめる、と自分は思っております。

以下の自分のレビューは、ネタバレはしていないつもりですが、
それでも自分のただの感想が、これから観る方の楽しみを
少しでも削ぐとしたら、それは自分の本意ではありません。
ネタバレ注意の側面も持つ作品なので、これから本作を観る予定の方は、
どうか、無理に自分のレビューも読まず、あまり作品についての情報も調べずに観る事をお薦めします。
その点を踏まえて、しかし自分のレビューも読んでもらえたら、それはやっぱり、とても嬉しいです。(笑)

最近の自分は、実はアニメに対する熱意も、レビューを書きたいという意欲も、かなり少なくなっていました。
今回試写会で観に行けた今作に対しても、実は最初はあまり、期待値が高くありませんでした。

しかしひとたび、新海誠監督の最新作『君の名は。』に触れると、
その物語に、その映像に、その登場人物に、その音楽に、そのすべてに、
今の自分の気持ち、全部が魅了され、強く強く惹き込まれてしまった。
観終わった時、「早く『君の名は。』のレビューが書きたい!」と思っている自分がいました。(笑)
素晴らしいという言葉では足りないほどに、素晴らしい作品に出逢えた
熱い気持ちが、幸福な高揚感が、いまだに収まりません。

新海誠監督の代名詞といえばやっぱり、現実よりも美しく、
そして観た後は現実の世界もより美しく感じるような、圧倒的な映像美。
もちろん『君の名は。』でも、その光と影の美麗な世界観が存分に発揮されています。
彩りと輝きに満ち溢れた一つ一つの場面。時に世界の豊かさを表すように、
時に登場人物の心情を表わすように描かれ、どの場面もとても印象に残っています。
キャラクターデザインに田中将賀氏を迎え入れた事で、作品への親しみやすさも一層増したように思います。

しかし自分は今回(語弊のある言い方になるけど)
実はこの映像美をあまり気にせずに映画に見入ってました。
美しい映像も、もちろん印象に残ったけれど、
何よりもそれ以上にこの『君の名は。』は、物語が本当に素晴らしかった。

これまでの新海作品以上にスケール大きく、エンターテインメント性もあって、
コミカルな面も増しつつも、実に丁寧に緻密に、そして繊細に織り成された物語。
でも作品の根底には新海誠監督が持つ切なさが流れていて。
最後まで夢中になって観る事が出来たし、
何度も胸が締め付けられる思いに駆られ、何度も涙が込み上げてきました。

偉そうな言い方になるのを覚悟の上で(笑)それでもずっと新海誠監督の世界に
魅了され続けているファンの一人として言えば、ここまでクオリティの高い物語を観れた事に驚きました。
その世界を、切実な想いを持って諦めずにまっすぐに歩む登場人物にも、
幾度も気持ちを揺り動かされました。
ある一定の層にだけではなく、大人から子供まで、性別も年代も問わず、
幅広い世代の方々の心を掴む作品になっていると思います。

と同時に、この『君の名は。』を最も楽しめるのは、
過去の新海作品に触れてきた、新海誠監督の深いファンだとも思っています。

何故なら『君の名は。』には、新海誠監督の過去の作品、
『ほしのこえ』『雲のむこう、約束の場所』
『秒速5センチメートル』『星を追う子ども』『言の葉の庭』等の、
遺伝子のような、断片のような、欠片のような、受け継がれてきたものが、
モチーフとして数多く描かれているからです。
過去の新海作品に触れてきた方なら、一目見たら分かる、多くの楽しみにきっと気付くはずです。
正直今の自分も、その辺りに関して、誰かと語り合いたい気持ちでいっぱいです。(笑)

そして音楽をロックバンド・RADWIMPSが担当。4曲の主題歌と22曲の劇伴が書き下ろされました。
作中のシーンの心情に寄り添った劇伴も、歓びや悲しみ、感情のピークに達した時に
鳴り響いた主題歌も、それぞれ名曲でした。間違いなくCD、買います。(笑)

主人公の瀧を演じた神木隆之介さんの芯を感じる声。
ヒロインの三葉を演じた上白石萌音さんの透明感のある声。
そして脇を固める豪華声優陣。声優、俳優の垣根関係なく、皆とても良かったです。

不思議な夢で繋がった少年と少女の物語。
思いきり楽しくて、でももどかしいほどに切なくて、
思いもよらない秘密も、壮大な奇跡も、胸を焦がすような恋も、すべて描かれた『君の名は。』

今までの新海誠監督の作品に触れた人にとっては、集大成として。
初めて新海誠監督の作品に触れる人にとっては、新境地として。

そして少年と少女の、不思議な夢で紡がれた、恋と奇跡の時間が終わりを迎える時。
醒めない夢のように、『君の名は。』という映画が、きっとあなたの心にも残るはずです。

星に手を伸ばすように、か細い糸と糸とが巡り合うように、
一人でも多くの人に、この映画が届けばいいなと、本当に、心から強く思います。

自分でも読み返すのが嫌になるくらい長々と書いたわりには、
あまり上手に作品の良さを書く事が出来ませんでした。(笑)
でもなんとなく今回は、長くなっても不格好になってもいいから、
初めてレビューを書いた時の、初期衝動のような気持ちで書いてみようと心掛けてみました。

こんなに長いレビューを最後まで読んでくれたあなたに、心から感謝します。ありがとう。

投稿 : 2016/08/26
閲覧 : 429
サンキュー:

68

君の名は。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
君の名は。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

offingbookが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ