「プロメア(アニメ映画)」

総合得点
73.3
感想・評価
56
棚に入れた
207
ランキング
640
★★★★☆ 4.0 (56)
物語
3.7
作画
4.3
声優
4.0
音楽
4.1
キャラ
4.0

アトランティス

★★★★☆ 3.9
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

映像に込められる情報の多さ

プロメア オリジナル劇場アニメーション

突如炎を自在に操ることの出来る人類「バーニッシュ」の誕生により、狂ってしまった世界の真相に主人公たちが関わっていくストーリー。(すごい雑な説明笑)

たくさんの方もレビューで仰っていますが、
僕も最初PVを見てたときはキルラキルっぽいなぁ
と思って見ていました。(音楽澤野さんだし)

バーニッシュが起こす火事を消化するレスキュー隊が主人公なのですが、映画序盤は、ひたすら目まぐるしい戦闘シーンの連続で正直目が追いつかない、というか疲れました。
映画の大画面、あの時間に詰め込まれる情報量……すごかったです。

序盤の戦闘が終わり、ドラマパートに入って
話の本筋が見えだしてからは楽しんで見れました。

特に伏線とかはなく、キャラ自身がどんどん真相をしゃべっていくので、

誰が誰にどんな敵意を持っているか、
誰の正義と誰の正義の闘いか、
次に誰がどのような態度(行動)を取るか、

は見ていて分かりやすいものになっています。

ただ設定が斬新なもので、考えようによっちゃ
深く考えるべき所のあるテーマだと思ったので、
映画を見た後に、誰かと見に行っていたら
そのあとに良い語り合いができそうな作品だなという印象でした。

曲は澤野弘之の担当で
お洒落に仕上がっています。
特に主人公がバーニッシュの死の現実に直面し、
己の正義に疑問を感じ始めるシーンに流れる
ゆったりとした曲の「Λsʜᴇs」はこのアニメの世界観を
上手く表現していたのではないかと感じました。

声優に至っては、あやねるや小山力也さん実力深夜声優を脇役に固め
主役には、早乙女太一や堺雅人など俳優を多く起用しています。
堺雅人のキャラが強すぎて、もはや声優要素の半分は堺雅人では、
と思うくらいキャラが濃かったw

劇場に男二人で見に行きましたが、女子グループが非常に多く
これを勧められたのも部活の後輩の女の子でしたので、
アニメ好き女性界隈では人気な作品なのかなと勝手に推測しております。

投稿 : 2019/07/12
閲覧 : 23
サンキュー:

5

プロメアのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
プロメアのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

アトランティスが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ