チャラ面白い。東のエデン(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「東のエデン」

よみがな:ひがしのえでん

放送時期:2009年春アニメ(2009年4月~2009年6月)

★★★★☆ 3.9
物語:4.1 作画:3.9 声優:3.8 音楽:3.8 キャラ:3.8
総合得点 87.7
感想・評価 4158
棚に入れた人 19591
ランキング 69
2010年、日本各地に10発のミサイルが落下するテロが発生するが、奇跡的に1人の犠牲者も出なかった。
それから3ヵ月後、アメリカへ卒業旅行に出かけていた大学生・森美咲はワシントンD.C.を訪れホワイトハウスの前でトラブルに巻き込まれる。そこに記憶喪失となった日本人青年・滝沢朗が現れ、森美は難を逃れる。意気投合した2人は一緒に日本へ帰国することとなるが、その日東京へ11発目のミサイルが打ち込まれる。
その時、滝沢の携帯電話にジェイスと名乗る女性からの謎のメッセージが入る。(TVアニメ動画『東のエデン』のwikipedia・公式サイト等参照)

ルルさんの感想・評価

2017.05.17 19:27 ルルの評価 | 観終わった| 418が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: 東のエデン(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

チャラ面白い。

『100億円あげるから閉塞感漂う日本を正しい方向に導け。出来なかったら最後は殺すよ。という理不尽なゲームに強制的に参加させられた主人公の「滝沢朗」と他11名の物語』。 TVアニメ放送の全11話+「劇場版 I (82分)」 + 「 劇場版II (92分)」で完結。 原作・監督は、攻殻機動隊やねむり姫などを手掛けた言わずと知れた「神山健治」。 制作は、「Production I.G」。ジャンルは、サスペンスだと思います。


「100億円あげるから○○せよ」という設定が、なにかバラエティー番組の企画っぽかったのでこれまで観なかったのですが、実際に観てみると社会問題を取り扱ったメッセージ性のあるよく練られた作品だと思いましたね。ちなみに、総勢12名が強制的に参加させられるゲームの内容とは、「参加者12名をセレソンと呼び、それぞれに一人当たり100億円の電子マネーがチャージされた携帯電話が与えられる。12名はその100億円を何に使っても構わない。ただし、12名の中で日本を正しい方向に導けるのは一番最初に成し遂げた1名のみで、残りの11名は殺される。また、携帯ではジュイスと呼ばれるコンシェルジュと連絡を取る事ができ、願いを申請する事で叶えてもらえる」というのが大まかな主要ルールです。


ごめんなさい。どうしても主人公の滝沢君がキャラ的に好きになれませんでした。 何というか....チャラくて。第2話目で、滝沢君がヒロインのサキちゃんの顔の前でキザっぽく指を鳴らす(指パッチンする)シーンがあるのですが、それを観て「うぁぁチャラい」と思っちゃって、最後までそれを払拭出来ませんでした。大事ですよね~ リアルでもアニメでも第一印象って。


主人公の滝沢君は過去の記憶を自らで消去したという記憶喪失の設定なんですが、TVアニメ放送の全11話では、その消した過去を再び自身で追い求める事に焦点が当てられます。なぜ自らで消した過去を再び自らで取り戻そうとするのか?という事がずっと私の中盤での疑問でしたが、終盤できちんとその疑問に答えてくれていました。作品の中で生じた疑問を作品の中で解消してくれる。これは作品の良し悪しを決める1つのポイントではないかと思います。


この作品での私のお気に入りキャラは、広島カープファンで天才プログラマーで引きこもりの「板津 豊君」です。その後の劇場版でも彼は大活躍ですので、キーパーソン的なキャラである事は間違いないようです。中盤以降、板津君の登場やセレソン間での抗争の激化によってストーリーは一気に緊迫を増しますが、板津君の話すセリフはストーリーの背景を詳細に説明してくれいるので傾聴した方がよいかと思います。


作品の終盤はちょっと笑いました。最初ギャクかと思いましたよ。ネタばれになるのであまり詳しくは言えませんが、フ〇チンで〇〇〇がゾンビ化して裸祭です。いやいや服着てよっ!ってはなしです。


全11話を観終えたらその足で2つの劇場版です。そちらには私はレビューを書きませんがおススメですよ。続きがあるみたいな終わり方をしていたけれども、続きはいらない100億円ちょうだい。

 サンキュー(53)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。