「まちカドまぞく(TVアニメ動画)」

総合得点
81.2
感想・評価
545
棚に入れた
1914
ランキング
362
★★★★☆ 3.9 (545)
物語
3.7
作画
3.8
声優
3.9
音楽
3.7
キャラ
4.0

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

タック二階堂 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.3
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

魔族少女と魔法少女のゆるふわ日常友情物語。

詳細は公式でも。

なんか夢枕にご先祖様が立って、お前は魔族だから
魔法少女をぶち転がせと言われ、朝起きたらツノと
尻尾が生えましたよという話。

きららアニメだから、ゆるふわ日常モノで。
「ぼっち生活」のカイちゃんとアルのやり取りと
いう感じですかね。

制作はJ.C.STAFF。
なんでしょうね。「とあるアクセラレータ」に
リソースを振ったのか、背景がほとんどテクスチャ
という手の抜きよう。
背景描くの面倒なんですねえ。

まあ、四コマなのでしょう。そういうテンポ感は
ありますが、ギャグは面白いわけでもなく…

3話まで様子見ですね。

=====第2話視聴後、追記です。

誰かも指摘されていましたが、要するに構図は
「ガヴリール・ドロップアウト」ですね。
今んとこガヴリールには全然およびませんが。

30分枠がとても長く感じました。
まあ、有り体に言えば面白くないです…

次で判断します。

=====第3話視聴後、追記です。

ある意味、制作スタッフは超優秀かもです。

この弱いストーリー、ギャグを支えているのは、
優子のCVである小原好美さんに尽きます。
この人の喋り方は天賦の才だと思う。
「かぐや様は告らせたい」の藤原書記でわかる
通り、「魔法陣グルグル」のククリでわかる通り、
普通に話しているだけで、何か面白い感じになる
という才能をお持ちです。
ベクトルは違いますが、余人に代え難いという意味
では新井里美さんと同じですかね。

これは他の声優さんが演じていたら、たいして
面白くないということで初回切りしていたかな。
ヒロインに小原好美という人を起用したことが
最大のヒットかなと思いますね。

=====第8話視聴後、追記です。
{netabare}
しばらくノー天気な街角の魔族少女の学園日常
アニメとして、少しずつ面白くなってきたかなと
思っていましたが…

ここ数話、桃が体調悪くて魔力が減衰しました
と。そして魔力がなくなったら消滅してしまうと。

要る? そのシリアス展開。
{/netabare}
なんていうか、このせいで数話ずっと、何か引っか
かった状態でコメディ的にも楽しめていない
感じなんですよね。

どうせなら、ずーっとポワポワしたシャミ子と、
周りがつっこんだりつっこまれたりする日常アニメ
を貫いたほうがいいのにって思いますね。

=====最終話視聴後、感想です。
{netabare}
闇落ちしかけていた桃を眷属に誘うシャミ子
だったが、断られ、またこれまでみたいな日常が
始まりますよというオチで終了です。
{/netabare}
きらら系ということで、ゆるふわな日常まぞく
アニメかなという感じでしたし、いちおう序盤から
中盤まではそんな感じです。
ただ、後半からの桃の闇落ち的な流れが、
なんとも作品全体にジメジメした感じが漂い、
ポケッと観ているだけなのに、なんか奥歯にね…

悪くはない作品なんですが、きららアニメ
ということを前提に、以下の点がうーん…
・とにかく尺に押し込むためか、マシンガンの
ような早口のセリフ。特にシャミ子。
・きららとは思えないシャミ子のエロいおっぱい
強調の危機回避スタイル。
・桃の抑えた演技のせいか、音量が小さく
聞き取りにくい鬼頭明里さんの演技。
・作品全体をトゲが刺さったような湿った雰囲気に
してしまった桃の闇落ち。

ただ、シャミ子のCVを小原好美さんにしたのは、
大当たり。ツッコミがいい感じで面白くなって、
これが完走できた理由でもあります。

それと、これはさすがJ.C.STAFFだと思うのが、
とにかくキャラデザの可愛さだけは死守しようと
いう作り。作画は一定水準以上をキープしていた
印象です。今期4本も同時に走らせていたのに。

トータルとして「となりの吸血鬼さん」と似た
ような評価の日常アニメとなりました。
悪くはないけど突き抜けるような面白さがある
日常アニメではないというところ。

投稿 : 2019/09/27
閲覧 : 241
サンキュー:

6

まちカドまぞくのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
まちカドまぞくのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

タック二階堂が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ