「OVA とある科学の超電磁砲[レールガン](OVA)」

総合得点
80.7
感想・評価
1940
棚に入れた
11343
ランキング
360
★★★★☆ 4.0 (1940)
物語
3.8
作画
4.0
声優
4.1
音楽
4.0
キャラ
4.2

ひき さんの感想・評価

★★★★☆ 4.0
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 3.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

最後の“オチ”は良かったなぁ

何かと注目を浴びていた御坂美琴はある時何者かの視線を感じた。
その後も何度も感じる視線に段々と苛立ちが募る。
“お姉さま”の異変を感じた黒子は、初春、佐天の協力を得て
事件の謎を追う。

美琴の能力は空も飛べるのか、低空ではあったが…。
一時的な大ジャンプだけと思っていたので
ちょっとビックリでした。

今回は、黒子が活躍、しかし。
初春の天然発言による黒子の“変態”っぷりが明らかに…。
楽しいオチでした。

投稿 : 2019/08/11
閲覧 : 247
サンキュー:

3

OVA とある科学の超電磁砲[レールガン]のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
OVA とある科学の超電磁砲[レールガン]のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ひきが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ