「劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第二章(アニメ映画)」

総合得点
81.7
感想・評価
151
棚に入れた
709
ランキング
249
★★★★★ 4.2 (151)
物語
4.2
作画
4.5
声優
4.2
音楽
4.1
キャラ
4.2
ネタバレ

金麦

★★★★★ 5.0
物語 : 5.0 作画 : 5.0 声優 : 5.0 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

非常に完成度の高い作品!

 まず私は、一通りアニメシリーズを見ただけで
「Fate」シリーズに対する理解度もそこまで高くないです。
しかし、この作品を劇場で見て非常に衝撃を受けたので
拙い文章ですが、簡単に見た感想を書いておきます。

 第二章のテーマは舞台挨拶の須藤監督曰く「選択」との事。
第二章の最後に四郎がとある選択をするまでの過程を描いたのが今回の主な話です。(これは舞台挨拶で聞いた話)

 次に、作画については、期待を裏切らない流石の出来だった。
戦闘シーンや、雪の降った街の背景etc
色々あるのですが
特に力が入っていたのが、やっぱり桜の作画でしたね。
(ちなみに「これ年齢制限無くて大丈夫なの?」と言いたくなるようなHなシーンやグロいシーンもあるので、苦手な方は注意。)

 次に、音楽ですが、
主題歌がAimerさんの「I beg you」作詞、作曲は梶浦由紀さんです。
この歌は桜の心情を色濃く描いている物になっています。
(ちなみに歌詞がネタバレを含んでいるので未試聴の方は注意)
 劇伴も音楽がかかるタイミングバッチリでした。
ちなみに主題歌のアレンジバージョンもあります。
 


 さて、下に個人的に第二章で印象に残っていた所を書いていきます。

・四郎と桜の心理描写が非常に丁寧で、特に雨の中での2人の会話のシーンは、
作画の凄まじさも相まって鳥肌が立ってしまうほどだった。
(このシーンの作画は必見!)

・他のルートではあまり描写されなかった慎二の内面が描写されていたので、今まで嫌な奴だと思っていた慎二の心情を少し理解できたのも良かった。

・そして(多分)他のルートでは明かされてない桜の正体についてはもう……
言葉を失いましたね。
予想の遥か斜め上を行ってましたよ。
劇場で放心状態になったのは初めてです。

・もうロリコンでイリヤ


 以上です。解りにくい文章で申し訳ない。

投稿 : 2019/01/12
閲覧 : 80
サンキュー:

2

劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第二章のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
劇場版『Fate/stay night Heaven’s Feel』 第二章のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

金麦が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ