「FUNAN フナン(アニメ映画)」

総合得点
計測不能
感想・評価
2
棚に入れた
19
ランキング
6618
★★★★★ 4.2 (2)
物語
4.5
作画
4.0
声優
4.0
音楽
4.3
キャラ
4.3
ネタバレ

根越 詠汰 さんの感想・評価

★★★★☆ 3.6
物語 : 4.0 作画 : 3.5 声優 : 3.0 音楽 : 4.0 キャラ : 3.5 状態:観終わった

コナンでなくてフナンだよ

 カンボジアを1975年ごろ、革命を謳い制圧した武装集団クメール・ルージュ、オンカーに虐げられた民間人のある家族を視点で描かれる、お話だったデス。
 言葉は、英語でなかったです。あとでパンフ見たら、フランスの作品でフランス語のようです。カンボジアなのになぁ?です。あと、人物以上に自然の背景が、良かったと思ったです。

 平和な街の生活は一転して、武装集団による村への強制移動を刊行することから始まったです。その中にいたある家族の行動が、リアルなようにあらわされていたです。
 人の移動に巻き込まれ、子供、祖母と離れ離れになってしまった夫婦。やることなすことなんでも正当化する武装集団の横暴に耐え、希望を捨てず生き抜くさまが、今の時代にないものを感じたです。

 この話の首謀者ポル・ポトは、私が学校に行っていた数十年前、報道で聞いたことがあったです。PKOという活動の時期で、カンボジアにいった日本人のボランティア、派遣された警官が、これの残党ポル・ポト派による犠牲になった記憶があったです。この話自体は、さらに数年前の始まりの話のようです。

 これは社会科の教材として、義務教育に使える内容だと思ったです。幼い子供から大人まで強制的に働かされ、わずかな食糧しか与えられず、無報酬としかいえない奴隷そのものな生活を虐げられた光景を見たです。まるで、北斗の拳のにでてくる野党のすることみたいだったです。

 そんな過酷な状況で、苦しみ疲れ果てたふつうの人たち、異常な状況の中での複雑な人とのつながりを見たです。家族が、再びいっしょに居られえることを信じて、来る日来る日も気をうかがい耐え、{netabare}終盤にやっと家族は巡り合えることになるです。{/netabare}しかし、最後私にとって、納得のいく終わり方でなかったことが、残念でならなかったです。

投稿 : 2021/01/23
閲覧 : 32
サンキュー:

4

FUNAN フナンのレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
FUNAN フナンのレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

根越 詠汰が他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ