「俺を好きなのはお前だけかよ(TVアニメ動画)」

総合得点
66.7
感想・評価
232
棚に入れた
926
ランキング
1694
★★★★☆ 3.3 (232)
物語
3.1
作画
3.5
声優
3.4
音楽
3.3
キャラ
3.3
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.5 音楽 : 3.0 キャラ : 2.5 状態:観終わった

ゲスを気取ったヘタレに需要無し

原作未読


うーん、、、小道具の“ベンチ”だけが面白かった作品。
なんならベンチのシーンではスポットライト当ててバックにヘンデルの『ハレルヤ』でも流せば上方修正してたかもしれない。

アンチ学園ハーレムが原作小説の執筆動機っぽいのですが、少なくともアニメでは捻りは加えていたもののハーレム色は濃かったように思えます。

私の他のレビューでも吠えてますし、あらためて自分の嗜好を言っとくと、ラブコメはキャラの行動言動で“キュン”と出来るか否かが評価基準。いい歳してキモいわけですがしゃーないです。
二次元の見た目で心震えたり「かわいいからまぁいっかー」となることはまずありません。
その視点で本作を捉えると、えーと、、、面白くないです。
いくら可愛い女子を逐次投入されたところで「そこじゃないんだよ!」となるわけであります。

女子の中ではメインの三色院菫子(CV戸松遥)/パンジーの魅力に引っ張られ完走できましたので、需要はゼロではないと思いますよ。
以下、ダメな理由。


■取り巻きの女子がちょっと…

パンジー以外考えてたり悩んでる形跡なしですよね。ビッチだとかアバズレだとか主人公くんに形容されたりもしてましたが、それ以前の問題で思考が現実の女性とは乖離し過ぎていてついてくことが難しいです。
ひまわり/コスモス/あすなろ/ツバキ/サザンカ/ひまわり等々記号的な存在に過ぎないのでパンジーとの三角関係に発展させる展開を視野に入れるのも無理があったし、少なくとも自分にとってはひまわり/コスモスあたり早々にモブ扱いでした。
ラブコメのメインストリームを担える女子がいませんでした。


■ゲスではなくヘタレ

ジョーロがしょぼい。
1.{netabare}その発想はないっしょ
 恋愛マニュアルに沿った行動して、その行動すら能動的に女の子にアクションをかけるものではない。そのくせ、意に反した反応を女の子がとれば“ビッチ”“アバズレ”認定してしまう典型的な童〇思考。
 実践なきヘタレ野郎っぷりが第1話から展開されてたので正直きつかったです。そう第1話からさっそく無理ゲーな私でした。{/netabare}

2.{netabare}終盤でもそうなん?
 ホースの進撃からいったん身を引いて土壇場で反転攻勢!への共感ができないできない。
 本件に限らず「あなたは勝てますよ」と他人に担保してもらわないと動けないのはヘタレ以外の何者でもないのであります。{/netabare}

あくまで個人の感想です(笑)
主人公のジョーロくんが策士っぽい設定そうだったのにそれとの乖離が気になった次第です。


■最近の流行なのかもしれませんが…

{netabare}TV放映分での結論が出てません。
終盤の重要キャラ“ホース”の登場も最終話手前の第11話。収拾つけるのは難しいしつけませんでした。{/netabare}

{netabare}“気になるので続編wktk”となるか“は!?だったらみねーよ”となるか。迷うことなく後者ですね。さようなら!{/netabare}



「実践」に勝るものは無いながらも、書籍から得る「知識」だって糧となるものとすれば、
リアリティをもって感情を揺さぶる筆力のある者か、エモさ全開でエンタメに振れる筆力のある者の作品を商業ベースでは主流にしてほしいもんです。
たまたまなのかアニメ化されるラブストーリーないしラブコメってこんなのばっか。童貞か引き籠りが妄想で書いた自己満足の作文見せられてるようで耐えがたいもんです。浅くて薄くて時間の無駄。


奇しくも自己満足作文ばかりを読んで育つとこうなりましたみたいなのが主人公ジョーロくんと言われれば納得してしまいます。
あくまで個人の感想です。

投稿 : 2020/01/08
閲覧 : 269
サンキュー:

39

俺を好きなのはお前だけかよのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
俺を好きなのはお前だけかよのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ぺーが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ