「『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版(TVアニメ動画)」

総合得点
75.9
感想・評価
212
棚に入れた
1052
ランキング
602
★★★★☆ 4.0 (212)
物語
3.9
作画
4.0
声優
4.0
音楽
3.9
キャラ
3.9
ネタバレ

ぺー さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

スバルみたいになるって

原作未読


せめて『異世界かるてっと』に登場する作品はおさえとこうか…な超有名作品。
タイトルの『Re:』から連想するに、続編なのか外伝なのかと勘違いしそうですが、れっきとしたしょっぱな1stアニメでした。『ゼロからはじめる…』という1st作品があるものと勘違いしてた私です。

2020年4月予定だった2期に合わせた再放送、新編集版と装い新たにしたVersionでの視聴となります。
第1話が1時間。以降話数2回分をワンセットにしてOPEDはセットにつき1回。第2話の頭にOP流して第3話のお尻にEDかける省エネ作戦です。途中閑話休題的な11.5話は総集編ではありません。

もともとを知らないので差分はよくわからず。目の前にあるものをまんま受け止めつつ、1話1時間の量配分というのはやはりというか見応えのあるものでした。
これくらいのレベルの作品になると観る前から事前知識は積まれていきます。だいたいこんなところ。

・ウザい主人公が大丈夫ならまぁOK
・レムが可愛い。いやエミリアっしょ
・俺TUEEEとはまた違うから安心して

引き籠りが転生先で一転ハーレム&俺TUEEE。サイコロ振ったら人生リセットできてウェーイ。賛意はもちろん情状酌量も同情の余地も一切ないゴミと公言してる私です。あなた怠惰デス!と異世界転生ものに吠えてたら他のレビュアーさんから控えめにご推薦頂きました。気を遣わせてしまってすみません。
※なお、正しくは異世界でも「召喚」または「転送」が語としては正確です。


結論…

いやー面白かったー!!の全25話(+1)。
これしか知らんけど今からなら新編集版で良いと思います。2話セットで話のブツ切れ感が薄め。
そしてさすがのレビュアーさん達。上記3点は作品を楽しむためのポイントでもありました。ネタバレから逃れられないのでこのへんは後述。
主人公のナツキ・スバル(CV小林裕介)が一生懸命頑張るお話です。残念ながら主人公は現実世界ではヒキコでした。ヒキコっぽい言動を全面に出しただけのアニメは鼻につくだけですがこれは違います。ヒキコであるが故の失敗をし、その理由を責任転嫁したり未熟さはあるものの、ゆくゆくは悔い改め行動が変わってく。
ここに成長を見るんですよね。別作品ですが、俺TUEEEが食傷気味だからといって俺YOEEEみたいなのを出す。結局それでは物語を構築できず、“実は強かった”“チート級の成長力でした”安直なものをいくつか目にしたことが皆さんもおありでしょう。
一口に成長といってもパラメータが0から100になればなんでも満足するわけではありません。100上がるでも過程が心に残るかが重要です。『Re:ゼロ』はまさに過程を見守るお話。上昇したパラメータは{netabare}“心の姿勢”{/netabare}でしょうか。皆さん仰る通りのなかなかの良作でした。



※ネタバレ所感

■主人公うざい?

あまり思いませんでした。

{netabare}序盤。エミリア(CV高橋李依)なりフェルト(CV赤﨑千夏)なりスバルが彼女らを見捨てるか否かの選択を迫られた時に何をもって彼女らの元に戻ったか?

 {netabare}彼女らの利他的行為への共感{/netabare}

スバルと巻き込まれたあの場面この場面。自分のためではなく他人のために行動した彼女らにスバルは反応したのです。いい奴確定ですね。{/netabare}


{netabare}“死に戻り”タイムリープの亜種でした。物語3分の2くらいまでは発狂やらゲス顔やら八つ当たりやら耳触りの良さとは無縁だったスバルくんです。
自分に置き換えてみます。自分には未来が分かっている。自分が未来を分かっていることを明かすことは出来ない。AとBとCとオプションがあって最悪の選択肢はA。大事な人はAを選ぼうとし自分には説き伏せる術がない。時には選択がAしかないように見えることもある。

{netabare}俺の言うことさえ聞けば…{/netabare}

選択肢BかCが見えてる時はこう考えてもおかしくありません。だってそうなんですもの。成功する結果が約束されてるのです。なお、選択肢が見えてない時は…絶望に叩き落されます。{/netabare}


{netabare}取れる選択肢がない時。この話をする前に、ストレス耐性が低かったりすると冷静な判断ができず普段は出てくる選択肢Bが出てきません。そして、難度が高い問題であればこそ常日頃の蓄積によって選択肢BでもCでもオプションを増やしてくことになります。

王選の候補者たちに交渉でけんもほろろにされる一連のシーンが好きです。

{netabare}交渉はテーブルに着く前の準備で全て決まる{/netabare}

社会人には耳が痛い話でしょう。学生さんはこれ覚えとくべきです。この命題は真だからです。
準備といえば今のコロナ禍での企業の向きあい方に通ずるかもしれません。BCP(事業継続性)やCSR(企業の社会的責任)観点で事前準備してきた企業または素地のある企業は何とか対応できてるでしょう。
「仕事内容が無理」「設備投資がかかる」「理由はよくわからんけどとにかく出社しないとできない」平時は良くても有事にボロが出る。あくまでたとえ話ということで、けんもほろろというかフルボッコにされるスバルは今このタイミングで準備をしてない企業の様と被ります。出来ない理由を列挙して過ごした歳月の負債が土壇場で湧き出てきます。王選の候補者たちも普段(平時)は人当たりよく接してくれました。有事では判断がよりシビアになるのは当たり前のことなのです。

その後の成長の描写はあくまで心の変化、つまり“ひきこもって努力を怠ってきた弱い自分を認めること”に焦点が絞られてました。実際はそこに知識や技術の上乗せがないといけないのですが、私にとっては充分“ご都合主義を無視できる範囲内”でした。{/netabare}



■誰がかわいい?

すみません。いつもの通りその観点では見てません。25話終わった時点で誰か一人を選べとなると、

{netabare}エミリアですかね。レム(CV水瀬いのり)の人気が高いのは頷けますが迷いはないかも。

いわば鬼っ子と忌避され続けた彼女エミリアにはスバルしかいません。レムについては幼少からのトラウマを解放してくれた英雄は間違いなくスバルです。が恩人への忠誠心から転じた恋慕の情。悪いとはいいませんがどうしても代替が利いちゃうんですよね。
そしてそもそも利他的行動に反応してたスバルくんです。自身のエゴやしょぼさにも向き合った彼がエミリアを見捨てる選択肢はないように思えます。

{netabare}どうせ嫉妬の魔女の魂がエミリアに乗り移ってみたいな強烈なイベントがこの後控えてるはずなんですよ。愛で乗り越えて欲しいな~。{/netabare}

{netabare}レムの凄みは18話。想い人からのプロポーズを為にならないと断り、フられるのを前提で想いを告げる。悲恋ですよ、、、たまらん。{/netabare}{/netabare}



■俺TUEEEではない?

その通り。ついでにハーレムとも違う。
引き籠りがある日突然異世界に…ってわりにはその悪イメージを払拭する出来です。俺TUEEEとはまた違うから安心してください。




2期はいづこへ。
後から聞いた話ですと新編集版の最終話Cパートが追加部分らしいです。けっこう衝撃的な終幕だったので原本視聴済みの方々もここだけチェックしていいのかもしれません。



視聴時期:2020年1月~3月 リアタイ

-----


2020.04.15 初稿
2020.09.30 修正

投稿 : 2020/09/30
閲覧 : 515
サンキュー:

64

『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
『Re:ゼロから始める異世界生活』第1期新編集版のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ぺーが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ