「ハイスクール・フリート (はいふり)(TVアニメ動画)」

総合得点
71.5
感想・評価
809
棚に入れた
3506
ランキング
814
★★★★☆ 3.5 (809)
物語
3.2
作画
3.7
声優
3.5
音楽
3.5
キャラ
3.6

ハウトゥーバトル

★★★★★ 4.6
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.5 音楽 : 5.0 キャラ : 5.0 状態:観終わった

物語より先にキャラが出来た話

視聴理由 とくになし

序盤 青春かぁ

中盤 これは...

終盤 なるほどありだね

この話は水没した日本で海上保安官が女性となった時代の話
あらすじを見ればわかると思うのですが日本結構沈んでます。軍艦に力を注ぎこんだ日本は平和の象徴として女性だけを海上保安官にしたところ、世界中で大流行。もはや今は軍艦は女性のもの、という概念を疑う人はいません。
ジャンルは青春・戦艦・学生
この作品を見て思ったことは「メインは物語の展開じゃなさそう」というイメージです。キャラ(学生)達の成長や葛藤を持っていくために「そういう状況を作る展開」感を感じてしまいました。もしかしたら作者はそう思っていないかもしれませんが、物語の展開が微妙なのは私的な事実です。設定の甘さも感じられましたし、具体的にああすれば面白そう、と指摘出来てしまったり。しかしそれを「キャラの成長」という青春さ(恋愛ではない)で完全に補っています。ガルパンとは違う「一体感」というものを感じさせながらも個性を生かして一つの目標を目指す姿や個々を認め合いながらも衝突してしまったり、葛藤を繰り返したり。
本当になに青春してんだ羨ましい
まぁそんな感じで悪くない作品となっています。物語の展開がつまんなくても学生のために視聴することをオススメします

監督は18禁恋愛ゲーム原作アニメのシリーズディレクターをした信田ユウさん。単独での監督は今回初。
シリーズ構成は「けいおん!」のシリーズ構成を担当した吉田玲子さん。
キャラデザは中村直人さん。今回が初なのにも関わらずちゃんと個性を保ったままなのはすごい
制作はプロダクションアイムズさん。デートアライブⅡを制作したところです

作画は安定していました。キャラデザも好みの女の子ばかりで、戦艦も手を似た様子は見られませんでした。戦闘シーンも丁寧でした。しかし、きれいかといわれれば微妙なところなので4.5にさせていただきます
opは山崎佳祐さん作詞曲、溝口雅大さん編曲、TrySailさん歌唱の「High Free Spirits」神曲
edは最近歌い手出身ということに(私が)驚いたZAQさん作詞作編曲、「FateZero」ed2を歌った春奈るなさん歌唱の「Ripple Effect」
声優さんはしっかり演技していたし、個性を表現できていた。すごいなって思う

総評 みればわかる。青春したいなぁ

投稿 : 2019/11/09
閲覧 : 67
サンキュー:

11

ハイスクール・フリート (はいふり)のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ハイスクール・フリート (はいふり)のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ハウトゥーバトルが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ