「心予報(Webアニメ)」

総合得点
計測不能
感想・評価
5
棚に入れた
6
ランキング
6010
★★★★☆ 3.6 (5)
物語
3.5
作画
4.0
声優
3.0
音楽
3.9
キャラ
3.6
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

あま~いキモチが溢れ出すピンクバレンタイン♪

2020年ロッテ「ガーナ ピンクバレンタインキャンペーン」のテーマソング、
Eve「心予報」のミュージックビデオ(YouTubeにて公開中)

【物語 3.5点】
バレンタインデーに向けて恋愛成就の計画と準備を進める
仲良し3人組の乙女心が、どんどん高まって、
バレンタイン当日、街じゅうにパ~~~ッと弾けて溢れ出す。

王道パターンを監督・絵コンテの依田 伸隆氏がこれまでのアニメOPディレクター経験
(最近だと『荒ぶる季節の乙女どもよ。』OP、『Dr.STONE』OP等)
で培われた言葉以上に伝わる仕草で演出。

“決戦の日”に向けた情報と時めきがスマホ等のデバイスに集積、加熱していく現代的要素も〇。

くすぐったいです。


【作画 4.5点】
相変わらず高密度な作画のEveのMV。
このシナリオパターンは如何にハートがリアリティを凌駕するか。
その瞬間のセンスにかかっているが、
本作は、アートディレクター田向 潤氏(きゃりーぱみゅぱみゅのMV等)
のデザインも交えた街並みの映像美により、あり得ないが“エモい”に昇華。

私のツボ:{netabare} “止まれ”標識が“止まらない”に変わる瞬間。{/netabare}

くすぐったいです。


【声優 3.0点】※セリフ無しのため基準点。


【音楽 4.0点】
「心予報」Eve 4th配信シングル(6thアルバム「Smile」(2020/2/12)にも収録予定)

MVは計画、準備といった人事を尽くす様子を描きますが、
ピュアな乙女たちが、どれだけキモチを昂ぶらせても、
成否は結局、運次第な所もあるのが、青春の甘酸っぱい部分。

天命を待つ心境を歌詞世界が補完することで恋物語が完成。

私のツボ:{netabare}黒板に見える化された歌詞の一部。縦書きに隠された“だいすき”{/netabare}

くすぐったいです。


【キャラ 3.5点】
なかなか踏み出せない感じの桃。
陽キャラな赤髪の“作戦”提唱者・茜。
クールビューティーでおとなしい白系ヘアーの雪絵。

三者三様のバレンタインへのアプローチによる
キャラ立てを通じて、その日を迎えるキモチの多様性を表現。
みんなチョコを買って贈ろう♪という菓子メーカーのバレンタイン商戦を正当化。

私のツボ:{netabare}チョコ渡したい男子と接近した瞬間のスマホ過去画像を
三人でデレデレしながら見せあいっこするカット。{/netabare}

くすぐったいです。


【感想】
ふと立ち寄ったスーパーの“ピンクバレンタイン特集”と銘打ったチョコ売り場にて。
このキャラ可愛いな……どこかで見たか?ちょっとググってみよう……。
といった感じで辿り着いた本作。

調べてみたらキャラクターデザインの斎藤 敦史氏は、
昨年・映画『BLACKFOX』のキャラデザで好相性を感じた方。

その上、企画・プロデュースは川村 元気氏ですか……。

私がこのMVに惚れ込んだのは必然でしたね。

投稿 : 2020/02/08
閲覧 : 166
サンキュー:

11

心予報のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
心予報のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

101匹足利尊氏が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ