「彼方のアストラ(TVアニメ動画)」

総合得点
81.3
感想・評価
550
棚に入れた
1806
ランキング
284
★★★★☆ 3.9 (550)
物語
4.1
作画
3.9
声優
4.0
音楽
3.7
キャラ
3.9
ネタバレ

かんぱり さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

9話以降の急展開にびっくり(゜o゜)

原作未読です。
宇宙に放り出された9人の少年少女が、力を合わせて地球に帰還しようとするお話。
5話まで見て一旦断念しました。理由は遭難して大変なはずなのに遠足みたいにはしゃいだりしてるのがちょっとついていけなかったからだったんですが、みなさんのレビューを見ていると、終盤盛り上がっていたので、再トライしてみることにしました。
結果として、9話以降の急展開は驚きましたし、毎回(゜o゜)となって目が離せなかったんですが、やはり5話までの軽い感じがちょっとどうかなと思いましたし、アストラ号がなぜ都合よく宇宙に浮かんでたかは結局わかりませんでした。その説明ってありましたっけ?見落としてたらごめんなさい。
あと最終話、後日談長めなのはいいんですが、なんとなくだらだらと終わった感じがしました。点数は初見よりも上方修正しました。
以下、各話の簡単なレビューです。

1話。{netabare} 選ばれた9人で、ある惑星にキャンプをしに行くことに。
そこで謎の球体に飲み込まれて宇宙に放り出されるみんな。(先生除く)
そしてそこには謎の無人宇宙船があって、それに乗って帰還しようとするけど、地球から5012光年離れてて帰還は困難。。
なんか5000光年離れてるって言われても距離感つかめなくてピンとこないなあ。計算してみた。9光年で4時間かかるんだから、5012光年だと・・3か月ちょっとかかる距離なんだね。なるほどー。でも宇宙船にはそんなに食料が積んでいないから問題なんだね。
でもカナタの発案で、近くの惑星で食料を補給しながら帰還していくことになるんだけど・・{/netabare}
2話。{netabare} 第2の惑星に到着。恐竜の惑星?
なんか相変わらずギャグ多め。作品的にはもう少しギャグ少な目でもいいかな。なんとなく他のジャンプ系アニメと似てる雰囲気あるかも。
また謎の球体が発生!でもアリエスの映像記憶能力のおかげで危機を脱したみんな。
夕方になると上昇する木に乗ってしまったフニシアを助けるために命をかけて助けるカナタ。
そんなカナタを見て、キャプテンはカナタだと認めるメンバー。
でも、誰かに通信機が壊された痕があって・・犯人は誰?{/netabare}
3話。{netabare}誰が犯人か、メンバーを観察しまくるカナタ。と同時にキャラ説明も兼ねてるのかな。
フニシアの何気ない話から、この9人が揃ったのは仕組まれた罠の可能性が出てきて・・
このメンバーの中に犯人がいるかもしれないという話を聞いてパニックになるキトリー。
でもアリエスのおなかの鳴る音で落ち着いて。。マイペースだなあ(*^_^*)
で天然かと思ったら、鋭い推理も披露するアリエス。犯人も死のうとしてる!?実はできる子?
突然船に穴が開いて、惑星に墜落していくところを、みんなのチームワークでなんとか着陸できたけど・・{/netabare}
4話。{netabare}2番目の惑星に到着。犯人捜しはしないと言うカナタ。でもそんなんで大丈夫なのかな?
着陸した惑星は殺風景で、植物は食べられるけど、すぐ腐って保存には向いてないみたい。
動物もいるけど、なんか優しそうなやつだから殺すのは忍びないし。。
そんな時、ユンファが書置きして船を出ていってしまう。目立ちたくない透明になりたいというユンファ。
安全な惑星だと思ったら、毒を出す植物の胞子を吸い込んで倒れるメンバーたち・・
解毒キノコを探しに行くカナタと、殻をやぶって歌を歌いはじめるユンファ。
でも、マスクを外して毒を吸わないと解毒キノコが見つからないというカナタの理屈が意味不明だった。。{/netabare}
5話。{netabare} みんなユンファの歌のおかげとか言ってるけど、そんなにかなあ(-.-)かわいくはなったと思うけど。あと惑星でる時にみんな大泣きしてたのは大げさに感じた。3番目の惑星に到着。水着でバカンス気分で楽しむみんな。でも地球では失踪扱いになってて・・そしてウルガーが・・{/netabare}
6話あたりから徐々にシリアスっぽい展開になってきて、あー断念したの早まったかなあと思いながら見てて。
9話。{netabare}実はメンバー全員が親のクローンではないか?という驚愕の展開になって(゜o゜)。
え?じゃあ、5話あたりで地球で親が心配してるのになにこの遠足気分は!と思ってた私がバカみたいじゃない~(>_<)こんな親たちだったとは(-_-;)でもやっぱり序盤の展開はもう少し工夫して欲しかったかな。
なんてつらつらと考えながらみてたら、さらに驚愕の事実が!(゜o゜)なに惑星アストラってどゆこと?{/netabare}
10話。{netabare}1962年に第三次世界大戦?巨大隕石落下?なにこのパラレルワールドみたいな話は?
9話からの意表を突く急展開とハードSFっぽい話についていくのがやっとこな私(>_<)もうなにがなんだか。。
刺客の正体も分かって。。これはああやっぱりって思った。カナタだったらええっ?(゜o゜)となったけど。{/netabare}
11話。{netabare} 王の肉体のスペアとして生きていると誇らしげに話すシャルス。そしてアリエスがセイラ王女のクローンだと話す(゜o゜)。なんか毎回驚いてるな私。。しかもSEIRAの逆読みが名前の由来とか。王女が暗殺されたとか。。
クローンなんて関係ない、自分は自分なんだというカナタ。そして・・カナタの腕が!{/netabare}
12話。{netabare} シャルスから語られるこの世界の隠された歴史。西暦を100年サバ読んでたとか(゜o゜)
アリエスの育ての母親を通じて、味方になってくれそうな警部とコンタクトを取るカナタたち。
その甲斐あって警察にクローン容疑などで逮捕されるオリジナルの面々。
ついに惑星アストラに帰ってきたカナタたち。そしてメンバーのその後が語られる。
ラスト。冒険家として未知の宇宙に旅立つカナタ船長と仲間たち。{/netabare}

投稿 : 2019/09/26
閲覧 : 300
サンキュー:

35

彼方のアストラのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
彼方のアストラのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

かんぱりが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ