「ダンベル何キロ持てる?(TVアニメ動画)」

総合得点
70.6
感想・評価
173
棚に入れた
1006
ランキング
897
★★★★☆ 3.6 (173)
物語
3.4
作画
3.7
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.7
ネタバレ

四文字屋

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:今観てる

金筋緊勤☆

これぞ今期の大本命。
コメディめかしてるが、ビルディングに関してはガチだぞ!

このテーマで攻められたら、
もう私は平伏するしかない。

何せ、自転車にはまって細い身体を獲得する(これはこれで凄くつらい)前は、
20年間GOLD'ジムに通っていたのだから。

もう観る前から、7月クールのいちばんはこれだと決めていたようなもんです。

芸能人やトップアスリートが通っているというのは、表参道では本当でしたがモブ扱いで、オリンピアンに出場するようなトップビルダーこそがジムではスターでした。
(表参道以外では芸能人や有名アスリートを見かけたことはない)
ちなみに、
作品内では、入門直後にバーベルベンチプレスを指導されてますが、
あれには大ウソが含まれています。
大胸筋が主動筋で上腕三頭筋が協働筋なのは事実ですが、
三角筋への刺激は極力排除するのが基本です。
主人公がタテのアーチだけ気にしてバーベルを挙上していて、
実際作画でも肩がはいる(三角筋が動いてしまっている)描写がありますが、
あれでは三角筋に効いてしまって故障の原因になってしまいます。
ベンチプレスでは、実は横のアーチを作るのが重要で、簡単に言うと、
左右の肩甲骨を背中側で出来るだけ引き寄せて胸を左右に大きく引き伸ばして、大胸筋のパワーが三角筋を経由しないで直接腕に届くように挙上するのが大事です。
それと、作中ではバーベルをハーフぐらいにしか下ろしていませんが、しっかりと胸に接触するまで下ろさないと、効果は半減します。最初のうちは、挙上はむしろ半分でいいから、しっかりと胸に着くまで下ろしましょう。

その他は、中身は楽しく観れるから
特にここでは言及しないでおきますが、
GOLD'ジムに関するアニメ演出上のウソ八百だけは正しておきます。
{netabare}①入門したてのトレーニーにカルテ指導するのは本当だが、あんなやり方はしない。
たとえ経験者でも、筋トレのメソッドを正しく習得してないケースがほとんどなので、多分今でも10回通うまではトレーナーの指導を受けますが、フリーウェイト(バーベルとかダンベルとか)は入門3ヶ月はオフリミットです。何故なら、軌道が不安定なフリーウェイトでトレーニングするとフォームを作れないし、第一事故が起きる危険があるから。大胸筋用にはチェストプレスマシン、スクワットにはレッグプレスマシンを使いますから、入門検討中の方はご安心を。
②トレーニングスペースで筋肉自慢のポージングなんて誰もやらない。
これ、GOLD'に関しての重大な勘違いです。筋トレスペースは鍛える筋肉にだけ意識を集中する場所です。ポージングは、エアロビクスダンスとかをやるスタジオスペースで、みんなで公認のポージング用の極小水着着用して、プロビルダーのチェック受けながらじっくりやります。ビルディングもスポーツなんだということを解ってないからこういうのをギャグとしてやっちゃうんだろうなとは思うが、不愉快な誤解です。
③シンクフィットネス社(日本でのGOLD'運営のフランチャイズ権を持つ会社)の経営方針なんでしょうが、最近、名ばかりGOLD'が増えている模様なので、入門時には店舗は慎重に選びましょう。
そもそも私が入門した当初は、東京ではセントラル(表参道と原宿)、イースト(南砂町)、ウェスト(中野)、ノース(大塚)、サウス(大森)の6店舗だけでしたし、当時、シンク社は東京ではこれ以上店舗は増やさないと公言していました。その後、雨後の筍のごとく新店舗が続々と出店していて、北千住のように道具もスペースも充実した店舗も出来ましたが、中には既存のスポーツジムを買い取って作られたGOLD'を名乗るには貧弱な施設も多いので、注意が必要です。{/netabare}

投稿 : 2019/07/10
閲覧 : 67
サンキュー:

17

ダンベル何キロ持てる?のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ダンベル何キロ持てる?のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

四文字屋が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ