「ザ・コクピット(OVA)」

総合得点
67.1
感想・評価
33
棚に入れた
113
ランキング
1573
★★★★☆ 3.7 (33)
物語
3.8
作画
3.8
声優
3.8
音楽
3.5
キャラ
3.6
ネタバレ

Mi-24 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

ナルシスト達の演舞。

【成層圏気流】
一人で何かブツブツと言っている、主人公が鬱陶しい。
突然戦闘機のうんちくを語り出すし、最後も一人悦に入る様子が気持ち悪かった。

しかし始めて見る「史上初の原子爆弾」を、一目でそれと言い当てるエースパイロットの慧眼には恐れ入った。


其れはさておき“フォッケウルフ Ta 152H-1“はカッコ良かった。
スピットファイアも三機叩き落としたし、まあOKでしょう。


【音速雷撃隊】
必要な装備を揃えられず、作戦遂行が不可能な状態です。だけど気合いで何とかしてください。
有効な作戦を立案出来ず、ほぼ確実に失敗する作戦内容です。だけど気合いで何とかしてください。
奇跡が起きて作戦が成功したとしても、実際に効果があるのか甚だ疑問です。だけど気合いで何とかしてください。

アホの極み、根拠の無い精神論。


ただ、米空母が轟沈したのはナイスだね。


【鉄の竜騎兵】
主人公達が万歳突撃しただけ。
上官に突撃を命令された訳ではない。
部隊を逃がすためとか、誰かがやらなければいけない任務だった訳でもない。

突撃の理由は極めて私的な理由。ただの身勝手な自己満足だ。
ナルシストの自己陶酔は気色悪い。


【総評】
3作品を見て、「音速雷撃隊」以外の主人公達の行動は「本当にそれをやる必要があったの?」と疑問に思う内容。
ナルシストがエクスタシーに達するのを見せ続けさせられる、気色の悪い作品だ。

「音速雷撃隊」は主人公達に選択権がなく、作戦内容が「本当にそれをやる必要があったの?」だった。

投稿 : 2019/06/13
閲覧 : 52
サンキュー:

1

ザ・コクピットのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ザ・コクピットのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Mi-24が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ