見る意味のある作品ケムリクサ(TVアニメ動画)

名作アニメを観たいなら、「さがす」より「登録」した方が圧倒的に速い!⇛あにこれβ会員登録(無料)

「ケムリクサ」

よみがな:けむりくさ

放送時期:2019年冬アニメ(2019年1月〜)

★★★★☆ 3.6
物語:3.8 作画:3.4 声優:3.7 音楽:3.7 キャラ:3.7
総合得点 63.9
感想・評価 262
棚に入れた人 706
ランキング 2152
赤い霧に包まれた、荒廃した建造物に囲まれた人気の無い世界を舞台に3人の姉妹が生き抜く物語。物語の中心的人物でまとめ髪の特徴的なりん、猫耳でいつもおっとりしているお姉さんキャラのりつ、メイド調の服に身を包み天真爛漫なムードメーカーりな。謎多き世界でこの姉妹が目指すものは一体…(TVアニメ動画『ケムリクサ』のwikipedia・公式サイト等参照)

oxPGx85958さんの感想・評価

2019.04.16 11:51 oxPGx85958の評価 | 観終わった| 75が閲覧 ★★★☆☆ 3.8 評価対象: ケムリクサ(TVアニメ動画) 物語 : 4.5  作画 : 4.0  声優 : 4.0  音楽 : 3.0  キャラ : 3.5

見る意味のある作品

見る意味のある作品

2017年のベストが『少女終末旅行』で2位が『けものフレンズ』だった私にとっては夢のような作品、ということになるかもしれなかったのだけど、その期待が完全に満たされたかというと微妙、とはいっても、見る意味は絶対にある作品でした。

監督のたつきという人が「作家」であること、そして『けものフレンズ』の良かった点の多くがこの人に由来していたことが再確認できました。

『少女終末旅行』にあるような気取った美意識がこの人にはない、ということもよくわかりました。これは欠点であるかもしれないし、逆に美点かもしれない。受け手によるし、その作品にもよるでしょう。

『少女終末旅行』の最終話での種明かしが作品全体をスポイルしてしまったように思えたのとは対照的に、『ケムリクサ』の終盤での種明かしは物語にストレートに貢献していて、非常にパワフルでした。それに向けての物語の構築も、『けものフレンズ』のときと同様に、とても巧妙でした。たつきという人は物語の王道に真っ向から取り組もうとしてる、ということがこの2作でよくわかりました。

作中に登場するギミックのSF的なセンス・オブ・ワンダーも『けものフレンズ』と同じ。小道具にせよ風景にせよ、息を呑むような瞬間がいくつもありました。

もう1つ確認できたのは、役者の演技に対する考え方です。世界の枠組みや脚本や声優の起用などの制約がたぶんほぼなかったはずの本作でも、こんな感じの演技プランになるんだ、あれは『けものフレンズ』の制約のせいじゃなかったんだ、ということ。

1つ、不完全燃焼だったなと思うのは、最終話での「お約束」として受け入れるしかないような解決でした。この点も『けものフレンズ』と同じなんだけど、シリアスな物語をシリアスに語っている本作には似合わないんじゃないかと。

 サンキュー(5)

このレビューは参考になりましたか?
『この人をキャッチ』を押すと、この人が新たにレビューを書いた時に、アナタのマイページに通知され、見逃す心配がなくなります。 アニメの趣味が合いそう、他のレビューも読みたいと思ったら、とりあえずキャッチしてみましょう。

これらの口コミはユーザーの主観的なご意見・ご感想です。あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら≫
口コミの内容に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

このページのトップへ

■あにこれとは?

おもしろいアニメが見たい!
アニメ選びで失敗したくない!
そんな仲間達のためのランキング&口コミサイトです。