「ジョゼと虎と魚たち(アニメ映画)」

総合得点
77.5
感想・評価
44
棚に入れた
210
ランキング
494
★★★★★ 4.2 (44)
物語
4.1
作画
4.4
声優
4.1
音楽
4.1
キャラ
4.2
ネタバレ

olmo さんの感想・評価

★★★★☆ 3.8
物語 : 3.0 作画 : 4.5 声優 : 3.5 音楽 : 4.5 キャラ : 3.5 状態:観終わった

予想の斜め上

ドラマ視聴済

ボンズが制作ということで観にいきました。
最初はドラマでメディア化しているので、爆死するだろうなぁ、と78%感じていました。(ドラマは最終回微妙だったため)
また声優に関しても何か大人の事情を感じるキャスティングでした。

しかし観始めると恒夫の顔と声がしっかりとあっていて、演技に関してもしっかりとした演技でした。
ストーリーは原作やドラマ版とは違い、終盤の紙芝居のシーンがうるっときました。(正直紙芝居の後は必要なシーンだったのかな…)
音楽に関してはヴァイオレット・エヴァガーデンや天晴爛漫
のBGMを作ったEvan callが今作でも輝いていました。
ただ挿入歌の入れるタイミングには少し疑問を持ちましたが、全体的に総評すれば星3.8です。

投稿 : 2021/01/18
閲覧 : 50
サンキュー:

2

ジョゼと虎と魚たちのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ジョゼと虎と魚たちのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

olmoが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ