「スパイダーマン:スパイダーバース(アニメ映画)」

総合得点
78.2
感想・評価
33
棚に入れた
173
ランキング
382
★★★★★ 4.3 (33)
物語
4.1
作画
4.7
声優
4.2
音楽
4.2
キャラ
4.3
ネタバレ

根越 詠汰

★★★★★ 4.5
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

まったく新しいスパイダーマン

 字幕版、吹替版を見たです。吹替版の時折出た漫画のようなふきだしが印象的だったです。今回は、吹替版のほうが馴染みやすかったです。

 実写映画のスパイダーマンは知っているけど、今作や漫画は知らなかったです。かなり昔幼いころ、実写に巨大ロボットに乗るのもいた記憶があるです。スパイダーマンも色々だなぁと思う今作だったです。ピーター・パーカーなんてこれを見るまで、よくわからなかったです。

 スパイダーマンが、5人と一匹、考えたことも見たこともなかったです。コスチュームも違うし、スパイダーマンに似つかないロボットに乗る少女だとか、豚がスパイダーマンと呼べるのか?疑問に思ったです。CGと若干そうでないのの融合なアニメだったです。

 今作の主人公は、アフリカ系の少年マイルス。両親、叔父さんに愛される少年が、スパイダーマンとして成長するお話です。

 能力を認識し始めたマイルスが、悪い奴と戦っていたスパイダーマン(ピーター・パーカー)に使命を託されたです。その後、別の次元から来たピーター・B・パーカーと出会い、協力?していく先で、スパイダーマンが増える展開です。目的は、元の世界に帰ること、次に託された使命を果たすことという感じです。

{netabare} マイルスが、アーロンおじさんから教わったショルダータッチ「ヘ~イ」。これが、後半で大きな役割を果たすことになるです。{/netabare}


 敵のアジトに潜入するシーン、バトルシーン、スパイダーマン達との別れ、使命の達成、演出が良かったです。

 マイルスの成長、スパイダーマン達との団結、子を思う親の姿の詰まった見ごたえのあるアニメだったです。

 

投稿 : 2019/03/11
閲覧 : 69
サンキュー:

5

スパイダーマン:スパイダーバースのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
スパイダーマン:スパイダーバースのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

根越 詠汰が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ