「亜人(第2クール)(TVアニメ動画)」

総合得点
69.9
感想・評価
485
棚に入れた
2373
ランキング
1211
★★★★☆ 3.7 (485)
物語
3.9
作画
3.6
声優
3.8
音楽
3.5
キャラ
3.7
ネタバレ

STONE さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 4.5 音楽 : 3.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

その私的な行動原理

 原作は未読。
 分割2クールの後半で、当初は多少の違和感があったフルCGもここまで来るともはや味という
領域。
 原作が未完のため、この後半の多くはアニメオリジナル。多少の粗は感じられたし、海斗による
救出劇などは彼を活躍させるために無理矢理ねじ込んだ感があったりしたが、後半からは
クライマックスに向けてのスピード感が感じられ、それなりに盛り上がったんじゃないかと。

 主役の永井 圭の成長譚という側面の強い展開で、1期に較べて感情が豊かになった印象があるが、
成長しつつも語り方や態度は相変わらずで、その辺の変わりきっていない感じが結構好き。
 1期ではこの永井と対立関係にあった中野 攻が、本作では永井の相棒といったスタンスになって
いるが、永井とは正反対とも言えるキャラだけに逆に印象深い。とにかくいい味出しまくり。
 他も魅力的なキャラが登場するが、やはり敵である佐藤が魅力的で、えげつないことを本当に
楽しそうに行っていくその狂いっぷりが最高。これはキャストである大塚 芳忠氏の演技も
大きいように思えた。

 この亜人を巡る事件は日本を揺るがす、いや作品で描かれた範囲は日本、及び米軍だが、その
影響度や注目度は世界を揺るがすようなことだが、中心となって対峙する佐藤と永井はそれぞれ
「楽しく遊びたい」と「静かに暮らしたい」という至極個人的な行動原理で成り立っているところが
面白い。

2019/05/12

投稿 : 2019/05/12
閲覧 : 149
サンキュー:

3

亜人(第2クール)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
亜人(第2クール)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

STONEが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ