「幻魔大戦(アニメ映画)」

総合得点
65.6
感想・評価
113
棚に入れた
552
ランキング
2734
★★★★☆ 3.6 (113)
物語
3.5
作画
3.7
声優
3.5
音楽
3.7
キャラ
3.5

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ネタバレ

蒼い星 さんの感想・評価

★★★☆☆ 2.8
物語 : 2.0 作画 : 3.5 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.0 状態:観終わった

どう見てもカルト宗教アニメ。

【概要】

アニメーション制作:マッドハウス
1983年3月12日に公開された劇場アニメ。

原作は、『週刊少年マガジン』に連載されていたSF漫画作品。
(平井和正と石ノ森章太郎による共著)
または、平井氏単独の執筆で『野性時代』に連載されていた、
リメイク小説『幻魔大戦』
監督は、りん・たろう。

【あらすじ】

ヨーロッパの小国、トランシルヴァニア王国の第一王女のルナ姫が親善使節団の代表として、
アメリカ行きの旅客機で飛行中、宇宙からの飛来物が衝突して旅客機は爆散。

宇宙意識体のフロイの力によりルナの意識は地球から380万光年離れた宇宙に跳び、
フロイにビジョンを見せられて、10億年の間に無数の星雲、無数の島宇宙、
無数の生命を滅ぼして消滅させてきた大宇宙の破壊者、幻魔の存在を知る。

旅客機と衝突したのは、幻魔によってルナ抹殺の実弾として利用された救命カプセルであり、
海上の浮かぶ旅客機の残骸の上で只1人生き残ったルナは、救命カプセルの中から現れた、
かつて幻魔と200年戦って敗れ、2000年の眠りから目覚めたサイボーグ戦士ベガと邂逅する。

幻魔の魔の手が地球に伸びようとする今、宇宙意志によってルナは使命に目覚める。
それは、地球の超能力戦士を集めて、人類の生き残りをかけた戦いを幻魔に挑むというものだった。

【感想】

角川アニメーション映画の第1作目として興行収入10.6億円を稼ぎ、
83年度で、もっともヒットしたアニメ映画。

20世紀後半といえば、『ノストラダムスの大予言』の、
“1999年に人類が絶滅する”に影響されたフィクションが多く、
“宇宙からの侵略者”“地球の破壊”“人類の滅亡の危機”を取り扱った、
SFものや超能力ものが定期的にあったような。

それらは冷戦やら第三次世界大戦への懸念やらといった時代背景に支えられていた作品なだけに、
世界情勢が変わり、21世紀を無事に迎えた2019年の今となっては通用しにくいテーマですよね。

さて、幻魔大戦のイメージとしては、

・ハルマゲドン
・大友克洋
・オウム真理教の教義のパクリ元

ですが、原作者の平井和正いわく、主人公の東丈のイメージをぶち壊しで不満っぽいですね。
原作漫画を読むと石ノ森章太郎らしくサイボーグ009風味の作画であり、
東丈は人の5倍努力しても才能に恵まれなくて心が満たされなくて泣いている繊細な少年、
比べると大友克洋デザインのアニメの東丈はデコッパチのイキリ坊やにしか見えないという。
更に、東丈の姉である三千子も10歳以上老けて見えますね。

原作はSF少年漫画なのですが映画を実際に見てみたら、キャラデザが原型をとどめていないせいか、
目覚めがどうの、愛がどうのこうのと言い回しがやたらカルト宗教っぽい。
主人公の東丈と姉・三千子の関係については、原作にないシーンを入れて力を入れているものの、
それ以外の部分がやたら扱いが雑というか絶望感の演出目的なのでしょうか、
丈の友人やら恋人やらゾンビ映画で真っ先に犠牲になる役みたいに特に思い入れのないまま、
グロ混じりに使い捨てが激しかったり、
人類社会の雑な滅亡やらジェットコースター展開で余韻がない。
途中で超能力戦士が集まるのですが、え?あんた誰?みたいなキャラが唐突に増えていく。

2時間ちょっとの間に内容を詰め込んだものの展開に眠くなることが多くて印象に残りにくい。
当時の一線級のアニメーターをつぎ込んでいるのですが、モブがやたら少なくて動かなかったり、
止め絵演出を使ったりで、作画面でも感銘を受けることがない。

ジャンルはハードSFなのですが、地球規模の戦いのハズが幻魔の活動が限定的でこじんまりとしていて、
え?こいつらが異常気象で地球をボロボロにしたの?どうやって?と展開がツッコミどころだらけで、
ヒューマンドラマとしても急展開すぎて奥行きがないとシナリオに難あり。
所謂、“衝撃的な展開”にお化け屋敷的な刺激のドキドキを得られなければ、かなり厳しいのではないか?

やたら、『愛!』『愛!』言っていてカルト宗教の勧誘ビデオ的以上なものを何も、
映画から感じ取ることが出来なかったということで、評価がいまいちになってしまいました。

石ノ森章太郎萬画大全集で読んだ原作自体が打ち切り漫画であまり面白くなかったので、
このアニメも、それなりにしかならなかったのも仕方ないというところでしょうかね。


これにて感想を終わります。
読んで下さいまして、ありがとうございました。

投稿 : 2019/12/07
閲覧 : 295
サンキュー:

26

幻魔大戦のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
幻魔大戦のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

蒼い星が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ