コミカルだけど真面目で暑苦しい、オリジナルロボットアニメプラネット・ウィズ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「プラネット・ウィズ」

よみがな:ぷらねっとうぃず

放送時期:2018年夏アニメ(2018年7月〜)

★★★★☆ 3.7
物語:3.7 作画:3.6 声優:3.7 音楽:3.6 キャラ:3.7
総合得点 63.5
感想・評価 185
棚に入れた人 571
ランキング 2246
「おれは、おれが味方したい人達の味方だ。そんだけだ!」
過去の記憶を失いながらも、平穏に暮らしていた高校生・黒井宗矢。だがある日、
世界は謎の巨大兵器「ネビュラウェポン」に突如襲われる。
猫のような姿をした「先生」とゴスロリ姿の銀子と共に、宗矢は戦いに巻き込まれる
ことになったが_________なんと相手は人類を護る7人のヒーローの方だった!
宗矢の記憶に隠された戦う理由とは?

気鋭の漫画家・水上悟志が贈るオリジナルアニメーション、ここに開幕!(TVアニメ動画『プラネット・ウィズ』のwikipedia・公式サイト等参照)

シャベール大佐さんの感想・評価

2018.10.11 21:10 シャベール大佐の評価 | 観終わった| 66が閲覧 ★★★☆☆ 3.7 評価対象: プラネット・ウィズ(TVアニメ動画) 物語 : 3.0  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 4.0  キャラ : 3.5

コミカルだけど真面目で暑苦しい、オリジナルロボットアニメ

パッと見は少年向けっぽい雰囲気のオリジナルロボットアニメ。全12話。
絵柄やキャラなどには、ちょっとふざけた印象もありますが、内容は意外と熱血で古風な王道ロボットアニメという感じ。設定やストーリーも結構しっかりしていて悪くなかったですが、個人的にはちょっとテーマが真面目すぎという気もしてあまり好みに嵌らず、むしろコミカルな部分のほうに魅力を感じて眺めていました。先生の「うにゃ」を銀子が「~と先生は仰っている」と通訳するやり取りは声も含めて結構好きでしたし、ロボットの漫画っぽいデザインも素直にかっこいいと思いました。必殺技の名前を叫びながらパンチするような暑苦しい戦闘スタイルも嫌いではなかったです。
作画は綺麗。音楽は、EDやBGMなど、熱い作風に合っていました。
最後まで観終わって、作品としての出来は悪くなかったように思います。正統派のロボットアニメが好きな人には楽しめる作品ではないでしょうか。

 サンキュー(14)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。