「魔女の旅々(TVアニメ動画)」

総合得点
66.9
感想・評価
72
棚に入れた
525
ランキング
1915
★★★★☆ 3.5 (72)
物語
3.4
作画
3.7
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.5
ネタバレ

VECCI さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 4.0 状態:今観てる

第3話 やっちまったな…

第1話  多分名作。賭けてもいい。
{netabare}
「我慢をし過ぎなんですよ、イレイナ。
 自分が耐えればいいだなんて思わないでください。
 気に食わないことがあるなら戦いなさい。
 嫌なものは嫌だと、ハッキリ言えるようになりなさい。」

これほど完璧な第1話には、なかなかお目にかかれないでしょう。

魔法少女に抵抗無い方ならだれでも楽しめる作品になりそうな予感。「魔法少女?まどマギこそ至高ッッ!それ以外は全てゴミであるゥゥゥキリィィッッ」な方は論外なんでしょうけど。今どきいないかそんなやつ。まどマギが必修なのは異論は無いんだけどね。

見習い魔女が師匠を見つけて修行して魔女認定受けて親元を離れてさあこれからどんな出会いが待ち受けているのでしょうか?といった導入部分がコンパクトに収まった第1話ですがメチャクチャいいです。ステキです。ハートフルパーフェクトリーです。作画も背景もキレイ。

修行シーンでの魔法表現は本格バトル作品を軽く凌駕する程のド迫力。中二作品の様な魔法陣展開からのピカピカドッカーンみたいな無駄な派手さはありませんが、火炎、光弾、雷撃、降石、衝撃波、射出からの弾道、弾速、着弾、防御、土埃などなどメチャクチャ芸が細かいです。基本バトルモノではないと思うのでここだけかもしれませんが。

これ多分見たほうがいいヤツです。
{/netabare}
第2話  思ったとおりで安心
{netabare}「あなたはこれから独りになります。
 でも、孤独ではありません。」
いいですね。OPEDまで世界観にマッチしてて統一感のある作風は好きです。しかし旅の初回にしてはいきなり格下相手の指南役という挑戦的な構成。エピソードだけだと奇をてらって主役を名言説教装置にした作品だと捉えられてしまう可能性もありそうです。でもイレイナの造形からして今後鼻をへし折られる展開は必ずあるでしょうからそうではないでしょう。格上との出会いもあるはずです。まだこれだけだとよくわかりませんが世界の一大事に巻き込まれるような大きなストーリーでは無いような気がしますし、そうであって欲しい。

個人的には見たまんまの雰囲気で行きそうな予感がするので安心です。視聴者の予想を裏切るぜ!みたいなビックリギミックを求めてるわけではないので。本当にまどマギの罪は大きいなあと思います。アレは初見殺しの一発ネタの反則技だったからこそ面白かったのであってアレをスタンダードにされてしまうのはきちんと王道の物語を製作してきた方々、王道を愛する方々にしてみれば迷惑極まりないと思うのです。

この第2話はいきなり落ち着いた感じなので次回の展開では見切る方も出てきそう。刺激的な奇抜さや斬新な設定の新鮮さを求めるとつまらないでしょう。そういう作風ってのはタイトルとビジュアルでわかるように提示するものですが、それがそのまんまだと「見たまんまじゃん、捻りが無いなあ」とか言われちゃうようなクソみたいな風潮はマジで撲滅して欲しい。

アニメに何を求めるかは各々の自由ですが私は元ネタ当てゲームをしたいわけではないので、今後もこのテイストで続いて欲しいです。
{/netabare}
第3話 やっちまったな…
2話をハートフルにした上での今回。これはいったい何がしたいのか?さすがにこれだけでは判断が出来ませんが、この序盤の段階でこのエピ投入は「ククク…この作品はただの人情旅物語じゃぁないんだゼッ」というアピールでしょうか。このエピを入れるにしてはセオリーとして早すぎな気がしますので掴みのつもりなのでしょう。はっきり言って「安っぽい」。2エピありますが展開自体はどちらも本当に、本当によくあるやつ。ベタベタの古典。まあベタなのはいいんですが何を感じて欲しかったのかがよくわからない。

前半はもし「諸行無常」をやりたいのだったらあまりに描写不足。ベタな古典展開ならここでイレイナが敗北感とか無力感を感じて自分の不甲斐なさにうちのめされて尊大な態度を改めるとかそういう感じで使う展開だと思うんですが。事態の解決に向かうわけでもないし。それは別にいいんです。世の中どうにもならないこともあるって事を知るってのをやりたいのなら。だがしかしイレイナがフーンって感じでスッと撤退するのでこれでは単に嫌な奴にしか映らないしそう思わせたいにしてもこれまた微妙。これはホントに何がしたいのかわからない。単純に演出が下手ってことでいいのかな?1話2話がキレイにまとまってただけに混乱しかない。

後半はもうね。匂わせがキツイ。プンプンする。クドすぎる。もしかしてセリフに頼らず絵で表現するゼッをしたかった?見たまんま過ぎる…。バリバリ怪しいだけ。騙す気マンマンのフェイクで初見殺しよりはまだいいけどさあ。そして見事に予想からミリもズレない本当に本当にもう本当にありきたりなベタベタ展開。観てるこっちが恥ずかしい。

wiki見ると3話とも絵コンテ演出スタッフがそれぞれ違うので今回はそいつがやらかしたと思うことにします。でも多分先は怪しいなあ。騙されたかも。

投稿 : 2020/10/20
閲覧 : 328
サンキュー:

25

魔女の旅々のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
魔女の旅々のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

VECCIが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ