「空とぶゆうれい船(アニメ映画)」

総合得点
64.4
感想・評価
18
棚に入れた
58
ランキング
3164
★★★★☆ 3.5 (18)
物語
3.6
作画
3.8
声優
3.5
音楽
3.4
キャラ
3.3

U-NEXTとは?(31日間無料トライアル)

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 3.7
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 3.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

町山さんのトラウマ映画の一つ。陰謀論の変遷。(75点)

 町山さんが解説されていた、石ノ森章太郎原作でパヤオも参加している69年の60分ほどの劇映画。出来はそれ程ずば抜けいてとは思わないが、明らかに多くの後の作品に影響を与えている。特に「ヤマト」や「キャプテンハーロック」に対する影響は確かだろう。なにせ艦長が納谷悟朗さんで、ボロボロに見えた船が実は最新式のメカという発想はまんまだし。いかなる国家にも所属しない軍艦のアウトローなキャプテンというのもそうだ。


 他にもボアジュースで人間が溶ける描写は庵野さんに、悪と正義の逆転というテーマは永井豪さんに影響を与えているかもしれない。こういうハブになっているような作品というのは単独の作品としては評価するのは無理があるかな。


 それにしても、この話も一種の陰謀論なのだが陰謀論が花盛りな現代と比べると時代の変遷を感じる。この頃の陰謀論は石ノ森章太郎さん的な国家と企業の結託、或いは政府すら支配する企業というイメージであった。つまり権力が国民を管理し搾取しようとしているという発想だった。


 しかし、今や権力側や権力に自己投影している人々が自分たちは左側の勢力に攻撃されているという妄想を垂れ流している(本気で信じている人も、ネタ的にやっている人も、戦略的にやっている人いるが)。アニメや映画を多く見て、歴史を学んだことが多少ある人間なら権力に盲従することが如何に危険か嫌でもわかりそうなもんなのに何にも学んでないな。

投稿 : 2021/04/18
閲覧 : 65
サンキュー:

6

空とぶゆうれい船のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
空とぶゆうれい船のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

takatoが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ