「はたらく細胞!!第2期特別上映版(TVアニメ動画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
7
棚に入れた
149
ランキング
6313
★★★★☆ 3.5 (7)
物語
3.4
作画
3.4
声優
3.7
音楽
3.4
キャラ
3.6
ネタバレ

101匹足利尊氏 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 3.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:観終わった

TVアニメ2期の一部“先行上映版”……迫力を取るか、納得度を取るか。

【物語 3.5点】
本劇場版は2021年・冬放送予定のTVアニメ第2期に向けて制作中のシナリオから、
原作5巻に当たるエピソードを中心にピックアップした内容を、
一本の長編映画としてまとめた“特別上映版”

(よって本レビューのネタバレタグを始め、本作のバレは2期のバレにもなると思われます。
視聴予定の方は、そこも留意して本作の情報を摂取しましょう)


放送版では、緩く繋ぐ見込みだったと思われる一話~複数話完結の各エピソードを
一本に束ねたためか、シナリオ間の接続部の表現不足。
また、お馴染みの人体用語の解説テロップ&能登 麻美子さんのナレーションについても、
TVでは回が変わった際、改めて提示する予定だったと思しき同じ解説が、
本上映版では一本の中で複数回繰り返される。
など異例の企画による歪みが散見される。


総じて見れば本作も、消化器官の役割について、ロードムービー風の展開を通じ、
楽しく“社会科見学”できる有意義な作品。

医学博士監修による、医療アニメのリアルとバトル&ギャグ両立のための線引きも熟慮されており、
人体活劇ムービーとしてのエンタメ性は確保されている。


ただ、本作は乳酸菌たちとの出会いと旅路を体験する一般細胞視点のシナリオと、
因縁の敵との再戦に燃える免疫細胞陣のシナリオの二本が軸。

1期で主役を張った赤血球は脇に置かれるので、
ざーさん赤血球に諸々補給して欲しい方などは
構成変化による成分不足に注意しましょう。


【作画 3.5点】
細胞の擬人化、人体組織の街並化や工場化など、デフォルメ力は健在。

小腸の{netabare}食品工場化{/netabare}や、大腸及び大腸フローラの{netabare}水族館化{/netabare}
辺りは想定の範囲内でしたが、
サイトカインによる活性化作用の表現については予想外でツボにハマりましたw
({netabare}細胞(ヒト)は黒歴史の数だけ強くなれるのですw{/netabare})

アクションシーンでは劇場版企画の環境も生かして、
TVアニメ1期よりも長尺で激しい(中二病)バトル描写が実現。


それにしても本コンテンツの表現は中々のグロ、スプラッターぶりだと思われますが、
映倫【G】区分なのが謎です。

ひょっとして、本編前のショートムービー『血小板 映画館へ行く』だけチェックして、
ほのぼの教育ムービーだと勘違いされているのでしょうかw


【キャラ 4.0点】
新キャラの乳酸菌たち。ゆるキャラぶりで作品内外を和ませる。
{netabare}(プリン……“体”をモフる姿など、ゆる過ぎてオキシトシン分泌不可避){/netabare}
種類ごとに異なる役割で人体活動もシナリオ展開もサポート。

どうせなら明治か森永辺りとコラボすれば面白そうなのに。
今後のプロモーション期待してます。


免疫細胞陣と敵の問答では、全体のために命令に従う忠誠心と、
義のために自由な判断をする自立心。
キャラの矛盾追求を通じて、人体だけでなく組織とは何かも問う、
本シリーズのサブテーマも深化。


主人公ポジションを担った一般細胞については、
免疫細胞陣への突っかかり方などに、やや唐突感、無責任感あり。
放送版での説明補完が課題。


【声優 4.0点】
NK細胞役の行成 とあさん。振り幅の大きい役が揃う本シリーズのご多分に漏れず、
威勢の良い暗殺者ボイスを軸にギャップを提供。
{netabare}(毒舌は恥じらいや心の弱さを守るためのバリアなのですw){/netabare}


振り幅と言えば、日和見菌。
腸内環境に応じて与する勢力や態度をコロコロ変える風見鶏ぶりを、
CV.田村 ゆかりさんが、CV.ファイルーズあいさんらを引き連れ、
恥も外聞もない堂々の掌返しを演じ、“王国”の威厳を保つ。

大腸フローラの闇は深いw


その他、ピロピロやかましいピロリ菌役の福島 潤さんなど、
キャスティングの意外性だけでも腹筋攻撃力あり。


【音楽 3.5点】
OP主題歌は1期に引き続き細胞陣による「ミッション・健・康・第・イチ」
ギターアレンジを盛ってほんのりパワーアップ?

劇伴も末廣 健一郎氏&MAYUKO氏の続投。
改めて劇場で聞くと、結構、壮大なBGMが多いと再認識。

ED主題歌は細胞陣による新曲「GO!GO!細胞フェスタ」
朗らかなメロディーに、おどろおどろしい仕事人の台詞が踊る
相変わらずの歌詞世界に、一般細胞や乳酸菌も巻き込まれる。


【感想】
2021年冬クール。個人的に豊作見込みで、早くも関心作全部は追えないことが確定済……。
『はたらく細胞』に至っては、来年1月より、放送形態不明ながら、
第2期とスピンオフ『~BLACK』の2作品を放送することが決まっていて、
どう視聴していこうか難儀していた私。

本“先行上映版”で2期の概況は掴めたので、
来冬については、『~BLACK』から優先的に視聴したいと思います。


一応、劇場版クオリティには達していると思われる本作。
迫力のバトル描写を先取りするか、スルーして2期視聴でジックリ物語を消化するか。
各自の事情に応じて、用法用量を守って服用しましょう。

投稿 : 2020/09/08
閲覧 : 201
サンキュー:

16

はたらく細胞!!第2期特別上映版のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
はたらく細胞!!第2期特別上映版のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

101匹足利尊氏が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ