「恋する小惑星(TVアニメ動画)」

総合得点
73.6
感想・評価
297
棚に入れた
1001
ランキング
708
★★★★☆ 3.7 (297)
物語
3.5
作画
3.8
声優
3.7
音楽
3.7
キャラ
3.6

ZORRRO さんの感想・評価

★★★★★ 4.1
物語 : 4.0 作画 : 4.0 声優 : 3.5 音楽 : 5.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

きらら系アニメで1番キラキラしてる。

【ストーリー・キャラ】

小惑星を見つけたい少女が入学してから、天文部改め「地学部」に入部するところから始まる物語。

きらら特有のテンションが合わない人でも、わりと見れそうなアニメだと思います。
絵とキャラはきららっぽさ全開。女の子ワチャワチャ・フワフワのんびり日常なのは
普通にきららなのですが、それを傍観するだけじゃない、濃いめのきららって感じでしょうか。
変に都合の良い展開でもないし、見ていて感慨深い点もあったりと、色々考えて見れたきらら枠でした。

詳しい・細かい知識がどうとかいう話でもありませんが、部活動を通じて(地学部として)
新鮮さを感じ、文字通りキラキラしてるのが、これまた良くって、見どころだったと思います。


キャラはちょい役も含めたらわりと人数いたのかなって感じもしますね。基本的に
みんながみんな行動力のあるようなキャラクター(かつ有能)なので、ちょい役でも魅力的でした。

メインは地学部の5人。あとは顧問の遠藤先生もわりとメインになってきます。
各々キャラがブレないので、お馴染みの展開にもなりますが、各々役割がしっかりしてる感じです。
基本的には部員5人でのワチャワチャにはなりますが、そのお馴染みのやりとりも和むので良かったです。

また、主人公が「小惑星を見つけたい」ように、他のキャラたちにも各々「夢」があったりもして、
それに伴った各キャラの深堀りなどもされ、そのあたりも見応えがありました。


作中で時間が進むので、そこでキャラが増えるといった人間関係の入れ替わり的な要素もあります。
ストーリーとしても、視聴者目線としても良い転調になってて良かったです。

「ちょい役」とか「行動力」と書いたように、学校外での活動描写も結構あるので、
色んなキャラと関わったり、他の地域での新たな発見など、飽きが来ない工夫を感じました。


個人的には主人公のみら推し。基本的にみらのテンションで進んでくので楽しい。
みんな良かったですね。みんな良いってのがきららアニメの見どころかと思います。


【音楽】

OPなおぼう、EDみのりんごと、かなーり硬いです。なんでこんなアニメに合いまくった曲になるのか(笑)
挿入歌としてキャラソンもあったりしてすごく良かった。

作中のBGMはとてもほんわかするテンションな曲調で、これもまた雰囲気作りが良く出来ていて感心です。

音楽で、アニメとしての満足感ぶち上がったポイントですね。


【他】

きらら枠といえば、見ごたえはあまり無い作品が結構多い印象でした。
しかし、本作は「女の子ワチャワチャして楽しい!」だけじゃないアニメというか、
女の子が明確な目的持ってて、かつワチャワチャしてるのが楽しいアニメだったと思います。

投稿 : 2020/07/24
閲覧 : 67
サンキュー:

17

恋する小惑星のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
恋する小惑星のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

ZORRROが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ