「ありふれた職業で世界最強(TVアニメ動画)」

総合得点
60.1
感想・評価
147
棚に入れた
1138
ランキング
4058
★★★☆☆ 2.8 (147)
物語
2.6
作画
2.9
声優
2.9
音楽
2.9
キャラ
2.7
ネタバレ

ナポリタン

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:今観てる

テンプレ異世界転生を回避しようとした末路。

【感想】(1話を見て)
原作未読。
1話のみだけど以下、ちょい酷評。

公式のイントロダクション読んでいたから、最初の設定が分からないことは無かったが、異世界転生の経緯一切ないの?笑
普通に、異世界転生お決まりの転生シーンから始めて良いと思うのだが、、、

そして、内容がわからんこともないが、構成として時間を行ったり来たりする理由は不明。普通に時系列順じゃ駄目な理由が分からん。

「異世界転生」=「チート・最強」みたいなイメージって皆の根底にあるから、それを払拭するため、なるべく弱い職業、ということにしたと思うのだが、どのくらい弱い職業なのか裏付けがないからあんまり分からない。

さらに、他のクラスメイトなどの比較対象がないから、弱い職業という設定なのに、1話でかなり強くなったようにみえる。しかも、努力というよりは、肉を食って強くなってることで、あんまり努力感が滲みでない。

「成り上がり」的な部分を今後見せたいのか分からないが、今後の展開次第では「その職業弱くないやん」ってなりかねない。

主人公が邪魔するものは全員殺すってイキってて、イキリ系主人公は結構見慣れたから良いとしても、いじめられているシーンがほぼほぼないから、闇堕ちする理由が分からん、


1話だけなのにこれだけ突っ込み満載の作品ってむしろすごいと思う。

クラスごと転生
ハーレムは避ける(今後は知らないけど、Op・Ed見る限り、メインヒロインっぽい子は1人?)
チート能力を主人公に与えない、と
せっかく異世界転生系のテンプレイメージを払拭できそうな要素はあったのに、この内容ならテンプレの方が爽快感があって良いと思われる始末。

とりあえず3話まで見ようと思いますが、視聴断念濃厚。




【第1話】奈落の底の化け物 {netabare}
☆あらすじ {netabare}
クラスメイトと共に異世界へ召喚されたいじめられっ子の少年「南雲ハジメ」は、クラスメイトと共にオルクス迷宮を進んでいたが、あるクラスメイトの裏切りによって、迷宮の奈落へ突き落とされてしまう。

奈落の底に潜む魔物は、ハジメが今までの上層で出会った魔物よりも遥かに強く、錬成師という地味な能力では到底太刀打ち出来るものではなかった。
道中、「爪熊」というモンスターに襲われ、ハジメは左腕を失いながらも、必死に逃げ続けなんとか岩の中に逃げ込む事に成功する。

そこに偶然あった、怪我や魔力を瞬く間に回復する「神結晶」のおかげで目が覚め、生き延びたハジメは、食糧を求め、「二尾狼」などの魔物を食い始める。
魔物を食うことによってステータスが上がることを知ったハジメは、徐々に銃器などを作っていき、「蹴りウサギ」を倒す事で新たな能力なども身につけていった。

そして、自分の左手を奪った因縁の相手である「爪熊」も銃器やスキルなどを駆使して倒すことに成功した。

こうして、成り上がっていったハジメは、邪魔するものは全員殺すと誓うのだった。{/netabare}
{/netabare}
【第2話】パンドラの箱 {netabare}
☆あらすじ {netabare}
爪熊を倒し、1階層での能力上げに限界を感じ始めたハジメは、2階層で石化能力を有する「バジリスク」を倒すなどして、100階層あるオルクス迷宮の奈落の底を徐々に進んで行った。


一方、その頃のハイリヒ王国。
国王は、20階層で見つかったグランツ鉱石を使ったトラップによって65階層に転送され、「ベヒモス」と「トラウムソルジャー」の襲撃により、勇者一行に死者が出た、という今回起こった事件・情報を国民に隠蔽しようとしていた。


(回想)~~~
時はクラス一同が「トータス」に転送された頃。
そこで、「イシュタル教皇」がこの世界の状況と皆を転生させた経緯を説明をする。
この世界には、「人間族」「魔人族」「亜人族」の3種族が存在し、人間族と魔人族の勢力は拮抗していたが、魔人族が魔物を従えるようになった事で、人間族が滅亡の危機に陥る。そこで、トータスの人が崇める創造神「エヒト」がこの危機を回避するために、異世界から強い力を持つ皆を召喚した、ということだった。

この状況を説明され、先生は戸惑うが、クラスメイトの中でも「天之河光輝」、その親友の「坂上龍太郎」、共に仲が良い「白崎香織」「八重樫雫」達はこの世界に協力する事を誓う。
~~~(回想)


(現在)~~~
[雫サイド]
雫はこの世界を救う事が甘くないと知り、庭で剣の自主練に励んでいた。
そこを、何かぶつぶつ独り言を言いながら通り過ぎる「檜山大介」。檜山はいつもハジメに絡んでおり、それは異世界に来てからもそうで、且つ香織に対しても好意を持っているようだった。
そのおどおどした様子を少しだけ不審に思う雫だった。

一方、5日間も寝ていた香織がようやくベッドの上で目を覚ます。
少しだけ記憶が混濁していたが、ハジメの事を思い出し、心配して涙ぐむ香織だった。


[ハジメサイド]
一方、奈落の底から数えて50階層目に入ったハジメ。
そこで、ハジメは今まで見たことの無い術式のようなものが当てられた大きな扉を確認し、錬成でこじ開けようとした所、その両端に直立していた「サイクロプス」が動き出す。防御系の固有魔法を持つサイクロプスに少しだけ手間がかかったが、ハジメは難なく勝利する。


[香織・雫サイド]
ハジメが生きている可能性が物凄く低い事が分かりながらも、確認するまでは諦められないと思った香織は、親友である雫と共に、より強くなる事を誓う。


[ハジメサイド]
サイクロプスの体内にあった魔石が、大きな扉の鍵になっている事が分かり、それらを当てはめる事で、扉を開けるハジメ。
その中には、明らかに封印されている、と見受けられる様子の少女がいた。
最初は、面倒事に巻き込まれまいとして、その場を去るハジメだったが、その少女が発した「裏切られた」という言葉に反応し、話を聞くことにする。

どうやらその少女は、先祖返りの吸血鬼で強大な力を持っており、国のために王に利用された挙句、不死身の能力や陣無しでも魔力を直接操る能力などの強力過ぎる力を危険視され、封印された、との事だった。

話を聞き、封印を解いたハジメ。過去の名前で名乗りたくないと言ったその少女は、ハジメに月を意味する「ユエ」と名付けられる。
その名を気に入り、ハジメに抱きつくユエだったが、その瞬間ハジメは何者かに襲われた。{/netabare}
☆感想 {netabare}
前回に引き続き、またもや意味の無い時系列移動がある今回。
最初から順当に異世界転生して、世界設定やクラス関係の説明をして、ハジメが奈落の底に落とされる所までを1話でやり、そこから今回までを2話でやれば、まだ良いと思うのだがなあ.......

そして、タイトルにもある「ありふれた職業」(錬成師)というのが、弱かったり扱いづらいなりに何か試行錯誤したり努力したりして進んでいくのか、、と思いきや、そんな事はなく、ほぼどの場面もリボルバーのみで切り抜けてしまうという雑さぶり、笑
しかも、かなりのハイペースで50階も進んでいるのに、わざわざ職業設定を「錬成師」にする必要があるのか謎。これなら、最初から俺TUEEEE系の職業で構わない。

そして、クラス丸ごと転生されたのだから、その中での戸惑いとかあるのが普通の感覚だと思うが、みんな随分ポジティブかつ順応性高くて、さすがに自分は置いてきぼり笑


檜山には色々とされていたそうだが、その他のクラスメイトから物凄く悪い思いをハジメが受けていた訳ではなさそうだし、香織からは普通の心配以上の好意も感じられる。
のに!!「邪魔する者は全員殺す!!」とかまでに極端に全員を敵視する感情は理解し兼ねる。
もし、ハジメがあそこまでになる理由があるのならもう少しそういった描写がないと納得出来ない、、


そして、表向きのオルクス迷宮の階層と、奈落の底からの階層の説明は他のサイトで見て知ったが、そこはしっかりと説明しなければならないのでは??
表向きの100階層とその下に奈落の底100階層あるなんて描写1つも無いから、そこは説明するか、公にされている階層の説明とは違うっていう描写ぐらいは無いと、全く分からない。

後はユエの封印が簡単に解けすぎ。
何かしら説明があれば別だが、余程強力な力で封印していると思い込んでいる一視聴者としては、錬成師TUEEEE状態。

と、今回もツッコミどころ満載でした。
原作では、どうやら順を踏んでいるらしいのに、どうしてこうなってしまったのやら、、。{/netabare}
{/netabare}

投稿 : 2019/07/27
閲覧 : 175
サンキュー:

8

ありふれた職業で世界最強のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ありふれた職業で世界最強のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ナポリタンが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ