「アンドロイド・アナ MAICO 2010(TVアニメ動画)」

総合得点
60.9
感想・評価
16
棚に入れた
78
ランキング
3689
★★★★☆ 3.3 (16)
物語
3.2
作画
3.0
声優
3.5
音楽
3.3
キャラ
3.4
ネタバレ

お茶

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 3.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

大人のバカさ

CCサクラでお馴染みの丹下桜さんをアンドロイド役に、その通称MAICO(アンドロイド)にラジオ番組のアナウンサーとして活躍してもらい、ヒット番組を作ろうとする某日本放送の企画。おふざけやっちゃえ感覚で始まってしまったアニメであります。(設定)

単純にかなり楽しめました、はい。


面白くしようなんて微塵も考えていないような雰囲気が妙にそそりました。そもそも本番組に対してやる気があまりない社員ばかり。それなりの番組作りを長年してきた猛者ども、みたいな人達が、そのあまりある情熱を発散しきれず、会社の隅の追いやられたていで集められた、ダメ社員とダメ企画。もうなんにでもなれぇぇぇぇぇという境地の中で、長年のうっぷんを晴らすように、変に熱くなったり冷めていたりする感じ。こういうのたまんねぇ…。

その社員の立ち位置とかプライドとか境地とかじんわり心にきちゃうし、放送時期が90年代後半ってこともあって古い感じもまた良いし、MAICO萌え狙いだけじゃないのがまた良いですな。別にラジオ番組なんでMAICOだけが出演するんですけど、中身を考える話し合いの中で仮装してみたり、はたまた飲み会回になっちゃったりしたりとそんなんでございます。基本的にはそのうだうだの流れからラジオ本番でオチになったり、また逆もしかりでございます。

こんな面々ですが一つのことを一緒に制作してくると、仲間になると言うんですかねぇ 全然説得力がないのにドヤ顔で制作魂、人情魂みたいなのを発揮してくるから困ります。そんな人間達がこの企画に自信と誇りを持ち始めたら、向かうとこ敵無し状態です。ええカオスです。


maicoに関しては萌えですよ!アニメの中の通称ロボフェチなる民族入りするハメになりました。「声だけでイケるぜ!」とかもう本作関係無いアピールの仕方が、本作の雰囲気を物語ってまし。またmaicoの扱い方が序盤ゴミから、最終回では最高のラジオ番組を放送すべく採用した、最高のアンドロイドアナとか言う豹変ぷりw 放送30分前で大の大人が泣いてたり、天井ばかり見上げてたりして腐ってるかと思ったら、一本の電話で生き返ったようになったり、大人のバカ状態を楽しめる作品でした。私の中ではw

追記 ロボフェチについて{netabare} ~
どうでもいいですが、私の中で新しい何かが目覚めてしまったのですw
三か月も経たないくらいの記憶なんですが、どっかの雑誌かネットとかでAI萌え=ネオ萌えとか言ってるジャーナリストがいまして、それはまぁネオなのかもしれないなぁと…
ですがロボにも心あるような設定って、それこそアニメの鉄板というかお馴染みである気がするんですけど今回のアニメを見てこれまでのそれ、とは全然異なっていまして、

「プログラムされた機能の中で泣いています」とか言うんですけど、
それを「これでも私の中の全なんたらを駆使して頑張っているんですう。うるうる」
それで次には学習機能で「誰々さんにこう言われたからこう悲しい」みたいな進歩があるんです。

マジでそれがどうしたって話ですが、その進歩の中の動機が垣間見えたり、進歩自体にも心があるような見せ方をしていて、いのちの尊さ、芽吹きみたいなものと愛を感じまして、はいすみませんwwwこれがネオなんでしょうかww
{/netabare}

投稿 : 2017/03/23
閲覧 : 169
サンキュー:

16

アンドロイド・アナ MAICO 2010のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アンドロイド・アナ MAICO 2010のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

お茶が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ