「銀魂 THE FINAL(アニメ映画)」

総合得点
75.5
感想・評価
16
棚に入れた
135
ランキング
642
★★★★★ 4.1 (16)
物語
4.1
作画
4.0
声優
4.3
音楽
4.0
キャラ
4.1
ネタバレ

テナ さんの感想・評価

★★★★★ 4.4
物語 : 4.5 作画 : 4.0 声優 : 4.5 音楽 : 4.5 キャラ : 4.5 状態:----

掴み取った未来

人気ジャンプ作品のギャグ枠
銀魂は安定の劇場版でした。
いきなり、これまでのあらすじを伝えて来て説明だけは解りやすいのですが…
あれ?別のアニメが始まってるじゃんww
シルバーボールとか別のアニメのパクりを堂々として、次はいきなり2年後とか、別の海賊アニメぽいのもパクるしww
安定のパクりネタも沢山盛り込んでました。

銀魂はギャグアニメで人気が高いですが、私が好きなのはどちからと言うとシリアスな物語の方です。
普段は適当でダメ人間みたいな銀時

でも、守るべき者や戦う理由が出来た時の格好良さと来たら本当に素敵です。
劇場版の3分の2はシリアスな展開。

VS虚戦の完結編です。
戦闘シーンはすごく良かった。
普通のバトルアニメに比べたら正直迫力に欠ける部分がありましたが、戦闘シーンの演出が絶妙で最初から全力なのが良く伝わりました。
そして、戦闘時の演出の挿入歌は凄くよかったですw
個人的に戦闘中の挿入歌演出は激アツですww

さて、物語としてはストーリーも凄く良かったと思います。
上手くギャグとシリアスの使い分けが出来ていたのと、銀さんの「さん」って「三」って意味でまさかの秘密が明らかに…銀さんの3分の2はお爺さんじゃないかww
久々の万屋再会もギャグ入れてくるしw
まっ、銀魂に関してはその方が作品のらしさがありますけどね。

でも、彼らの戦いって見てると凄く安心するのです。
見ながら感じたのは銀時の周りってライバルであったり、昔馴染みや友達や師弟関係や仲間が本当いい関係性だなぁーと感じました。
今まで紡いできた物がこの劇場版で形にされていました。

ピンチを力を合わせ助け合い切り抜けて行く。
その辺りを強く感じたのは、銀時vs高杉(虚)、新撰組にサポートされながら松陽先生の所へ向かうシーン、新八と神楽が松陽先生をサポートするシーン、銀時が松陽先生に万屋や仲間の素敵さを語るシーン

さて、後半はギャグ満載でした。
戦いの後の話。
実はこの最後の最後でかなり笑わせようとしてきますww
最後は劇場版と言うよりはアニメ放送を劇場で見ている感じがしましたw
そして、このギャグ全てを、あの男が黒幕としてオチを付けてきますww

ラストに銀八先生がありました。
終わるからと全力投球で質問と回答が投げられていました。
高杉の扱いが雑だと言う事実もしらされましたねw

そして、最後のゴリラが劇場の中を走り回っているような音声演出がありました^ ^
本当に走り回っているような感覚になり力の入れようが凄く感じ取れました^ ^

投稿 : 2021/01/09
閲覧 : 85
サンキュー:

12

銀魂 THE FINALのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
銀魂 THE FINALのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

テナが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ