「りゅうおうのおしごと!(TVアニメ動画)」

総合得点
77.9
感想・評価
744
棚に入れた
3224
ランキング
454
★★★★☆ 3.6 (744)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.5
キャラ
3.8
ネタバレ

志賀丸太 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.1
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 1.5 状態:観終わった

ロリは脇役。ロウきゅーぶや天使の3Pのような本物ではない。同原作者の「のうりん」にも劣る

バスケ、バンドと来たproject No.9制作のロリ三部作のラストを飾る将棋もの(ラストなんかい!)。
ただ原作者は「ロウきゅーぶ!」「天使の3P!」の人ではなく、「のうりん」と同じ人。

とにかく性格の悪いヒロインのせいでギスギスする展開が多く、見ていて不快に感じることが多かった。
クソ貧乳銀子や天衣のようなキツい性格の子はセリフにトゲがあって毒舌がキツすぎて暴力も振るうし、彼女たちをかわいいと全く思えなかった{netabare}(クソ貧乳銀子は11話で決定的に評価を落とす。なんで殴られて謝るの?俺なら警察に被害届出すわ){/netabare}。
のうりんは編集者が「それ以上いけない」と抑えてたんだろうなあ…作者はのうりんよりこっちの方が本来書きたい物だったそうだし。

{netabare}ただ桂香の戦いは「ピンポン」「蒼の彼方のフォーリズム」「はねバド!」で書かれた天才対凡人の構図で、そこだけは割と面白かった。
アニメを見る限りこの作品の事実上のメインヒロインは清滝桂香なので(羽〇名人との戦いで主人公の八一に一番響いたのは桂香の声){/netabare}、クソ貧乳の銀子なんかいらんかったのではと思う。

結論としてはこんなのよりのうりんの方がずっと良かった。完璧な作画がもったいない。
なおキャラデザの人は美人アニメーターとやらで有名だが、ネトゲ嫁の時に比べて絵のクセが無くなって、作画はとても良かった。

そもそもこの原作者が書きたいものは将棋ドラマであってロリではないのだろう。ロリキャラを出しているのは売るためだ。
{netabare}男と女の圧倒的な棋力の差(将棋星人と地球人くらい違う、銀子より強い男は千人いる)をバッサリ断じていて、本当は全員男にして女すら書きたくないんだと思う。
2回あった小学生は最高だぜ!のロウきゅーぶパロが虚しく響いた。

あと最後の竜王戦で八一が1勝した後に全部省略は酷すぎ。{/netabare}

声優については、水木一郎さんが演じていたのが謎。結構セリフが多くて棒読みが気になった。他の男性声優は豪華なのにもったいない。

投稿 : 2019/06/14
閲覧 : 224
サンキュー:

7

りゅうおうのおしごと!のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
りゅうおうのおしごと!のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

志賀丸太が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ