これから私は、自分自身が求めるもののために戦う。ソードアート・オンライン アリシゼーション(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ソードアート・オンライン アリシゼーション」

よみがな:そーどあーとおんらいんありしぜーしょん

放送時期:2018年秋アニメ(2018年10月〜)

★★★★☆ 3.7
物語:3.6 作画:3.9 声優:3.8 音楽:3.8 キャラ:3.7
総合得点 68.0
感想・評価 468
棚に入れた人 2457
ランキング 972
「ここは……どこだ……?」
気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。
ログイン直前の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。

そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。
「僕の名前はユージオ。よろしく、キリト君」
少年は、仮想世界の住人――《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。

ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。
それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出――本来、あるはずのない記憶。
更にその想い出には、ユージオともう一人、金色の髪を持つ少女の姿があった。
名前は、アリス。
絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――。(TVアニメ動画『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のwikipedia・公式サイト等参照)

Ka-ZZ(★)さんの感想・評価

2019.04.15 12:17 Ka-ZZ(★)の評価 | 観終わった| 147が閲覧 ★★★★☆ 4.3 評価対象: ソードアート・オンライン アリシゼーション(TVアニメ動画) 物語 : 4.0  作画 : 4.5  声優 : 4.5  音楽 : 4.5  キャラ : 4.0

これから私は、自分自身が求めるもののために戦う。

この作品の原作ノベルは未読です。
原作を読んだ友人から、このアリシゼーション編は超大作と聞いていたので、4クールで放送されるのを知った時には嬉しくて堪りませんでした。
販促作品と呼ばれるアニメが横行する中、あのSAOが4クールもの作品を制作してくれるなんて…
SAOファンの方ならきっと胸が昂ったことと思います。
かく言う私もその一人ですけれど…

アニメーション制作はA-1 Picturesさん。
この作品に向けられた情熱と迸る気合いが1話目からビンビンに伝わってきます。
「洗練されたアニメーション」とは、きっとこういう作品を指すんだと思います。
キャラデザ、背景、SE、そして動きのディテールまで拘りが感じられる…
「とんでもない作品が現れた…」
が1話目に対する私の素直な印象です。

ですが、視聴を進めていくうちに違和感を感じるようになりました…
全てにおいて調和が取れたある意味完璧な作品であるはずなのに…
と思っていましたが、ようやく自分自身の答えに辿り着きました。

所どころ物語にテンポの良くない部分が混じっているんです。
アニメーションを構成する要素は高いクオリティが維持され続けています。
…だからなのかもしれません。

普通の作品だったらきっと気付かなかったと思います。
完璧で…不出来な要素が皆無であるからこそ、些細な違和感が誇張して感じられる…
あくまで私見ですが…
脚本に原作者が入るのは諸刃の剣…なのかもしれません。

原作者が脚本に加わるのは悪いことではないと思います。
文字だけでは読み解けない原作者の深い思いに触れて作品の深みが増すなど、メリットが計り知れません。
但し、原作を深く知るほど忠実であろうとした結果、作品の持つ独特のテンポに水を差すこともきっとゼロじゃないんだと思います。

今回感じた違和感は、それが原因…だけとは決して思いません。
もしかしたら、2期に通じる布石なのかもしれませんけれど…
でもこれを多めに差し引いたとしても魅力溢れる作品です。


「ここは…どこだ…?」

気付けばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。
ログイン直後の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。

そして漆黒の巨木(ギガスシダー)のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。

「僕の名前はユージオ、よろしくキリト君」

少年は仮想世界の住人…NPCにもかかわらず、人間と同じ(感情の豊かさを持ち合わせていた。

ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。
そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。

それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る思い出…本来、あるはずのない記憶。
更にその想い出には、ユージオともう一人、金髪の髪を持つ少女の姿があった。

名前はアリス。

絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前…。


公式HPのIntroductionを引用させて頂きました。
恥ずかしながら、これを見たのは今回が初めてだったのですが、打ち込みながら自分の記憶が鮮明に蘇ってくるのが分かります。
前半2クールが終わって少し時間が経ったからでしょう…
この作品に対する熱が若干冷めかかっていましたが、これで一気に滾った気がしました。

幼い日のアリス…可愛らしさが半端無いんですけどっ…
しかもアリスを演じるのはかやのん…
まぁ、この時点で半端無いのは確定なんですけれども…

前半2クールでは、キルトがフルダイブした仮想世界…アンダーワールドでの物語が描かれています。
どうしてキリトがフルダイブしているのか…アンダーワールドと現実世界の接点はどうなっているのか…
この辺りの設定は本編で確認するとしましょう…と言っても、現時点で全てが解明されている訳では無く、まだ多くの謎が残されています。

ただ現時点で言えるのは、キリトとユージオの前に立ちはだかる障壁は険しく、簡単に前に進ませて貰えない困難な道が広がっていたことです。
ユージオと一緒じゃなかったら…キリト一人では乗り越えられなかった壁もあったと思います。

キリトの剣技が凄まじいのは周知の事実ですが、ユージオは最初木こりだったんです。
しかも切り倒すのがほぼ不可能と言われている「ギガスシダーの刻み手」だったんです。
毎日斧を振り続けても切り口が一向に進まないギガスシダー…

でもユージオは刻み手で一生を終わる訳にはいかない理由がありました。
時間の経過がユージオの胸を圧し潰していく…
後悔を後悔のままで終わらせたくない…

だからユージオ…めちゃくちゃ頑張ったんですよ。
ユージオが対峙するのはギガスシダーだけじゃありません。
自らの本懐を遂げるべく己の心と剣技も磨き上げる必要があったんです。
二人がどの様な道を辿ってきたのか…是非本編でご覧頂きたいと思います。

ところで金髪の少女アリスは…?

確かに彼女は登場します。
二人が目指した高みのその先で…でしたけれど。
凡そ私が想像した出会いとはかけ離れていましたけれど…
でも、ユージオはアリスとの再会をどれほど待ちわびていたか、言動の節々から痛いほど伝わってくるんです。

二人は高みを目指す必要がありました。
そこにこれまで追い求めていたモノがあったから…
でも、それが何をも厭わない代償が必要だったとは思いませんでしたけれど…

たくさんの覚悟を見ました。
剣士としてかくありたい…その覚悟だけが身体を支え、剣を振るう闘志全部に変えて二人と対峙する剣士はみんな凜としていました。

二人を守る優しさと雄姿をたくさん見ました。
今立っていられるのは、たくさんの生命を犠牲にしてきたから…
でも、できるなら…救える命は全部拾いたいじゃないですか。
必死に手を伸ばしたんですけどね…
あとちょっとが届かないのが悔しくて仕方ありません。

4クールの壮大なSAOの物語の前半戦…
時間をかけた分だけ見返りの貰える作品です。
気になる方は是非本編でご確認頂ければと思います。

オープニングテーマは、LiSAさんの「ADAMAS」と、ASCAさんの「RESISTER」
エンディングテーマは、藍井エイルさんの「アイリス」と、ReoNaさんの「forget-me-not」
完璧な作品には、完璧な楽曲が求められる…
そんな宿命をものともしない4曲でした。

2クール全24話の物語でした。
途中、所どころでテンポの悪さを感じたのは否めませんが、秋からの後半クールが楽しみである点については一点の曇りもありません。
これは秋が待ち遠しいですね♪

 サンキュー(25)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。