「戦翼のシグルドリーヴァ(TVアニメ動画)」

総合得点
65.8
感想・評価
203
棚に入れた
584
ランキング
2449
★★★★☆ 3.3 (203)
物語
2.8
作画
3.5
声優
3.4
音楽
3.3
キャラ
3.4
ネタバレ

HmFDB75691 さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 3.0 作画 : 3.0 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

11話、最終話 北欧神話をアニメ化すればよかった

曲を含めてEDが秀逸。EDの世界観が反映されたらもっといい作品になると思う。


第1話~第8話 クラウディアは、運命の女神スクルド
{netabare}
印象に残っているのは、水着回でお尻を叩くシーン。考察する必要もないと思ったけど、意外ときちんと作られている気もする。

・クラウディア
EDの糸を考えると、クラウディアは運命の女神スクルド。
運命の女神ノルンの三姉妹のうち、長女ウルドは運命の糸を編み(過去)、次女ヴェルダンディが紡ぎ(現在)、三女スクルドが断ち切る(未来)。EDは糸が編まれて紡がれた状態。さらに、スクルドだけが戦乙女ワルキューレも兼ねている。


世界観について。色々役割が入れ替わっていると思う。

・ワルキューレとシールド隊
人間が強くなるのを見守り、ヴァルハラに送るのがワルキューレ。シールド隊が守ってワルキューレを強くさせている。

・ミッドガルド(人間界)とヴァルハラ
ラグナロクのときに巨人族と戦う戦力として、人間(の魂)を鍛えるのがヴァルハラ。食事をさせたりもする。戦闘以外に、食事のシーンがよく出てくる。空間はミッドガルドだけど、役割はヴァルハラ。魂ではなく、生身の人間がいる。
クラウが向かったさきが空間はヴァルハラだけど、役割はミッドガルド。だからオーディンの絵画があったりする。魂が存在する世界。

・トールとヘイムダル
アースガルズの見張り番はヘイムダル。それがトールになっている。海の波から生まれたヘイムダルに対して、トールは山のなかにいる。富士山のなかにアースガルズがあって、ピラーはアースガルズに集まってきた神々か巨人族。

・オーディンとロキ
神話で、オーディンはヴァルハラにいる。これも役割が変わっている可能性もある。オーディンだけどロキの役割をしてオーディンに変装とか。ヘイムダルとロキは敵同士。トールとロキは仲良し。光線はヘイムダルがロキを狙ったと思われる。

・神々と人間
ラグナロクのときに神々が戦うのは巨人族。ピラーが神々なら神々と人間が戦っている。ロキがそう仕向けた可能性もありそう。
ウルドとヴェルダンディが捕まったから、過去(神話)と現在が融合した世界になったのかも。
{/netabare}

第9話、第10話 リズベットがオーディン
{netabare}
クラウディアは運命の女神スクルドで、ウルドとヴェルダンディになにかあったから、過去(神話)と現在が融合した世界になった、そんな感じで予想している。

ラグナロクを望んでいるのは、オーディンではなく、ロキだろう。
ネームドワルキューレを分けてみた。

・ワーグナーの『ニーベルングの指環』に登場するが、北欧神話に存在しない
シュヴェルトライテ、ロスヴァイセ、ジークルーネ、オルトリンデ、ヘルムヴィーゲ

・指輪に登場しないが、北欧神話には存在
ゲイルスコルグ、ランドグリーズ、レギンレイヴ、スヴェイズ

シュヴェルトライテはワーグナーの創作だから、クラウは北欧神話のワルキューレ(スクルド)と解釈できる。ロスヴァイセのリズベットはオーディン。ミーミルの泉に行って片目を失い、眼帯を付けるようになった。富士山のなかにミーミルの泉があるなら、巨人の国もありそう。
{/netabare}

11話、最終話 北欧神話をアニメ化すればよかった
{netabare}
結局、北欧神話はどういう扱いになったのだろうか。
北欧神話は面白いから、舞台を現代にするくらいで、あとは北欧神話をそのままアニメにしてもよかったと思う。
{/netabare}

投稿 : 2020/12/27
閲覧 : 254
サンキュー:

5

戦翼のシグルドリーヴァのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
戦翼のシグルドリーヴァのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

HmFDB75691が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ