「境界の彼方(TVアニメ動画)」

総合得点
86.6
感想・評価
3327
棚に入れた
18338
ランキング
170
★★★★☆ 3.9 (3327)
物語
3.7
作画
4.2
声優
3.8
音楽
3.8
キャラ
3.9

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

take_0(ゼロ) さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 4.0 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:観終わった

「ハッピーエンドになるのがわかっているのに見続けるのは無駄じゃない?」

「無駄じゃない、それが娯楽ってもんです。」

ラストの美月と秋人のセリフのアレンジです。
ある意味本質、ある意味冷めたもの言いかもしれませんね。
しかし、概ねこれを踏まえた上で多くの物語は作られており、それが王道と呼ばれ、私たちは安心して観ることが出来ているのです。
だからこそ、たまにある王道を外した結末に新鮮さを感じ、驚きを感じ、ざわついた感情を覚えることになると思います。

この物語は、広い意味で王道と呼ばれる側になるでしょう。
そういう意味では安心ですw


さて、京都アニメーションのクオリティの高さはもはや言うまでもないのですが、今作もやっぱり観させる力のある作品です。


物語のストーリーを細かく説明することは避けますが、
後半、ガラリと雰囲気、本筋が変化を見せます。


手法としては、今までもなくはない手法ではあるのですが、ここまで持ってくる絵の力、キャラクターの力、そこまでに培ってきたキャラクター同士の人間関係、作品の総合力によって観ている者をひきつけます。


「そうだったのか!」


という、驚きがあるのではないでしょうか。
そしてヒロインの栗山未来に、そう仕向けたものに「不愉快」な思いになります。





自分を犠牲にして守りたいものを守る決意をした女の子。

世界を滅ぼすかもしれない力から解き放たれたのに、自分の好きな娘を助けるために、再びその力を引き受け生きていこうと決意する男の子。



似たもの同士ですね、お似合いです。





物語の最終盤は、ほんの少し駆け足で、ほんの少しごちゃごちゃしていて、
ほんの少しご都合主義だったかもしれませんが・・・。
なあに、全体の質感からすれば、些細なことです。


「不愉快」じゃぁ、ありません。




神原お母さんのノリが好きです。
友人たちもしっかりとキャラ立ちしています。
ストーリーを盛り上げ、作品を魅せる大きな力になっています。




もしかしたら、ジャンル的に得意、不得意はあるかもしれませんが、
私は観てみてほしい作品です。

機会がありましたら、ぜひご覧くださいませ。


P.S.この作品を見直していた時、OPが流れたとき、
ふと「ヴァイオレット・エバーガーデン」が頭に浮かんできました。
雰囲気のせいかな・・・とりとめのない話ですが、つながっているんだなぁとしみじみ(あくまでも個人の感想です)

投稿 : 2020/10/13
閲覧 : 333
サンキュー:

22

境界の彼方のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
境界の彼方のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

take_0(ゼロ)が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ