「政宗くんのリベンジ(TVアニメ動画)」

総合得点
83.6
感想・評価
1111
棚に入れた
5902
ランキング
243
★★★★☆ 3.5 (1111)
物語
3.4
作画
3.6
声優
3.6
音楽
3.5
キャラ
3.6
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 1.5 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 1.5 状態:観終わった

良かったのは9話だけ…

主人公の政宗君がヒロインにリベンジしようとする話。
今から見ると「かぐや様は告らせたい」と設定が似ていることに気付く。
かぐや様の方がずっと後の作品だが、かぐや様には遠く及ばない出来だった。

まず1話を見て真っ先に思うのが、
{netabare}「愛姫が大食いなのをバラして恥をかかせればそれで復讐終わるんじゃねーの?」
しかしそれをせず、3話では愛姫が服装で大恥かいているのを政宗は止めてしまう。{/netabare}
序盤で色々と破綻している。

そういったグダグダ話が続くうちに、{netabare}藤ノ宮寧子という第2のヒロインが登場するが、彼女の話は良かったと思う
9話の病室のシーンは作画に力が入っていたし、政宗の勘違いの心理描写(寧子は幼い頃から政宗を知っていて、本当に政宗が好きだったが、政宗は自分が愛姫の方が好きなのを自覚せず、寧子の恋が本気でないと曲解した)も面白かった。{/netabare}
作者はラブコメよりシリアス恋愛の方が向いているんだと思う。

しかしその後に{netabare}ライバルの雅宗兼次が登場してからまたグダグダになってしまった。
男向けラブコメでタブーのライバルの男キャラを出したこと自体は評価したいが、決着がつかず消化不良で終わってしまった。
そして最後には政宗はリベンジのこともぶん投げてしまう。政宗はキスをした直後に振って復讐するのを忘れてしまっていて、最後にとってつけたように思い出して終わり。{/netabare}

つくづく良作画と良劇伴がもったいなく感じた。11話だけ作画が荒れていたけど。

なお{netabare}雅宗兼次の元ネタは直江兼続だが、伊達政宗のライバルなら最上義光を元ネタにして欲しかった。
原作者が司馬遼太郎ファンで、司馬先生と同じく直江兼続が嫌いなのでこうしたのだろうか。

声優陣は最後のカラオケで歌唱力最重視でキャスティングしたのかと思った。いのりんがわざと下手に歌わされていて気の毒。花江夏樹も下手なことにされていたけど、TARI TARIでブレイクしたから上手いはずだよな。{/netabare}

投稿 : 2019/06/08
閲覧 : 278
サンキュー:

4

政宗くんのリベンジのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
政宗くんのリベンジのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

志賀丸太が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ