「イエスタデイをうたって(TVアニメ動画)」

総合得点
72.3
感想・評価
293
棚に入れた
926
ランキング
819
★★★★☆ 3.7 (293)
物語
3.7
作画
3.9
声優
3.8
音楽
3.6
キャラ
3.6
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★★ 4.5
物語 : 4.0 作画 : 5.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

目と目が逢わない 瞬間好きだと気付いた

2000年頃の東京を舞台に、大卒後、就職せずモラトリアムを継続する男性を主人公に、
抱えた想いを整理できず、踏み込めないまま、時にすれ違う、
男女の四角関係を描いた同名青春コミック(未読)のアニメ化作品。

【物語 4.0点】
1クールで原作11巻分の内容を描いたというハイペース。


事情説明が飛ばされている?と感じることもありましたが、
要所の心理描写は、心情が作画に滲み出る文学的表現も含めて
非常に丁寧で引き込まれます。


主人公・陸生(リクオ)がフリーターから徐々に人生の方向性が見えてくるのに従って、
恋愛についても気持ちが定まって行く全体構成も〇。

各回シナリオも、誰のどんな心情を描くかが明確で見易い。


主人公たちはグズグズしていますがw
制作スタッフたちの方針は整理ができている作品。


原作知らないとラストは
{netabare}晴(ハル)敗色濃厚だと思っていたので、驚きました。{/netabare}


【作画 5.0点】
デジタル技術でアナログの“匂い”を再現。

CGも交えて、物語の舞台となった当時の街並みや
小物を配置し構築したノスタルジー空間に、
手描き風の人物を息づかせる。

人物、衣装を象る輪郭線は撮影処理により、
描く角度によって濃淡、途切れ具合等が変幻自在。


私はギザギザした主線の変化を眺めているだけで楽しかったです。


4月に放送された夜桜シーンも綺麗でした。
外出自粛ムードの最中、良い花見になりました。


【キャラ 4.5点】
ヒロインの一人・しな子(“しな”は木へんに品)先生。
恋愛のアレコレを経験する前に、
{netabare}想い人との死別{/netabare}という重たい過去が心にこべりつく。

自他共に整理困難な彼女の心情が、四角関係を停滞させる。
そんなシナコに寄り添えるのは、決め付ける恋愛経験者より、
一緒に気持ちを確認しながら歩める優柔不断なリクオくらい……。

地雷多数で、難攻不落のグズグズ要塞に立て籠もった二人。
リクオにアタックを繰り返すハルちゃん。
“家族”っぽいシナコとの関係からのグレードアップを目指す浪(ロウ)くん。

年下二人の奮闘が切ないです……。


私の場合、救ってあげたいのはシナコですが、
付き合って楽しそうなのは断然、ハルちゃんですね。
なので私は終始、ハルを応援するひいき目で本作を観てました。

私もカップルで怪獣映画やクローネンバーグ監督作品を観に行く
変な奴らになりたいですw


【声優 4.5点】
リクオ役の小林 親弘さん。シナコ役の花澤 香菜さん。
ハル役の宮本 侑芽さん。ロウ役の花江 夏樹さん。

主要キャスト陣が、登場人物の抱える、
まだらな心模様を捉えた好演。


本作放送終盤、全4話の短編ラジオドラマも配信されましたが、
ボイスを聴くだけで、各々の表情が脳裏に浮かぶ位、
キャストがキャラクターを物にしていたと思います。


森ノ目シナコ先生の操を守る会を勝手に設立した?杜田先生(CV名塚 佳織さん)
など脇から停滞打破を促す大人のボイスも渋い。


【音楽 4.5点】
劇伴はクリエイター集団「agehasprings」
アコギなど静かなBGMでムードを守護。

ただ、音響の真骨頂は、むしろ音楽なしのシーンだったと思います。
環境音を交えて、世界観に浸っている時が一番耳が幸せでした。


OPはなし。毎回ノラリクラリと始まって作品世界に誘う流れ。

EDは序盤はユアネス「籠の中に鳥」が過去を拭い去れないシナコの心情を斟酌。
中盤はさユり「葵橋」の漸進するリズムに乗ってハルがリクオ“攻略”を試みる。
(て言うか、あのクソゲー、デバッグしたいですw)
終盤は作品名の由来となったRCサクセション「イエスタデイをうたって」のカバー。

尚、「籠の中に鳥」のユアネスはYoutubeにて、
公式アニメMVをフルverで公開中。
ステキです。見ましょう。


【感想】
視聴していて思ったのが、人間って意外と人の目を見て話してないんだな~という事。
大事な話の最中ですら、視線を逸らし続ける中でも、人は想いを募らせて行く。
そんな深い心理描写に惹かれる内、ドップリと作品世界に浸っていた感じでした。


ハル辺りは、互いの目が合ってないことを良いことに?
時めかされるリクオの表情を盗み見したりと、
実にくすぐったい挙動で魅せてくれました。

ハルはこの後、もしかしたら布団の上に突っ伏して、
瞳にコレクションしたリクオのマイベストでも思い浮かべながら、
唸ってバタ足とかするのでしょうかw

妄想するだけで萌えますw

投稿 : 2020/06/28
閲覧 : 205
サンキュー:

35

イエスタデイをうたってのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
イエスタデイをうたってのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

101匹足利尊氏が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ