「ガールズ&パンツァー 最終章 第3話(アニメ映画)」

総合得点
79.3
感想・評価
21
棚に入れた
160
ランキング
424
★★★★★ 4.3 (21)
物語
4.0
作画
4.5
声優
4.2
音楽
4.3
キャラ
4.5
ネタバレ

takato さんの感想・評価

★★★★☆ 3.9
物語 : 3.5 作画 : 4.0 声優 : 4.0 音楽 : 4.0 キャラ : 4.0 状態:観終わった

プロデューサーらの見込みは甘かったかな。シャア並の速さでかっ飛ぶ50分。(82点)

 今回は残念ながら興業が落ち込んでいるようである。長期化してしまった弊害が出てきたと言わざるを得ない。たぶん、プロデューサーや企画を考えた上層部としては、こんだけ人気あるんだからプログラムピクチャーとしてサクサク作れば儲かるじゃん!くらいに思っていたのではないだろうか?。ストーリーが複雑だったりしないし、一作一年、良ければそれより早く出来んべくらいな認識だったと思う。しかし、監督は水島さんであることが誤算だった…。


 まさか水島監督がこんなにこだわり、全部監督しようとするなんて…。というような企画自体に対する文句はこのくらいにして作品自体のレビューとなります。


 なんだかんだいってずっとガルパンを追いかけてきた人間なら上がるにきまってるopを経て本編へ。大洗vsチハ短のバトルは最終章に入ってから一番面白かった。ジャングルという地形利用の面、駆け引きの妙、なにより敵の顔がちゃんと見える試合はやはり良い(まぁ、これでも全然描き込みが足りてないと思うが)。


 主観カメラの利用も、CGの出来栄えも明らかに進歩していて本作の白眉は間違いなくここだろう。だけに、幕切れが少々あっけない…。その後には他の試合がどんどん描かれるが、その早いこと早いこと。あっとういうまに話が進んでいきマンモス。


 しかし、正直あんまり面白くない平場パートなしにドンドン進むのは好感がもてるし、卒業生たちの喪失を過剰に描かないでサラッと触れるのは悪くない。それにしてもせっかくの最終章なのにライバル新チームとか出ないんじゃ勿体ないな。


 最期はおそらくシモ・ヘイヘオマージュなスナイパーさん締めで終わりました。シモ・ヘイヘってことは名前は下山平子さんとかかな?。

投稿 : 2021/05/11
閲覧 : 126
サンキュー:

12

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話のレビュー・感想/評価は、ユーザーの主観的なご意見・ご感想です。 あくまでも一つの参考としてご活用ください。 詳しくはこちら
ガールズ&パンツァー 最終章 第3話のレビュー・感想/評価に関する疑問点、ご質問などがございましたら こちらのフォーム よりお問い合わせください。

takatoが他の作品に書いているレビューも読んでみよう

ページの先頭へ