「劇場版 新機動戦記ガンダムW[ウィング] ENDLESS WALTZ 特別編(アニメ映画)」

総合得点
69.8
感想・評価
142
棚に入れた
1071
ランキング
1377
★★★★☆ 3.8 (142)
物語
3.7
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

つぶあん さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

ガンダムWの続編OVAの再編集劇場版

新機動戦記ガンダムWから1年後の世界の物語です。

OVAを再編集し、新作カットも加えられているので、
戦闘シーンなどもこちらのほうが綺麗です。
本編から5体のガンダムのMSデザインは変更されています。
賛否あるようですが、ウイングゼロのデザイン大好きです。

この作品のMSの戦闘シーン、ぬるぬる動きます。
CGを使わずにこの動きは見事としか言えませんね。

この作品のテーマ、エンドレスワルツ
戦争→平和→革命 そしてまた戦争に戻る。
人類はこの3拍子(ワルツ)を繰り返すことを止められない。
その円舞を止めることが主題となっています。

この作品のなかで、特に印象的なのがこのシーンでした。

戦争がなくなってなお、武器を捨てようとしない人類に怒り、
戦いのない時代の戦士の在り方をヒイロに問う五飛。
「俺と貴様は同類だ!戦場でしか、己の存在意義を見出すことが出来んのだ!!」
それに対し、過去の悲劇を嘆き、戦争を終わりにしたいヒイロのセリフ。
「五飛、教えてくれ。俺達はあと何人殺せばいい?」
このセリフで五飛はヒイロに攻撃出来なくなってしまう。

このシーンがこの作品をすべて物語っているのではないでしょうか。


Wという作品ですが、本編ではガンダムが他のMSと一線を画す性能を持ち、
ガンダムだけで世界中のMSと敵対する構図となっています。
00と同じですね。
00が好きな方は本編含めて一度見てはいかがでしょうか。

投稿 : 2018/10/29
閲覧 : 226
サンキュー:

6

劇場版 新機動戦記ガンダムW[ウィング] ENDLESS WALTZ 特別編のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版 新機動戦記ガンダムW[ウィング] ENDLESS WALTZ 特別編のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

つぶあんが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ