「スパイダーマン:スパイダーバース(アニメ映画)」

総合得点
78.5
感想・評価
32
棚に入れた
147
ランキング
365
★★★★★ 4.3 (32)
物語
4.1
作画
4.8
声優
4.3
音楽
4.2
キャラ
4.3

gazabata

★★★★★ 4.1
物語 : 3.5 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

波乗り電車乗り

近年スパイダーマン映画だらけの中でまた新しいスパイダーマンの映画を作るのは正当化されるだろうか。一般の方はもうスパイダーマンに飽きてきているのではないだろうか。この映画が公開される前はこのような話がされていたが今はそんなことを言っている人は一人もいない。その事実だけを理由にこの映画にある程度の価値と評価を与えても良いと思う。

ストーリー:
結構良い。まあまあ良い。
まず主人公達の扱い方が結構上手だったかなと思う。主にマイルズとピーターが良かった。スパーダーマン映画で大切だと思うのがヒーローの自分と普段の自分の問題が入り混じって反響しあうところだと思う。(他のスーパーヒーロー映画でもやってほしいがなかなかやってくれない)この映画はそれを上手にできている。
ちょっとストーリーに穴があったような気がした。ただ単に自分がアホなだけかもしれないが訳が分からないというか、都合が良いというか。まあ子供用のアニメーション映画だから気にすんなと言ってしまえばいいのかもしれないが気になったものは仕方がない。

キャラクター:
さっきも言った通り主人公の扱いはとても良い。良いと逆に言うことがあまりない。
残念ながら主人公の扱いとは反してわき役の扱いが雑で仕方がない。目的も微妙だし、キャラも微妙だし、台詞までが薄っぺらい。わき役だから仕方がないのは分かるが個人的には雑すぎた。
もう一つ嫌だったのがこの映画が(ストーリーの統一性のためか知らないが)キャラを殺しすぎるところだった。重要なキャラではないがそれでもキルカウントが高すぎるだろ。(特に子供向けの映画にしては)それも殺し方が雑というか、どうでも良いというか、例えるなら子供が主人公の冒険映画で毎回両親が死んでいるみたいな、そのキャラの死に対する圧倒的無関心が気になった。そしてもっとひどいのが映画の中で一回誰かが死んでいるのを冗談のネタのようなものにしていて少し嫌だった。ただ、こんな文句を言っているのはおそらく自分だけなのでたいした問題ではないと思う。

アニメーション:
文句なしにこの映画の一番良いところ。クオリティが高すぎる。素敵すぎる。色使いから何からもうすごく良い。スタイリッシュでもう...素敵。
最後の電車シーンとかすごかった。
アニメーションが好きならこれは絶対に見なければ。

波乗り:
最後にどうでも良い文句を一つだけ。
個人的にこの映画はぎりぎりうっとおしくなかった。うっとおしくないなら良いではないかと言われればもちろんそうなのだがもう少し話を聞いてほしい。
これは説明が難しいので訳の分からないたとえ話で説明を試みる。
映画をサーフィンに例える。そうした場合、理想的な映画は奇麗に波乗りをしているサーファーだ。そこでこの映画をサーファーにした場合、どうなるか、個人的には時々ふらついているサーファーだ。もう少しで落ちそう(うとおしくなりそう)なことが何度かあった。主にキャラの台詞とかジョークとかがそうだった。たまにアニメーションが派手すぎて危ないこともあった。(これは派手さと編集と色と全部が少しやりすぎかもという感じ)あとシーンが10秒長ければうっとおしくなっていたかも、とまあそんな感じだ。実際うっとおしく感じたわけではないので文句を言うのは間違いかもしれないが、なんだかそうふらつかれるとちょっとヒヤッとする。
ただこれもこんなことを言っている人は他にはいないので自分が考えすぎているのではないかと思う。

まとめ:
主人公とアニメーションがとにかく良い映画。総合的に見ればとてもよくできている。こんな独創的な映画がもっと出てくると良いなと思う。

点数:7/10

投稿 : 2019/03/17
閲覧 : 67
サンキュー:

4

スパイダーマン:スパイダーバースのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
スパイダーマン:スパイダーバースのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

gazabataが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ