「異能バトルは日常系のなかで(TVアニメ動画)」

総合得点
73.1
感想・評価
1255
棚に入れた
7596
ランキング
654
★★★★☆ 3.6 (1255)
物語
3.4
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8
ネタバレ

タパス

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

ラブコメ×異能バトル

個人的には大好きな作品ですが好みが分かれそうな作品でもありました。

まず採算言われてますけど微タイトル詐欺でした。日常系を匂わせるタイトルで実際は「ラブコメ×異能バトル」です。というかラブコメパートが主軸で、原作者はこういうのを描きたいんだなと感じました。物語の広がりを作るために異能バトル要素を入れてる印象でした。

「ラブコメだろ!」って書いてしまいましたが日常パートの会話劇はテンポが良くて非常に面白かったです。全話視聴した後に前半を見返したのですが、面白い脚本の中でしっかりキャラの個性を出していて緻密さを感じました。
ツンデレしながら灯代が地味に寿来のことが気になっていたり、鳩子が厨二病を上手く理解できていない描写を会話の中で自然に面白おかしく描いています。

キャラクターについてですが全体的に人気が出そうなツンデレやロリ、お姉さんを抑えていて抜け目ないなと感じました。特に鳩子が良かったです。サブヒロインに鳩子という魅力的なキャラを据えることで恋愛要素に深みを出してる印象でした(リゼロ等の手法に近い)。
※これは僕が個人的に鳩子が好きだからこう写ってるのかも知れません。

あと設定について、基本ハーレムものは何の理由もなく主人公がモテモテな場合が多いですが、寿来がハーレムを築いているのは彼が彼なりに考えて適切なタイミングに優しい言葉をかけているからだと思うんですけど、寿来とみんなの関係性を細かく描かれていたので寿来を好きになる理由を丁寧に説明してくれてるようで納得できました。
また、寿来たちはいきなり異能力を手に入れます。日常系なので細かい理由とかは省かれるのかと思ってましたが、裏で精霊戦争をしておりしっかり設定が作られてる印象でした。
ご都合主義っちゃご都合主義なんですが特別飛躍せずに納得できる部分が多くて物語に入り込めました。

タイトル詐欺と書きましたが日常パートと精霊戦争パートを分けている意味合いを込めているならこのタイトルで間違いないかなと思いました(というかそういう意味合いですよね)。だったら精霊戦争パートになったときにタイトルは回収されていたんですね。

まとめるとキャラの魅力的なハーレムラブコメ、時々異能力バトルでした。

投稿 : 2018/12/13
閲覧 : 125
サンキュー:

2

異能バトルは日常系のなかでのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
異能バトルは日常系のなかでのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

タパスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ