「超・少年探偵団NEO(TVアニメ動画)」

総合得点
61.2
感想・評価
24
棚に入れた
103
ランキング
4827
★★★★☆ 3.2 (24)
物語
3.0
作画
3.3
声優
3.5
音楽
3.2
キャラ
3.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

ダレイオス さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.9
物語 : 2.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

面白くなくて苦笑いすることが殆だった・・・

本編は3分程度のショートアニメで
江戸川乱歩の小説「少年探偵団」を原案にしたものらしい。
個人的には「少年探偵団」は読んだことがなくて全然知らないので
原作と比べることは出来ないので
まったく原作を知らない人が見た感想になります。

舞台は2117年で22世紀前半を舞台にしたものとなっていて
小林少年や明智探偵などが出てきて
明智は探偵で小林少年がその弟子
敵は怪人二十面相ということで
江戸川乱歩を原案にしたキャラならお馴染みのキャラ設定だと思う。
(自分は原作は知らないですが原案にした作品は知ってるのでお馴染みなのはわかりました。)
作風はギャグコメディーで進みますね。
ギャグのネタは子供向けで体を張ったものから
勢いで突っ走るものが多かったですね。
ネタについては、1話から意味がわからないものが多く
チョット考えると、どういうことなのか?と思うけど
勢いがあるので細かいことを気にしなければ笑えるんじゃないかなと思った。
ただ、気にしだすとギャグのネタは意味はわからないので面白くないなと気付いてしまう
要するに考えるな!系のギャグコメディ

3話の時点でメタ発言やこのアニメ会社自虐ネタ
作画ネタをやりだしてアニメという媒体で遊びだすので
チョット付いていけなさがありましたね。
それに見た限りオタク向けの作風のアニメでもないのでそういうネタは外している気がしました。
怪人二十面相はコメディー要員の一員なのでチョット情けないシーンは多かったな
愛人の女性に尻に敷かれる感じをコメディーにしていてそこそこは楽しめました。
オチは寒いシーンや弱いことが多く、1話1話終わっても笑えそうなネタは少なかったな
どっちらかといえば苦笑いすることが殆どでした。
特に6話のセミの回はチョット色々無理があるんじゃないかな?と思った。
など、どうも無理やりなネタが多くて内容を理解して楽しむには少々キツイな
正直ネタはすべっていたのではないかと思う。

終盤は一応まとめに入っていて伏線を回収したり
明智探偵の秘密など色々わかってくることにより楽しめなくはないのだけど
怪人二十面相がメタ的なツッコミで「雑だろ」と文句言ってたように
その通りで強引さがありましたね。
ギャグにして誤魔化してはいたけど雑な内容だったと思う。
なので終わってみて良かったなと思えるにはショートアニメと考えてもキツかった。
最後まで見ると3話て何のためにあったんだろうなと考えさせられる
暴走もあったりで、うーんもうチョットネタはやりたいことをするのではなくて
全体のテーマを決めてやってほしかったな

キャラはショートアニメとしては個性が出ていたので
クセが強かった以外は悪くなかったとは思います。

作画についてはキャラクターデザインは単純で子供向けだなと思いました。
顔の表情なんかはギャグぽい演出が多いのでギャグアニメの作画だなと思いました。
キャラのカラーリングは髪の毛や服装の色をそろえていて
緑や青やピンクで蛍光色気味なのでハデさがありインパクト重視だったですね。
あまりみない作風の作画なので評価は難しいですが
少なくても悪くはなかったと思います。ただ良かったかとなると
結構悩む所かな結構クセが強いので・・・

声優さんについては演技指導がそうなのかもしれないけど、大声で叫ぶシーンが
多くてクセ強かったですね。そういう役のなので演技力が悪いとかではないのだけど
チョット引っかかりましたね。それが引っかかった以外は喋りはしっかりしていたし
声質も合っていた方が多くて基本的には問題はありませんでした。

まとめると、ギャグのネタはあまり面白くなくて
細かいことを気にするな系の勢い任せのギャグコメディーでしたね。
個人的には苦笑いすることが殆だった・・・

投稿 : 2017/09/05
閲覧 : 196
サンキュー:

4

超・少年探偵団NEOのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
超・少年探偵団NEOのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ダレイオスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ