「荒ぶる季節の乙女どもよ。(TVアニメ動画)」

総合得点
71.9
感想・評価
157
棚に入れた
765
ランキング
763
★★★★☆ 3.7 (157)
物語
3.7
作画
3.7
声優
3.8
音楽
3.7
キャラ
3.7
ネタバレ

ナポリタン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

荒ぶられ荒ぶられ…

【感想】(1話を観て)
原作未読
女子高生目線から描いた性への意識、という今までにはなさそうな題材はとても良いと思う。

主な登場人物が文芸部の5人で、性に対する意識も全然違うという点も面白い。
1話だけでは分からないが、完全な主人公目線のみではなく、より他の人の視点も入っていけば面白くなりそう。


自分は、この作品からは下ネタを前面に押し出す雰囲気は全く感じられず、あくまで性に対して意識し始め、考えるという観点で語られていたので、そこもグッド!


ただ、個人的に、性的なことに対する反応で、少し違和感を感じる描写があった。
まあ、自分は女性ではないし、演出上大袈裟にやっているのかも知れないが、{netabare}主人公が幼馴染の自慰を見たあとに、飛び出して走り出すとか、概念としての性しか認めていない部長の過剰な騒ぎ方とか、は少し首を傾げざるを得なかった。
ただ、ギャグとしては◎{/netabare}


何はともあれ、今後に期待。







【第1話】豚汁の味 {netabare}
☆あらすじ {netabare}
「小野寺和紗」は所属する文芸部で、他の部員たちと本の朗読をしていた。今までに読んできた作品とは全く違う性の香りがする作品に戸惑う和紗。
部員には、和紗と同様に性に対する恥じらいを覚える「須藤百々子」、不思議なオーラを放つ「菅原新菜」、性的な作品にも冷静に評論する「本郷ひと葉」、文学的に高められた性描写は認めても、現実の性的なものは激しく嫌悪する部長の「曾根崎り香」、という個性的な面々がいた。

和紗は、百々子との部活帰りに、女子と一緒に歩いていた和紗の幼馴染である「典元泉」に声を掛けられるが、取り巻きの女子に睨まれて逃げてしまう。実は、和紗は高校に入る前に、女子に人気のある泉と仲良く接した事で、他の女子に陰口を言われ、嫌な思いをしした経験があり、そのため学校では少し距離を置くようになっていた。


そして、ある日の昼休み。部長の招集で、部員全員が部室に集められ、り香が好きな作家の新作情報を、聞かされる。その新作のテーマが、「死ぬまでにしたいこと」であり、部員が思い思いにこのテーマについて話し合い盛り上がる中、新菜が衝撃の言葉を言う。

「セックス」

この言葉を期に、部員全員が性に振り回されることになっていく。



そして、その日和紗の帰宅後、今祖母の看病ために母がいない泉のために、和紗が夕食を隣の泉の家に持っていくことになった。
和紗が呼び鈴を押しても返事が来なかったため、空いていた家のドアを開け、恐る恐る泉の部屋に向かっていき、ドアを開けた。
そこには自慰をしている泉の姿があり、平生を装う泉だったが、頭が真っ白になってしまった和紗は家を思い切り飛び出していった。

そして、橋の上まで走っていった和紗は、もう性に振り回されたくないと思うのだった。 {/netabare}
{/netabare}
【第2話】えすいばつ {netabare}
☆あらすじ {netabare}
泉の自慰を見てしまった和紗は、その行為を理解するために書店で性に関する書物を読んでいた。
そして、悶々としたまま和紗がその書店から出ると、路上で男性に付きまとわれている新菜を目撃する。
和紗の存在に気付いた新菜は、和紗にメールで助けを求め、その付きまとう男性に対して、和紗が性病を持っているという嘘を言うことで、追い払う事に成功した。

その後、公園で話し合う和紗と新菜。
実は、新菜は昔劇団に所属していた時から男性に性の対象として見られる事が多く、その時、劇団の演出の人に教わったという、役になりきって台詞を言う事で、今回のように付きまとう男性などを追い払ってきたのだと言う。
そして、「少女の私はもう死ぬから」と意味深な発言をする新菜。


和紗は家に帰ると、ピザの宅配を頼もうとしている父に、男性の気持ちについて聞こうとする。
しかし、その質問しようとする様子を、一緒に食事を取る予定になっていた泉に聞かれてしまう。
泉は和紗を連れ、父のいない2階で話をするが、お互い戸惑いを隠せない様子。
泉が帰った後も、どういう感情でいればいいのか分からない和紗だった。


翌日、文芸部の部室にて。
昨日、新菜が「セックス」発言をした事によって部活が一旦解散となってしまったが、今後そういう事がないように部長のり香がセックスの代わりになる「文学的な表現」を考えるようにと、部員全員にノルマを渡す。

ひと葉は、そんなノルマも然ることながら、自身の本の出版などに忙しい様子で、屋上で電話越しに編集者と苛立たしく話し合っていた。

場面は変わり、体育での授業中。
皆の前で、跳び箱を思い切り失敗してしまい倒れるり香。
ギャルの同級生に処女膜が破れたのではないかとからかわれ、恥ずかしくなり、授業中にも関わらず、そこから飛び出してしまう。
眼鏡を外して顔を洗い、気を取り直すり香だったが、そんな時授業中に怪我をしたという「天城駿」に遭遇する。
そんな駿に、眼鏡を外した顔が可愛いと言われて戸惑い、駿の事を意識し始めるり香だった。


そして、再び文芸部。「セックス」の代わりになるものを考えようと必死な部員達。り香が「性的愚者の怨嗟の罰」という案を出すが、これの略が結局「SEX」になってしまうなど、代替案に関しては一進一退を繰り返す。


そんな中、学校で和紗、新菜、百々子で歩いていた所、泉がクラスメイトに告白されそうな様子を目撃する。
何故かその様子を放っておけないと思った和紗は、告白シーンを見ようと隠れてその様子を3人で伺う。
泉は告白されて一度断るものの、好きな人が今いる訳ではない、と言うと、そのクラスメイトは、なら自分の事を考えて欲しいと言い、それに対しては泉も返事に言い淀む。
その後、和紗達が告白シーンを見ていた事が泉にバレるが、しっかり断らなかった事に何故か怒る和紗。和紗はそれを、泉がセックスを念頭に入れているからと思い、「『 えすいばつ (SE✖)』をしたいからでしょ!」と言い、その場を去ってしまう。


文芸部室。和紗が咄嗟に口にした「えすいばつ(SE✖)」が思いの外良かったらしく、部長のり香に、「セックス」の代わりの言葉として認められようとしていた。
そんな中、突然文芸部に入ってくる教師。部活動としてふさわしくない卑猥で破廉恥な議論や朗読をしている事を咎められ、何より顧問がいないことを指摘され、部員達は動揺する。
しかし、文芸部を居心地の良い場所として感じていた部員達は、今後顧問を見つけて部の存続を願う事を誓った。


その日の部活帰り。河原に座る和紗、百々子、新菜。
文芸部が廃部になってしまうかもとなった時に、つい泣いてしまった和紗だったが、それを新菜に「本当に文芸部の事?むしろ理由は別の所にあるよね?」と問い詰められる。
ここ最近、色々な事があった事で嵐の中に居るような感覚の和紗。
そんな中、新菜は突然、「和紗は誰かとどうしてもしなくちゃ地球が滅びるとしたら誰としたい?」と質問する。
「泉」
荒唐無稽な質問にも関わらず、即答する和紗。
そして、初めて自分が泉が好きだ、という気持ちに気付いた和紗は戸惑い、「泉が好きだよ〜」と言いながら、泣くのだった。{/netabare}
☆感想 {netabare}
新菜やひと葉から垣間見える表だけでない部分、り香の青春、廃部危機、恋に気付く和紗。
かなりハイペースな展開でかつ、上のあらすじから見ても分かる通り内容てんこ盛り。
今の所、青春ものという事もあって、内容は入りやすいし、急ぎ過ぎには感じないので個人的には満足!

それぞれの部員の青春をここまで別々の視点から描こうとしているのは素直にすごいと思う。
新菜の鋭い指摘、和紗の動揺する様子、り香の恋愛慣れしていない感じ…。色んな見方で楽しめる。
和紗が泉に怒ったシーンはかなり違和感を感じたが、最後にあっさり「好き」という気持ちに気付いたので、怒ったのもまあ納得できた。
個人的には、最も普通の性の感覚を持っていそうな百々子視点ももう少し今後出てきて欲しいが、どうだろうな〜。

これはおまけ要素だけど、モブのギャル子もり香に言い過ぎたと自分を呵責したりしているのは、無駄にギスギスし過ぎる学校観が無くて、とても自然に見えた。


ただ、廃部要素はこの回に入れる必要があったかは疑問。
視聴者的には、どの程度文芸部が部員にとっての「大切な居場所」となっているかまだ分かりづらいし、部員達が確固たる思いで存続させたいっていう気持ちも現段階では感情移入しづらいかな?
やるにしてももう少し後にするか、無くても良い気がするが、まあ今後の展開次第かな。
後は、単純に設定としてなぜ顧問いないんだ、という話。

最初の新菜の部分。今後どうなるか分からないが、付きまとう男性に対して友達を使ってまで撃退する方法を新菜に教えた人は、あんまり信用ならんなあ。何か他にも方法はあると思うのだが、、


あとは、「性」を題材にした作品なのは分かるけど、あくまでこれは「青春もの」であって、「性もの」って言う訳では無いと思う。恋や青春に付随する形で性関係の話題をしているわけだしね。
だから、もう少し今後は青春+αとして性をやってくれたら個人的には嬉しいんだけど、この調子だと性要素は多めかな〜?

だけど、今のところ、話の持っていき方、終わり方も含め期待値は高い!{/netabare}
☆メモ {netabare}
・新菜の「少女として死ぬ」とは?
・顧問が元々いない理由はあるか?
・卑猥な言葉が部室から聞こえたというのは?{/netabare}
{/netabare}
【第3話】バスガス爆発 {netabare}
☆あらすじ {netabare}
[り香・ひと葉]
学校の帰り道に本屋に寄るり香とひと葉。
お互い思い思いに本を眺め、り香は駿に言われた事を意識したからなのか、女性向け雑誌を買う。

一方、ひと葉も買う本を眺めていたわけだが、そこでまだ出版する予定ではないはずの自分の本を発見し、書店を飛び出した後、編集者に連絡を取った。
編集者曰く、ひと葉に本の出版をすると言ってしまったら筆を止めねないから、ひと葉に言わず、独断で出版に至ったという事だった。さらに、その電話で編集者に、ひと葉の作品は地に足がついていなくて妄想のような部分が多い、と追い討ちをかけるように批判される。

家に帰り、ハンドネームが「ミロ」と言う名の男とエロチャットをするひと葉。
ひと葉は、編集者に言われた事をとても引きずっており、画面越しの男は自分の言葉で満足するのに「なぜ」と疑問を持つ。そこで、ひと葉はミロに直接会ってしようと決意し、ミロと会う約束をする。


[新菜・泉]
泉は昨日の撮られた告白シーンを消してもらうため、教室で新菜に話しかける。しかし、新菜は「えすいばつ」の事などを話そうとしたため、泉は皆がいる教室でそういった話をさせないために、新菜の手を持って教室から階段の踊り場の方まで連れていく。

泉は昨日撮った動画を消してもらうよう頼むが、新菜はその話は軽く受け流し、今泉が新菜を手を持って連れていった事が騒ぎになるだろう、という話に持ち込む。
泉はそれについて謝り、その様子を、空気が読めない人だと思っていたから意外、と言う新菜。泉は、中学の時和紗がクラスの女子によく思われていなかった件で空気を読めず、気付けなかった事から、高校に入ってからはなるべくそういう事にも気を遣おうと思ったとの事だった。
そして、新菜は和紗の時と同じようにまた、「もし地球が滅びるとしたら誰としたい?」という質問をする。その質問に驚き、「女子」がそういう事を聞くのはおかしいという泉。
しかし、新菜は「女だって考えるよ。和紗だってね」という。

[文芸部]
学校で何人もの先生に頭を下げ、顧問を務めてもらえるよう頼む文芸部員たち。
しかし、どの先生も文芸部の顧問を務めてくれず、部長のり香も意気消沈していた。


[和紗・泉家]
和紗も文芸部のために何か出来ないか考えていた時、泉の母に家に呼ばれ、泉の部屋にある皿の回収を頼まれる。
泉の自慰を見た一件があって戸惑う和紗だが、仕方なく泉の部屋に入っていく。その部屋で起きた事を思い返しながら部屋を見るも、懐かしのDVDが置いてある事に心を少し落ち着かせる。しかし、落ち着いたのも束の間、そのDVDのケースの中身は実は痴漢モノのAVであった。
その時、泉が家に帰ってきて、泉と鉢合わせそうになった和紗は慌ててそれを隠し、そのAVを自分の家に持って行ってしまうのだった。


[ひと葉]
ミロという男に会う約束をしていたひと葉は、編集者に言われた「リアリティがない」という言葉を引きずって自身に経験が足りないと思い、余程危険か変な人でなければやろう、という覚悟で待ち合わせ場所に向かった。
しかし、待ち合わせ場所に居たのは好青年……
意外な風貌に呆気に取られるひと葉だったが、よく見るとそれが学校の「山岸知明」先生である事に気付く。
そして、先生もひと葉に気付くと、人混みの方へ隠れて一目散に逃げて行ってしまった。


[和紗・小野寺家・泉]
和紗は、ここ最近泉の性的な部分を垣間見るようになってから、性的な事がどう泉を変えたのか興味が湧き、自身が生まれた時の事を両親に尋ねる。
しかし、両親は生まれた時の事を子作りの時ではなく、出産の時の事と勘違いし、和紗と両親はすれ違った状態で話が進んでいくが、そこで自分が生まれたことが両親にとって物凄い幸せであった事を知る。

Blu-rayが無くなった事に気付かないようにと願った和紗の思いも虚しく、無くなった事に気付き、また和紗に失態を見られた事に羞恥心を隠せない泉だった。


[文芸部]
結局、顧問を見つける事が出来なかったひと葉以外の文芸部4名。
先生に今にも廃部を言い渡されそうになる所だったが、そこでひと葉が弱みを握った山岸先生を文芸部の顧問に就任させる事に成功する。

顧問が決まり、漸く活動を安心して再開する事が出来る文芸部。
山岸先生は国語の先生である事もあり、朗読した小説について質問された時、的確な評論をした事で、文芸部員から尊敬の眼差しを向けられる。
先生の名前がうろ覚えであった皆に、ひと葉は山岸先生をハンドルネームである「ミロ先生」で呼ぶ事を提案する。ミロのヴィーナスは愛と美と性の象徴で、今回の問題が「性」的な事から起こり、それを「愛」で包んでくれたのが先生であるから、という最もらしい理由を付け、皆を納得させつつ、山岸先生を困らせるひと葉だった。

そんな話をしている最中も上の空のり香。今回の件でいかに文芸部が浮いているのかを思い知らされ、部長である自分への責任も感じていた。
駿に言われた事を何度も思い返しながら、女性向け雑誌を見て、葛藤するり香だった。


[和紗・泉]
泉家に誰もいない間にBlu-rayをこっそり返そうと、家に侵入し、泉の部屋に入る和紗。
性的な事を考えている泉が少し離れた存在のように感じつつも、鉄道好きである泉が痴漢モノを選ぶのは昔から変わっていない所があるからだ、とほっこりする和紗。

そうして感傷に浸っている間に、泉が帰ってきて、和紗が部屋に居るのを発見する。
泉は和紗の誤解を晴らすべく、性的な事は考えるが身近な人とする事はこれっぽっちも考えない、と言ってしまう。
「これっぽっち」という言葉についつい泣いてしまい、部屋から飛び出す和紗。
泣いた様子に困惑を覚えつつ和紗を追う泉だったが、ショックで呆然と家を出ていく和紗だった。{/netabare}
☆感想 {netabare}
今回も前回と同じように複数の展開あり、かつハイペースな回だった。
見てて普通に面白い!展開飽きないし。

最近世間では、性別に対する偏向がよく話の論点や争点になったりするが、一般的にある男女の性に対する感覚の違いをあえて、泉とか新菜を使って露見させてるのかな?そうやって考えると面白いかも。
性に対する感覚って男女による違いももちろんあるが、それ以上に個人個人の問題が強く現れると自分は思うから、新菜の「女だって考えるよ」はいい台詞かな、と。


泉目線で見るとかなり居たたまれない気持ちになったりもするけど、和紗が「これっぽっちも」というのに傷付くのも理解できる。
今後、和紗と泉が全く和解しなかったり、和紗が何かしらのアクションを起こしたりしなければ、和紗を傍若無人だと思う事も出来るけど、実際の作品内時間では1話〜3話でそこまで時が経ってないだろうし、まだ和紗の評価を決める事は出来ないかな。和紗の今後の行動次第。
ただ、泉も泉だよなあ、、。身近な人で考えるわけじゃない、は良いにしても「これっぽっちも」は余計だよね、笑
あと、和紗の、痴漢モノに鉄道好きの泉を重ねる姿は流石に感情移入出来なかった笑。ちょい無理があるような。

家が隣同士の家族ぐるみで仲が良い幼馴染ってアニメではよくある設定だが、自分には全くそういう経験がないし、周りでもあまり見ないので、幼馴染故に起こってしまう事件とか事故には少々共感しにくい。

同じように、ひと葉の設定も少し特殊過ぎる部分があるので、自身の小説にリアリティを持たせるために経験と称して、好きでもない誰とでもしていいという精神は流石に理解し難いのでは?


り香の今後の動向は気になる所。かなり不器用だが、現実にもこういう人いるし、やや既視感感じるので、どうやって周りと性に対して接触していくのか期待。

多分、一番まともな感性持ってるのは百々子だと思うんだけど、ここはあんまり焦点当てないのかなあ。百々子視点が個人的にはもう少し欲しい。


あくまで、性的な事に関する女子の心情描写に視点を当てているので、そこまで気にする事ではないのかもしれないが、あまりに文芸部の顧問を務めたがらない先生が多すぎなような気がした。生徒たちに異端扱いされるのは分かっても、先生があそこまで避ける理由は何かあるのだろうか?無いのだとしたら、少しわざとらしいかな、

視点によっては共感出来ない部分もあれど、群像劇として展開をそれぞれで同時進行で上手く進めていってるのはすごいと思う。
笑いもほど良くあるし、全体的には満足。{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/08/02
閲覧 : 60
サンキュー:

11

荒ぶる季節の乙女どもよ。のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
荒ぶる季節の乙女どもよ。のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ナポリタンが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ