「言の葉の庭(アニメ映画)」

総合得点
84.1
感想・評価
1885
棚に入れた
8920
ランキング
233
★★★★★ 4.1 (1885)
物語
3.9
作画
4.6
声優
4.0
音楽
4.0
キャラ
3.8
ネタバレ

Fanatic さんの感想・評価

★★★★★ 4.3
物語 : 4.0 作画 : 4.5 声優 : 5.0 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

雨も降らんか 君を留めん

本作「言の葉の庭」と同じ、新海誠監督の「君の名は。」と二本続けて観た直後の感想ですが、私は本作の方がずっと好みでした。

『〝愛〟よりも昔、〝孤悲〟のものがたり』というキャッチコピーを付けられた本作。
〝孤悲〟とは、万葉集の中で多く使われている〝恋〟の当て字で、当時の恋とは「ひとり悲しむもの」「片思い」という意味でした。
〝思いつめて張り裂けそうな心〟というニュアンスを含んだ言葉だそうですが、すごくエモーショナルな当て字です。そして、この作品を見事に象徴している言葉でもあります。

まず目を引くのが、忠実に再現された新宿御苑の風景。
恐らく、実写で取り込まれた画像を加工しているのだと思いますが、もしあれがフルCGや手描きで描かれたものだとしたら、物凄い再現度です。

内容は、雨の日の新宿御苑で偶然に出会った、人生に行き詰った二人の交流の物語。
靴職人を目指している孝雄(15)と、とある事件がきっかけで職場へ行けなくなった雪野百香里(27)が、雨の日の秘密の交流を重ねていくうちに、徐々に惹かれ合っていく様子が静かに紡がれてゆきます。
外界から二人だけの世界を隔絶するように振り続ける雨が、とても印象的でした。

雪野役の花澤香菜さんは、雪野がファンデーションを落として粉々に割れてしまうシーンで涙が止まらなくなったと仰ってますが、女性ならではの心理を小物で巧みに表現されているのも本作の特徴です。

因みに、「君の名は。」で花澤さんがちょい役で出ていたのは、雪野が先生役で出演していたからです(四国の実家に帰ると行っていた雪野が、なぜ岐阜で教師をしているのかは謎ですが)

15歳と27歳の交流ですから、この先も男女の関係に発展することはないだろう、と、恐らく本人たちも心のどこかで悟っていたことでしょう。
それでも、徐々に恋心に似た感情を募らせていく孝雄と、それを受け入れられず、しかし、突き放すこともできない雪野……その、共依存にも似た関係に、観ているこちらも徐々に胸が締め付けられていきます。

そんな観客の思いと二人の感情が、ラストシーンで一つになります。
{netabare}
東京を離れると告げた雪野に対して、想いのたけをぶつける孝雄。
そんな彼に対して雪野も、「私はあなたに救われていた」と、初めて心のうちを曝け出します。
互いに必要としていたことを初めて確信すると同時に、溢れ出す感情と涙。
まるで、それまでの40分がこのシーンの為の前振りだったかのように思える、見事なまでの収束感。
{/netabare}
最後に流れるエンディングテーマの「Rain」も、本編の余韻を心地よく盛り上げてくれます。
映画における音楽って、この程度の主張で十分なんですよね。
この後に観た「君の名は。」は、音楽の自己主張が強すぎて辟易しましたが……。

お勧めの一本です。
「君の名は。」を観ていない方は(あにこれユーザーにそんな方がいるのかどうかわかりませんが)、先にこちらを観ておくと、ちょっとしたリンクが楽しめてお得ですよ♪

投稿 : 2020/11/10
閲覧 : 62
サンキュー:

8

言の葉の庭のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
言の葉の庭のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

Fanaticが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ