「アリスインデッドリースクールコネクト(未定)」

総合得点
計測不能
感想・評価
8
棚に入れた
16
ランキング
6614
★★★★☆ 3.3 (8)
物語
3.1
作画
3.7
声優
3.3
音楽
3.4
キャラ
3.3
ネタバレ

にゃん^^ さんの感想・評価

★★★☆☆ 3.0
物語 : 2.5 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 3.0 キャラ : 3.0 状態:観終わった

「ゲキドル ACTIDOL SCHOOL」劇中劇「アリスインデッドリースクール」の感想

公式情報 
{netabare}
INTRODUCTION
{netabare}
学校の屋上で漫才の練習をしていたユウとノブ。
同じ頃、校舎の中は人間ではない「別のモノ」の存在であふれていた。
「別のモノ」に噛まれて死ぬと、同じく「別のモノ」となって人を襲うようになるという。
混乱した学校で、ユウとノブ、そして生き残った生徒たちは
その魔の手から逃れることができるのだろうか――。
{/netabare}

スタッフ{netabare}
企画・プロデュース:サトウケイイチ、永井 理
原案:麻草 郁(アリスインプロジェクト)
企画協力:鈴木正博(アリスインプロジェクト)
脚本:影山由美
キャラクター原案:関谷あさみ
キャラクターデザイン:立石 聖
音楽:Prhythm/epx
監督:山内重保
アニメーション制作:フッズエンタテインメント
製作:ゲキドル製作委員会
{/netabare}
キャスト{netabare}
墨尾 優:M・A・O
百村信子:持田千妃来
村崎静香:赤尾ひかる
橙沼霧子:諏訪彩花
紅島弓矢:山本希望
青池和磨:髙野麻美
氷鏡 庵:秋吉あや
高森朝代:佐藤亜美菜
界原依鳴(部長):水橋かおり
黃市恵美:小笠原早紀
猪狩 薫:八島さらら
繁本雪文:鈴野 玲
{/netabare}
{/netabare}


1月4日の新春スペシャルで
「ゲキドル ACTIDOL SCHOOL」といっしょに放送された
「ゲキドル ACTIDOL SCHOOL」内の演劇、ってゆう設定のアニメ。。

ウィキペディアを見たら

「劇中劇『アリスインデッドリースクール』
元々は麻草郁原作・脚本による舞台作品で、2010年からアリスインプロジェクトによって上演されている。2016年にアニメ化が発表された。

2020年9月18日にテレビアニメ『ゲキドル』の劇中劇として描かれることが発表された。2021年3月3日発売予定の『ゲキドル』Blu-ray Disc BOXにOVAとして収録される」

って書いてあって、あにこれのページのタイトルは
「アリスインデッドリースクールコネクト」
になってるけど、それはリアルの演劇でのタイトルで
今回のアニメは「アリスインデッドリースクール」特別版 でいいみたい。。


感想
{netabare}
あらすじは公式のINTRODUCTION↑を見てね☆彡


学園ゾンビホラーってゆう感じで、劇のことは分からないけど
アニメだとただの「がっこうぐらし!」のパクリにしか見えなかった。。

どうしてゾンビになったか、とか、ゾンビってゆう言葉が出てこないのに
みんな当たり前に
ゾンビにかまれて死んだ人はよみがえってゾンビになる、って知ってたり

そんな異常な状態なのに、平気でゾンビのいる階に行ったりする子がいたり
緊張感がなくって変。。


あと、助けに来たはずのヘリコプターが
ゾンビにかこまれて、逃げようとして自爆しちゃったりもおばか。。

ふつうだったらゾンビがいない屋上とかに止まるか
ロープを下ろして、屋上から1人ずつ釣り上げるとかしそう。。


それに生徒会長会長が子どものころ変身アイドルにあこがれてたとか
タバコを吸ったのがバレて野球部を解散させた子の話とかまで入れて
25分くらいのおはなしにしちゃったから

さいごにみんなでモールに向かおうってして
ユウが仲良しのノブに声をかけたら、ノブのようすがおかしくって
座りこんだノブを見てユウが「あぁっ!」って言ったところでED。。

おはなしの流れは分かったけど
コワさも、スリルも、人間ドラマみたいのも
何にも伝わってこないおはなしだった。。

たぶん、続きはリアル演劇で、ってゆう
ちょっと長いPVだったんじゃないかな?
{/netabare}

投稿 : 2021/01/06
閲覧 : 96
サンキュー:

12

アリスインデッドリースクールコネクトのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
アリスインデッドリースクールコネクトのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

にゃん^^が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ