「幸福路のチー(アニメ映画)」

総合得点
76.9
感想・評価
12
棚に入れた
54
ランキング
578
★★★★★ 4.1 (12)
物語
4.4
作画
4.0
声優
4.0
音楽
4.1
キャラ
4.1

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

ねごしエイタ さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

人生における本当の居場所

 チーという女性が、幸福路に帰ってきて変わった故郷を見て、これまでを回想し今に戻るお話だったです。台湾が舞台で、アメリカに変わると英語で話したです。

 チーの幼き頃から現在をやや詳細に描いている分、時間の長さも感じられたです。
 作画は、今では珍しい平成になる前の昭和を思い起こすような絵に、感じられたです。私には台湾の方、独特の人物設定だったと思えたです。

 亡くなったお婆ちゃん、両親、友人とのやりとりが、チーにしかない特別な体験だったようです。
 特にお婆ちゃんの存在は、とてつもなく大きかったようです。
 思い描いた日常と違う毎日を送っていたチーに、唐突な出来事がきっかけで、アメリカに行くことになった経緯が、人生を変えたようだったです。
 出会いであったり、生活であったりでしたです。

 今に戻ったときに出したチーの結論は、自分の居場所がどこなのか?を、認識したと過言でなかったです。
 それを決めたとき、私にはチーが選んだ生活の一部を否定することに、つながっていたようにも見えたです。
 どういうことであれ、チーを優しく迎えてくれたチーの両親が、とても良かったです。どんな未来に進んで、どの場所にいても帰る場所は必ずある、といったことだったのでないだろうか?を見た気がしたです。

投稿 : 2020/03/10
閲覧 : 169
サンキュー:

11

幸福路のチーのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
幸福路のチーのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ねごしエイタが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ