「プロメア(アニメ映画)」

総合得点
73.3
感想・評価
60
棚に入れた
245
ランキング
643
★★★★☆ 4.0 (60)
物語
3.7
作画
4.3
声優
3.9
音楽
4.1
キャラ
4.0
ネタバレ

Tom

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 5.0 キャラ : 4.5 状態:観終わった

試写会行ってきた

初めて試写会とか当たったので、感想とか書いていいのか…?


見てない方は見ないで頂けると、私も安心。
是非見ないで下さいませ。






{netabare}
取り敢えず今のところ消化不良。「何が一番言いたいのか」がよくわかんないまま。

劇団☆新感線を今まで観てきた人なら、ある意味今回のキャストは納得だと思う。中島かずきさんだし。でも主役があのデザインである必要は果たしてあったのだろうかと思わなくはない。

声当て役者さんについて。
{netabare}
松山ケンイチは髑髏城の七人の捨ての助の演技がそのまま使われてるくらいの感じ。
堺さんは蛮幽鬼のキャラで来るのかと思ってたんだけど、糸目という以外はあんまりっていうか…声を張った時に別人かってくらい声が変わるので、キャラがぶれてる感じが否めず。
早乙女太一も髑髏城かな。殺陣が上手いこと上手いこと…って人なんだけども。まあ、最初は酷いなと思ったけど、一番マシだった。
アニメでの戦闘シーンの「うっ」「ぐっ」みたいなのが、役者さんは本当に苦手なんだなあとwせめてもう少し作品を見て研究して欲しかったけど、忙しい身の売れっ子さんなんだろうから、難しかったのかなとも思いつつ。。
でもなんでこの起用だったのか…これきっかけで劇団新感線の「いのうえ歌舞伎」とかに流れていくのなんて少数だろうに…。
でも、劇団新感線の「いのうえ歌舞伎」本当に楽しいエンタメなので、興味があれば是非見て欲しい。個人的には朧の森に棲む鬼が大好物です。
声では上手とは言えない方々の本来の魅力はここにあります笑。


声優さん達って早口だなあと。尺の関係とかでキレキレで喋ってるというか。それが当たり前になってるから、余計に役者さんたちのしゃべるの間に違和感がw
{/netabare}

アメコミ風。もろアメコミって感じ。ああ、世界に向いて作ったのかと感じた。
私はアメコミは一度か二度読んだ程度なので、やはりこのテイストには馴染みがなく、目と頭がなかなか追いつかなくて、それが逆に面白かったりした。映像というか、映画ではMCUは全て追ったし、その他もちょいちょい見てるんですけどね。アニメーションとしてのアメコミ風っていうのは、なかなか接する機会がないので。




ここからは本当に見てない人は勘弁してくだせえ。


{netabare}火と水を一緒くたに表現したのは面白いと感じたが、やはり、大量の水は3.11が思い起こされて。それがまた、何か言いたい感じがするのだが、難しいところだなと感じた。

Xメン的な要素を感じたんだけど、オチとしては、戻したというのが正確なところか。
…ここが本当に分からん。何が言いたいのかが。もうちょっと咀嚼しないとダメだ。
…まあ、言うて、今までの作品でも結構わからないのばっかりなんだけど。
あんま深く考えて見てなかったし←

人様のレビューを早く読みたい。

新谷さん新谷さん新谷s…
{/netabare}
残りは下書きなりなんなりでちまちま書いておこうと思う。


{/netabare}

投稿 : 2019/05/17
閲覧 : 65
サンキュー:

3

プロメアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
プロメアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Tomが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ