「京都寺町三条のホームズ(TVアニメ動画)」

総合得点
61.7
感想・評価
163
棚に入れた
582
ランキング
3443
★★★★☆ 3.1 (163)
物語
2.9
作画
3.0
声優
3.3
音楽
3.1
キャラ
3.0
ネタバレ

不良中年

★★★★☆ 3.5
物語 : 3.5 作画 : 3.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

なんというか、可もなく不可もなくと言ったら失礼だろうか。

 レンタルで借りて見始めたら、けっこう面白くてあっと言う間に観終わりました。
タイトルにも書いた通り、アクが少ないのでサラサラ観られると言うところでしょうか。

逆に言うと軽いというか浅い感じですかね。各話とも内容はそこそこ面白いのですが、アッサリしているというか深みが無い感じです。しかしあまりに深いと素人探偵の出る幕ではなく警察の領域になるのでこの感じでいいのでしょう。

メインキャラクターはいい人ばかりで、ほのぼの謎解き系かと思えば、エンショウという謎の贋作作家が登場して、チョット常識外れの無礼を働くのが異色な気がします。

主人公のホームズさんに様々な場面で絡んでくるのですが、大晦日と利休君のおじいさんの依頼の件ではいったいどうやって関わって来たのか不思議です。

また贋作作家が大手を振って自分勝手な屁理屈で勝負を挑んでくるのも、正直不愉快な感じでした。

全体に謎解き物として1話完結よりも2話完結にして各話に深みを持たせた方がより面白かったのではないかと思います。

そして謎解きと別にこのお話のもう一つの柱である、清貴と葵の恋の行方については、思った通り互いに奥手で見てて歯痒かったです。

最終回の最後に清貴が言ったセリフ「葵さん、今日は月が綺麗ですね」これあの雰囲気から「やっぱキター」と思い、これは二人が結ばれるのかと思いきや、葵ちゃんにはその意味が伝わらず残念な気持ちになりました。

葵ちゃんは夏目漱石をあまり知らないのですね。
清貴もいい加減、女子高生相手に持って回った言い方すんなよ。とツッコミを入れる自分でした。

最後に作画ですが、背景はとても綺麗で良かったのですが、人物が少々雑な気がしました。特に顔の描写が下手なのではと思いました。

それともう一つ、次回予告でお約束の「ホームズさん、イケず」は正直クドイと思います。あれは無しか、初回だけならよかったです。毎回言うのはアホっぽいです。

アニメとしては構えずに楽に鑑賞できるいい作品です。
原作の小説に興味が出たのでそちらを読んでみようと思います。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 48
サンキュー:

3

京都寺町三条のホームズのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
京都寺町三条のホームズのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

不良中年が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ