やっと本領発揮!?STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]」

よみがな:しゅたいんずげーとぜろ

放送時期:2018年春アニメ(2018年4月〜)

★★★★☆ 3.9
物語:3.9 作画:3.9 声優:4.0 音楽:3.9 キャラ:4.0
総合得点 72.2
感想・評価 678
棚に入れた人 2994
ランキング 498
いくつもの世界線を巡り、様々な可能性を“なかったこと”にしながら、大切な人たちを守ろうと足掻き続けてきた岡部。その果てに辿り着いたのは“紅莉栖とまゆりのどちらを見殺しにするか”という、ふたつの選択肢だった。苦悩と煩悶の末、岡部は「β世界線」――紅莉栖が自分以外のラボメンと出会わないまま死ぬという運命を選択する。
そして、紅莉栖の死から4ヶ月が経った。再び大学に通い始めた岡部は、真面目に授業に出席し、テニスサークルの合コンに参加するなど、平凡な日常に埋没していく。それでも心の傷は癒しきれず、ラボへ顔を出す機会も減っていった。β世界線上の未来からやってきた鈴羽は、第三次世界大戦が勃発する運命を変えようと岡部を説得。しかし、彼は「世界線の改変は、人間が手を出していい領域ではない」と、運命への介入を否定する。岡部の中で、いつしか白衣をまとったマッドサイエンティスト「鳳凰院凶真」の顔は失われていった。
そんな折、岡部は秋葉原でヴィクトル・コンドリア大のレスキネン教授が主催する、人工知能に関するセミナーに出席する。ふとしたことから、レスキネン教授の助手である比屋定真帆と知り合い、壇上に上がった彼女のスピーチを聴く岡部。その内容は、「人の記憶をデータ化して保存する」という、かつて紅莉栖が提唱した理論と同様のものだった。真帆やレスキネンのチームはその理論をさらに推し進め、人の記憶と感情、そして心を持つ人工知能「アマデウス」を構築していた。(TVアニメ動画『STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ]』のwikipedia・公式サイト等参照)

WR333さんの感想・評価

ネタバレ
2018.09.14 22:09 WR333の評価 | 今観てる| 40が閲覧 ★★★☆☆ 3.4 評価対象: STEINS;GATE 0 [シュタインズ・ゲート・ゼロ](TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 3.0  声優 : 3.0  音楽 : 3.0  キャラ : 5.0

やっと本領発揮!?

いやぁ~、2ndシーズン堪えに堪え… 21話目で(私の心の中の)シュタインズ・ゲートが開きました。 堪えて、堪えて、堪えて、観て来た甲斐があったと言うモノです。

作品の納まりとしては、サブルーチンは必要なかったと強く思いますが…
収束地を約束されたサブルーチンだからこそ、焦らず描ける世界観もあったのかも知れません。

残り数話に、爆発的感動を期待します。

イケメン・ダル、声優さんを含め、最初から全てがココに至る伏線だったのならスゴイ。 よって、キャラ以外は標準点としても、キャラは本シーズン21話を観たら、満点出さない訳には… (笑

 サンキュー(4)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。